torque

digital シャーシダイナモ フルコンの話

digital シャーシダイナモ フルコンの話

新しいデジタル制御になりましたので配線を埋設して、、 アナログからdigitalのセンサーに変えて、一番の違いはアナログに比べてトルク変化が確実に数値化されることです。 デジタル制御の次はR軸にリターダーをつけることが次のJobだ。 ついでに、店長が床を塗っています ディスプレイが三枚あるとね、車体の長いFFでは こっちで見ることができる...

続きを読む
スカイアクティブディーゼルの報道

スカイアクティブディーゼルの報道

https://www.youtube.com/watch?v=Q7rkBgq1OBc&ab_channel=FuruchingNorioDESIGN%40GFuruchingNorioDESIGN%40G もはや昔の話になるかもしれない、しかしだ。。。  ディーゼルは無駄になって輸出していた軽油を使うという功績もあるんだ。  以下のテスト環境においても今行ってるシャシダイナモのフルデジタル化は大きな要点になる。  正確になればなるほど車両のソフトウェアでカーボンの抑制を車検レベルに抑えつつ低減できるからだ。...

続きを読む
シャーシダイナモ 新しい表示

シャーシダイナモ 新しい表示

エンジンアナライザーのソフトを自社開発するうえで大切な存在は陰で支えるプログラマーの存在です。どの会社にも表に出る人もいれば裏方に回る人もいるのです。、今回更に寝る時間を削って井上さんが新しい表示になるよう精度も含め、VerUPしてくれました。 前までの表記方法はいささか古い表記方法で軸出力側と、軸損失側がそれぞれプラス側、マイナス側に出ていました しかしこれだと、回転が上がるにつれて体感加速は上がってるはずなのに、グラフ上では出力が徐々に低下しているように見えてしまいます、...

続きを読む
EGR制限によるトルクの変化

EGR制限によるトルクの変化

アクセルの開度30%において、EGR制限プレートが、有る無しのデーターに続いて、次は40%時の変化を公開する 3割のアクセル開度テストは、巡行レベルだった為に差が出にくかったがアクセル4割(暖加速)にもなると、ある程度ブーストがかかってくるのでグラフで見た方が早い(4速1300回転でシフトアップとロックアップするのでそれ以下は未検証である)  注目点は1300-1800rpmのトロトロ走る領域(EGR多大領域)だ 左はノーマル状態 真ん中はEGR制限プレートだけを装着した状態で、よく燃えている...

続きを読む

アーカイブ

最近のコメント

カテゴリー