.facebook

シャーシダイナモ 新しい表示

シャーシダイナモ 新しい表示

エンジンアナライザーのソフトを自社開発するうえで大切な存在は陰で支えるプログラマーの存在です。どの会社にも表に出る人もいれば裏方に回る人もいるのです。、今回更に寝る時間を削って井上さんが新しい表示になるよう精度も含め、VerUPしてくれました。 前までの表記方法はいささか古い表記方法で軸出力側と、軸損失側がそれぞれプラス側、マイナス側に出ていました しかしこれだと、回転が上がるにつれて体感加速は上がってるはずなのに、グラフ上では出力が徐々に低下しているように見えてしまいます、...

続きを読む
軸損失のトルク加算

軸損失のトルク加算

車両の走行抵抗にはいくつかありますが、絶対に外せないのが軸損失です。  シャシダイナモに、車両を載せてエンジンの出力を測るなら見逃せない補正の一つです。昨日はその軸損失の話をしましょう たとえるなら、CX-5の4WDとFF車両では同じ出力ですが、走り比べると4WDのほうが遅く感じます。...

続きを読む
シャーシダイナモが、回った!

シャーシダイナモが、回った!

内装の吸音材の貼り付けがほぼ終わり、電飾と吸気装置、排気装置の説独と、アンカーも仕込んで土間のレベラーを残すところとなりました。 そこでですね、さて、シャーシに繋いで回してみよー!  となった訳ですが。。。 実はこのシャーシ相当古い。 思い起こせば2か月前、シャシダイがほしいから買おうと思い立った中村。こともあろうかイヤサカを会社に呼びつけて見積もりを取ったところ、、、 3000万 家が買えます、設置費や社屋を建てると5000万ですから、ランボルギーニが買えます。...

続きを読む
、自社製

、自社製

自社製だから、パワーなんていくらでも盛れるんだから、ちょいと多めに出してみた なんだ、これだけかーーw いやいや、、、盛りすぎてありえないトルクになってしもうた。==; ロガーだって自社製 机の上で注射器でブーストをかけている、、わけだが・・・サンプリングも自由自在。  ロジックが分かって方針が決まってるからあとは応用で無限に広がってしまう。   そもそも馬力を測るために導入したのではない。走行のログや新製品のログをとって更に良い商品の開発や、よりよい安全な実験走行環境を目指すべく導入したのだから。...

続きを読む
6型が高額されど、中古車として。

6型が高額されど、中古車として。

中村様 RECHARGEスタッフ一同様   田@@黄色セブンです。   このセブンを買って約2年半の間、本調子でないまんま乗っていましたが、そんなセブンに辛抱しきれずにRECHARGEさんに初めて訪問したのが去年の9月でしたね。 その日からRECHARGEさんに訪問する度に調子が良くなっていく愛車セブンに驚いていました。 そして昨日、燃料ポンプ+燃料フィルターの交換で、去年9月に指摘頂いた項目が完了となりました。 HI Speed...

続きを読む
超高速吸気温度センサー 販売開始

超高速吸気温度センサー 販売開始

超高速吸気温度センサー販売開始 吸気温度センサーは、反応速度が早ければ早い方がいいのです。 しかしアナログモデルでは反応速度が遅く純正の吸気温度センサーに至っては20sec という実験値を出すほど遅く、せっかくのDTSでデジタル化しレスポンスを上げてもここがボトルネックになります。 テストはこちらに記載しています  FC3S FD3S用の販売がブログ上部にある通販サイトでの販売を開始しています。在庫がなくならないうちに、国産最速のセンサーをゲットしてください 開発までの道のり・・・・...

続きを読む
carbon air intake FD3S

carbon air intake FD3S

カーボンエアインテークは、職人による手造りです。  万全の検品を行ってはいますが中にはカーボン目に、一部イレギュラーが混入することもありますが、なにとどご理解ください。 ただ、エンジンルーム内に置いてのデコレーションという意味ではかなり出来の良い状態に磨き上げていますのでご安心ください。見えない裏側でもこのぐらいにはクリヤ層を塗り込んでおります。  2月末までに当初のお約束通り30名までの分が出荷されます。 FC3Sも、もちろん作る予定です。 おっとその前に、FC&FDの超高速吸気温度センサーの販売が今週末に始まります。...

