.facebook

ARC FC3S インタークーラー再販準備中 1

ARC FC3S インタークーラー再販準備中 1

生産を終了したARCのFC3Sインタークーラーを再販します。  さて元々FC3Sのインタークーラーはどういったものだったのでしょうか。  ARCは昭和62年から63年頃にFC3Sの前期モデルから販売を開始したと記憶しています(30年以上前の記憶だけだから平成に入ってたかもしれない)...

続きを読む
MAZDA6 サイドステップ 発売開始

MAZDA6 サイドステップ 発売開始

MAZDA6やGJアテンザの手ごろな価格のサイドステップがありませんでした、そこで通販サイトにおいて定価39000円で左右セット販売開始となりました。  在庫は4つありますのでお早めに。ボルトオンでボディー下の樹脂サイドカバーに取り付けるので金属のボディーに対して加工はありません。2012年式のGJアテンザにも適応します。 ジャッキアップができるなら腕前のよいプライベーターなら取り付け可能かもしれません。...

続きを読む
まずはFD3S ARC製アルミラジエターSPL 

まずはFD3S ARC製アルミラジエターSPL 

ARCから試作モデル第二号が上がってきました  水温センサー用の1/8PT打ち込みができます。使用する方はイモネジを外して取り付けしてください。ラジエター取り付け後でも『後付け水温メーターのセンサーを取り付けする』ことができます ハイパワーに備え20年ほど前から、他社ではトリプルターンを起用しています(ARCでも一部トリプルターンです)。...

続きを読む
今日は休みましたが明日から、

今日は休みましたが明日から、

またまた出荷準備にはいりますので、通販を心待ちにされている方、もうしばらくお待ちください。 吸気温度センサーやあたらしい商品の中には、内製で行う作業工程があります 店長は、電子部品やソフトウェア開発が基本です、一番盛り上がるのがFDやFCにOBDでのめーたー表示でしょう 店長が行おうとするソフトウェア開発はとても繊細でなくてはいけません。 しかし、中には、時間や手間が足りなくて高齢整備士狩り出されることもあります。例で言うならDTSの販売数1000個以上の半田はすべてこの高齢整備士が行っています。...

続きを読む
新型吸気温度センサー ES品

新型吸気温度センサー ES品

エンジニアサンプル第一弾が上がってきました。センサー部は信頼性が高い自動車部品用、国産です。 もちろん、このセンサーは今どきのエコカーにも使われる最速、最新型 です。 そして忘れてはならないのが吸気菅内部を通過する空気の温度を測るセンサーのケースです。温度を拾うピックアップ部の長さ(吸気菅内部においての測定位置が変わる)や形状がが大事です。 この奥にセンサーがあります...

続きを読む
ARCの販売情報 公開

ARCの販売情報 公開

ARC製の復刻インタークーラー購入方法はこちら  注文して入金の必要がありますが、発送は11月30日ごろ 税別148000円 外気を効率よく導くインダクションプレートにはステンレス製、ARCのロゴが付きます 勿論ボルトオン。 吸気温度を測定する為のセンサー穴2ヶ所(純正センサー用と8/1PT) インレット側は昔でいうタイプ2型 ARCだけの機能としてこのテーパー加工は入ってきた圧縮空気はここで圧損を下げつつインナーフィンに導かれます...

続きを読む
認証工場になっています。

認証工場になっています。

自動車の「分解整備」(※)を行おうとする場合は、地方運輸局長の「認証」を受けなければなりません(道路運送車両法第78条第1項)。この「認証」を受けた工場を「認証工場」と言います。 (※)「分解整備」とは、原動機、動力伝達装置、走行装置、操縦装置、制動装置、連結装置を取り外して行う自動車の整備又は改造をいいます(道路運送車両法第49条第2項、同施行規則第3条)。...

続きを読む
ARCインタークーラー再販 10/16予約開始

ARCインタークーラー再販 10/16予約開始

インタークーラーと言えばARCだが既に廃盤だ中古の値段も相当に人気がある。 それほどこのインタークーラーの効果は大きいのだ。このたびRECHARGE株式会社では20台ほどの予定でARCと共同で再生産へとこぎつけた 定価148000円(税別) ガレージスターフィールドでも10台直接販売されます RECHARGE株式会社からでは、通販サイトで購入できます しかし以前の通常モデルではいくつかの改善ポイントもあった ARCインタークーラーの取り付け改善ポイントあ...

続きを読む
ロータリー圧縮計入荷 

ロータリー圧縮計入荷 

ようやくUSA圧縮計が入荷しました マツダ純正圧縮計と比べてもなんら劣る事のない性能をもち、コンパクトな製品です。 数値比較テストを行う上で基準値を定める為にマツダ純正の圧縮計を新品で2台購入し高い方を基準としました。USAモデルの中で任意で選んだ2台のうち低い方、そして当店でも使ってる国産テスターの三種類を同一エンジンの測定部によりそれぞれ 電気負荷無し 電気負荷あり 温間時 それぞれを表にしました  マツダとUSAモデルは測定時の回転数が高い時、値は低く出ます。 傾向1...

続きを読む
新製品 デジタルチェッカー準備

新製品 デジタルチェッカー準備

今週末ぐらいからデジタルチェッカーが登場する予定でFC3S FC3C FD3S オープニングシルエットと表示項目が違うのでそれぞれが専用品です。 同時にまだまだ新製品はロードマップの中にありますが、、無い袖は振れません、軍資金を稼いで順次案内します。 販売中止になった、エアクリのステーも安く再販予定です...

続きを読む
新製品は新製品の為に。

新製品は新製品の為に。

新製品として出す商品の中には、FC3SのACV再生産のような赤字になるJobもあります。赤字だと採算が取れないから作らないのが当たり前です。しかしFC3SのACVは、FD3Sの5型モデル以降に搭載されてる 故障コード56番(失火信号)こそ発報しないものの、排気ガス装置による洗浄が行われず、燃費や圧縮の低下、しいては寿命に大きく落とします。 排気ガス装置はエンジン内部をクリーンに保つ このシステムがあってこそ16万㎞の距離、エンジン内部をクリーンに保ちます...

続きを読む
ARCインタークーラー再販 10/16予約開始

ARC FD3Sインタークーラー再販

今取り組んでいることの中にはFD3Sのパーツの再販がある。 インタークーラーと言えばARCだが既に廃盤だ中古の値段も相当に人気がある、それほどこのインタークーラーの効果は大きいのだ。このたびRECHARGE株式会社では20台ほどの予定でARCと共同で再生産へとむけ努力している しかし以前のモデルではいくつかの改善ポイントもあった ARCインタークーラーの取り付け改善ポイントあ 隙間が大きかったのだ ここでこのまま作ってもダメだ。そこで、、更に冷えが良くなる新型のARCコアを使い、CADで一次案を作成...

続きを読む

アーカイブ

最近のコメント

カテゴリー