エアポンプ停止のデメリット

パーツフェニックス会議 PP会議

パーツフェニックス会議 PP会議

西日本での天候による被害に会われた方に謹んでお見舞い申し上げたく思います。今朝になり天候災害規模が近年では最大規模であるという事実をテレビで知りました。 その中においても、昨日広島のマツダ本社にてパーツフェニックス会議を行うことができましたが、会議自体は予定の2時間を大きく超えて、4時間にも及ぶ延長会議となりました。  議題の最大焦点はACVです。(ポートエアスピリットエア)  ACVは、REの寿命や車検に最も必要なもの、そして燃費や維持費にも関係する最も重要な補器類です  現在、FC&FDの継続した清算維持に向けて調整中です。...

燃費が悪く、加速がのろい・・・エアポンプレスの結果

燃費が悪く、加速がのろい・・・エアポンプレスの結果

ダイアグこそ出ないものの、ブーストがかからない かかるけれど、ゼロブースト付近がどうも怪しいFDが入庫した 走ってみると、どうも燃えてない、薄い症状。 で、詳しく聞くと現在はエアクリーナー等純正エンジンルームだが、過去はエアポンプを取っていた車両だと分かった  そこで、分解して、、  ホースを覗くと・・・ これだけカーボンがここから出てると  もはやACVとレモンバルブの焼損を疑うのみになった。   こういった症状だとREにかなり精通していないと判断はできないだろう。...

RX-7の部品提供に、大きな前進

RX-7の部品提供に、大きな前進

RX-7の寿命はアペックスシールの摩耗限界で決まるのではなく、製造後13年経ちパーツ供給の終了で寿命が決まるという現状をまず掌握し、メーカーに伝え再生産の必要性を訴える会議 りんくう7DAYにおいて重要な役割があり多くの声を集めた結果、生産を終了したFD3Sのパーツ供給に小早川さん貴島さんが協力していただける事になりました、実際にはFDだけに限らず古いRX-シリーズに大きな前進となります。...

More Post

お便りインプレ

6/23 YouTube開始まで

日(s)

:

時間(s)

:

分)

:

(S)

カテゴリー

EcoCPU

シャーシダイナモ

予約カレンダー

FD3S FC3S

あなたにぴったりの‘カラーは?(IphoneのCM風に読んで)

Rx-7 史上最高にポップなシートを用意しましたあなたにぴったりのシートカラーを選んでください。 圧倒的にエキサイティングなシート。先進的なデュアルクッションシステム。どんなシートよりも頑丈なAlcantara どこでも手に入るカラーではありません、最新の静粛性能を、あなただけの手に。 色あざやかで美しいく、そのすべてを詰め込んだ完全に新しいスマイルを提供します4つの魅力的なカラーでどうぞ。...

新品シートが現れた(スライム風に読んで)

もはや手に入らなくなったFD3Sのシート どっちが新品か?わかりますか? なんとこれ、マツダの最新シート生地を張った試作品なのです。  使ってるアルカンターラを始めこれらの生地は当然メーカーでの耐火摩耗試験済み。 この生地だけでも欲しい!という方がいるかもしれませんね。...

ヒーターコアから冷却水が漏れた

FD3Sのあるある修理の一つです。前期よりも後期のほうが多い症状の一つです。 これが漏れちゃうと、ダッシュボードを下すしか方法がありません もちろん、ユーザーの目の前で降ろしてしまいます。...

GCG sports turbo

効率の高いターボは燃費も上がるって知っていますか?回転数が低いときは単なる空気抵抗と排気抵抗にしかならないのが昭和設計のturboです。 左が純正、右がRECHARGE/GCGスポーツタービンです。下取り加工なのでオリフィスが入ってない状態ですので組み替えてください。 取り付けは純正と全く同じ方法で無加工で取り付けできて車検も安心。(ただしEcoCpuによる書き換えが必要です)...

250psだよ、夏場は。

GCGスポーツタービンのセッティング 暑い時期だけにエンジンは守らなきゃならない。...