続きを読む
3月に延期だけれど、

3月に延期だけれど、

もう、おおいそぎでやっています。 シャーシ本体にはカバーがかかっています。 電気配線がもう、すごいことに。。 防音は3重です。 シャシダイのセンシング以外にも、換気や空調も店長の仕事ですw 出入り口も二重ドアです。...

続きを読む
神回なるか?

神回なるか?

なんといっても、これは感無量。 久しぶりのシャーシダイナモが遂に。  整備士としては神回確定 現場の作業も進行させつつ サイドカバーを作るためには、地面が低く3cmの土間を上げる必要があるから、再来週ぐらいかなぁ。 完全防音、室温調整室の...

続きを読む
デジタルダイアグチェッカー再販 とおわび。

デジタルダイアグチェッカー再販 とおわび。

去年の11月に販売したデジタルダイアグチェッカーの再販を開始しました。新しいファームで確実にチェックできるよう改善版の販売です。去年購入者に連絡した改善版へのファームアップは無料で行ってなっております。  内訳、 中国の基盤に仕様からずれたマイコンがありました...

続きを読む
FC3Sの触媒

FC3Sの触媒

FC3Sのメタル触媒には選択肢がありません。 内径が57パイしかないのです。(部分的には56㎜の場所もある) みた目にも、フロントパイプを変えると、広がった排気ガスが触媒で絞られてしまいます。...

続きを読む
FD3S 新品タービン到着

FD3S 新品タービン到着

マツダで販売してるターボチャージャーの値段上昇に伴い60万円を超える価格になった純正タービンの購入が決めきれない方もいると思います。 OHをするとは言え、20年、もしくはそれを超えているのでカートリッジに熱変形がありベアリングを交換したり、クラックを溶接してひずみを取ってOHしても、オイル漏れが止まらなかったりと今後も入手するのが金額的に厳しい商品の一つです。...

続きを読む
最先端の設備を、、

最先端の設備を、、

季節を問わない空調を備え完全防音で、最先端技術を投入するシャーシ室ですから天井裏にはいくつもの配線が通ります。digitalケーブルや映像ケーブルや光信号線を這わせてゆくとそのトータルの長さは600mにもなるんですよ これが出来たらいろんなことができるね。 フロントパイプを入れた時のメリットやデメリット、ポンと変えただけでどうなるか?エアクリ―ナーの中務だけの交換、、ってどのぐらいの変化があるのかとか。  いやいや、そんなこと今更、誰もやれないよね?  だからこそやってみたい。...

続きを読む
ARC FC3S RECHARGEラジエター設計

ARC FC3S RECHARGEラジエター設計

CGで上がってきたラジエターの試作に入ります。純正と同じ寸法で取り付けは全く問題もなく、エアダクトやファンシュラウドがしっかりつけることもできますが、中身は別物。信頼のARCの国産アルミチューブ FD3Sのラジエターのようにコア全体を冷やすために水流を横に割り振る水流プレートでコア全面を使い冷やす設計です。 試作品が出来上がってきたら応募を開始します。 追記...

続きを読む
FD3S FC3S  純正フロントパイプ対応メタル触媒

FD3S FC3S 純正フロントパイプ対応メタル触媒

前期FD3Sが完成しています、FD後期をすぐに取り掛かります。ヒートセンサーの位置が少し後ろによりますが、ゴムキャップをずらせばOK.。耐久性と静粛性に定評のあるGPスポーツ製です。 前期の納期は来月中旬10本を目安にしています。3月に20本の予定です。 純正フロントパイプとの段差に対応した国内初のメタル触媒です。 また、ここでFC3Sユーザーにまた新しいニュース...

続きを読む

アーカイブ

カテゴリー