:Diesel engine

初期型アテンザ2.2D (CX-5 )

初期型アテンザ2.2D (CX-5 )

EGR制限プレートを物理的な方法でビルトインせず、ソフトウェアで煤問題を改善するサービスを開始しました 初期型2012ー2014年式の初期型dスカイアクティブDが対象で、来店の方のみの対応となります。時間が2時間ほどかかりますので予約が必要です。 リンク先の紹介文のように発生する煤をコントロールするという試みです。こちらでは結果が出ていますが、すべての車両を必ず改善できると断言できるものではありません(費用はお試し価格というスタンスに同意できる方のみへのサービス)ですのでご理解ください。...

続きを読む
MAZDA6 サイドステップ 発売開始

MAZDA6 サイドステップ 発売開始

MAZDA6やGJアテンザの手ごろな価格のサイドステップがありませんでした、そこで通販サイトにおいて定価39000円で左右セット販売開始となりました。  在庫は4つありますのでお早めに。ボルトオンでボディー下の樹脂サイドカバーに取り付けるので金属のボディーに対して加工はありません。2012年式のGJアテンザにも適応します。 ジャッキアップができるなら腕前のよいプライベーターなら取り付け可能かもしれません。...

続きを読む
MAZDA6 純正アースケーブルの測定

MAZDA6 純正アースケーブルの測定

純正の3000㎞時のアースケーブルの電流値を測ってみた結果を公表しよう FC3Sやアテンザ等の記載があるが、今回はMAZDA6だ。 この表を見ても分かりにくいだから図解しよう。 エンジンルーム上から見た時のノーマルの場合のアースポイントは2か所(サイクロンアースが写真に写ってるけど無視してね) 電気負荷を掛けたり切ったりと条件を変えて測定した いろいろ振れが大きい時もあるので安定した結果として出すのはむずかしいが、、 アイドリング無負荷の合成電流は8.6+8.2=16.8A流れてるという実験結果が出た...

続きを読む
初期型2.2Lディーゼル(アテンザ CX-5)

初期型2.2Lディーゼル(アテンザ CX-5)

10万㎞を走って保証の切れたディーゼル(まあたしかに、相当走りこんでるであろう)初期型ディーゼルの不調をソフト側からのアプローチを決めました  今までEGR制限プレートで対策していた初期型ディーゼル2.2Lの皆さんへ朗報です、ハード側だけではなくソフトからの抜本的アプローチです。  現在、2012 年式のアテンザディーゼルは...

続きを読む
MAZDA6 サイドステップ

MAZDA6 サイドステップ

国内では後期タイプのサイドステップが見当たりませんでしたので、海外製のサイドステップを取り付けしてみました。ちょっとしたコツで取り付け出来そうです。 Fグリルのクロームプレートも付けました Fリップは相当難しいので通販向きではありません。...

続きを読む
スカイアクティブディーゼルの顛末

スカイアクティブディーゼルの顛末

アテンザのディーゼルエンジン不調の時も これを交換してみませんか? ダメですねえ じゃあ次はインジェクターを交換してみませんか?   支払いは、顧客である私ですけど治らないならまた別の部品をお金出して変えてみますかね。でも、もう数万円使っても全く治らないなら次買うのはマツダディーゼルじゃないですね...

続きを読む
スカイアクティブのガソリン ディーゼル

スカイアクティブのガソリン ディーゼル

ソフトウェアの解析で求めるところは馬力じゃない、一番の願いは寿命、二番めは使いやすさ。そう思っています これ以上の馬力や燃費はそう多くは望まない、一番の願いは新車の時から6万㎞も走ると不調やトルクダウン、燃費ダウンが起こる。 そこを何とかしたい。 新車保証が切れた走行距離の多いスカイアクティブディーゼルをヨミガエラせたい。 もちろん、それを行うにはハード面、ソフト面の両面から検証する必要がある。...

続きを読む
スカイアクティブの煤とEGRの関係

スカイアクティブの煤とEGRの関係

そろそろソフトとハード、そしてEGR制限プレートによる実績が溜まってきた これは2.5ーT ガソリンであるともディーゼルでろうとも裏付けをきっちり取り、実績を残し結果を出してゆかねばならない。 EGR制限プレートの販売は、ハード側のみの対応だったがこれをプログラムという側面からも立証し、更に古くなったスカイアクティブディーゼルへの延命、改善効果をさらに昇華させてゆくことになる。...

続きを読む
認証工場へ

認証工場へ

来週の査察準備です。EcoCpuによるロータリーエンジンの延命やスカイアクティブディーゼルエンジンの不調改善へ、更なる投資です。 8平米の作業台が必要です...

続きを読む
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

という声が聞こえそうです、EGR制御をハードではなく、今度はソフト側で抑え込むことに成功しそうです というか、成功してる とはいえ、これでますますスカイアクティブディーゼルのトラブル防止に役立つキーに相当近づいてきたという訳です。 でも、まだ完成ではない。 最近かかりっきりです 自分のFC3Snoオーバーホールをそっちのけで、今、目の前にある煤やカーボンとの改善に夢中な店長です。 今すべき事と欲望が重なる時こそ、自らの能力を超える https://recharge.jp/blog/diesel-engine/soft-egr/...

続きを読む
MAZDA6 2.5-T ATENZA2.2D RX-7(FD)の違い

MAZDA6 2.5-T ATENZA2.2D RX-7(FD)の違い

RX-7は最もアクセルに追従することは車両重量から推察してのとおり。もちろん、その次にいいのはガソリン2.5ターボであることは言うまでもない。しかし、これは本当の事だろうか? 比較対象のスカイアクティブDを搭載するアテンザ、もしくは後期型CX-5については決して劣るというものではないのも事実だ。...

続きを読む
マツダディーゼルのカーボンをやっつけろ EGR制限 ソフトウェア編

マツダディーゼルのカーボンをやっつけろ EGR制限 ソフトウェア編

スカイアクティブディーゼルのカーボン発生の抑制制御に乗り出した。 リコールは新車時に申請された基準を守った上で行われる以上、何度行っても改善されないことが分かった 今度はソフトウェアで改善する手法を探り始めた  HOT Cool Total   もちろん、EGR制限プレートというハード側で改善された事も分かっている 手軽にERGに制限をかけてカーボンの発生量を引き下げる事に成功したが...

続きを読む
アテンザディーゼルOBDⅡの、幕開け EGRのMAP 

アテンザディーゼルOBDⅡの、幕開け EGRのMAP 

いよいよ通信開始。マツダのディーゼルを長く乗るため、カーボンの発生や息継ぎの発生を抑えるべく取り組むことが目的です。 これでマツダの全車両の書き換えが行えるようになります。  さ、ERGの制御まで届くのか?  DPFの強制燃焼の回数を抑えられるのか? オートクルーズの制限解除やトランスミッションのシフトポイント等、、やりたいことは盛りだくさんです。  RX-7や767Bと同じくBinで探し出すので  定義ファイルがなくても探し出します。...

続きを読む

アーカイブ

最近のコメント

カテゴリー