EcoCpu

残り100台で販売終了です。

残り100台で販売終了です。

最後のロットです。 FD3Sも含め基板の原価やダイアグ専用ソケットの在庫数(これはAmazonに出回ってるものではありません必要な信号線が入っていない為、RECHARGE特製でこれにて絶版なのです)。  よって、これにて絶版終了となります。 今回の販売ロット終了後はカタログ落ちとなりますので後で作ってーと言っても作れませんよー。 ダイアグノーシスの測定方法はアナログテスターを使えば出来ますので、無くても大丈夫と言えば大丈夫ですが  RX-7乗りならこのレアアイテムを持っていてほしいものの一つです。...

続きを読む
DTS レビュー

DTS レビュー

昨日お伺いさせていただきました愛媛の@@です。 昨日はお忙しい中ありがとうございました☆DTS取り付け後、帰りの道中での愛車の激変ぶりに驚きました! 中村社長のおっしゃられた通り、今まで通りのアクセル開閉だと グングン車速が伸び、大げさではなく別の車に乗っているような 感覚になりました! なんと言うか、発進時のクラッチミート&アクセルワークが楽になったり 低速のトルク感が増したような感じで、明らかに今までの踏みしろより少なく...

続きを読む
このタービンは最強です

このタービンは最強です

負圧域からのトルクがすごい。純正タービンより2割増しの低域トルクでありながら、高い回転でも純正タービンを2割増しでグイグイFCを押し出す。 2500回転を超えればいつでも加速状態に入る。シーケンシャルツインターボの機構を持ったFD3Sのような低域トルクだ。右の写真へとサイズアップしたタービンのサイズから見た目の想像を覆す低域のレスポンスがすごい。純正ターボ特性だとこうはいかない、3000回転をこえてこそ勢いがついてくる。500回転の差だと侮るなかれ高速道路での70Kmー100Km...

続きを読む
ARC FC3S インタークーラー再販準備中 1

ARC FC3S インタークーラー再販準備中 1

生産を終了したARCのFC3Sインタークーラーを再販します。  さて元々FC3Sのインタークーラーはどういったものだったのでしょうか。  ARCは昭和62年から63年頃にFC3Sの前期モデルから販売を開始したと記憶しています(30年以上前の記憶だけだから平成に入ってたかもしれない)...

続きを読む
沖縄FD3S 完成まであと少し RACINGBEAT

沖縄FD3S 完成まであと少し RACINGBEAT

太平洋を渡って、リファインのフルコース。  昨日からインジェクター、レギュレター、ホース、メタポン交換 オイル通路ハウジング洗浄、ACVやらソレノイド等の交換をおこなってきましたが あとは、マフラー交換してセッティングというところまでたどり着きました。  継続車検でも適合する報告を受けているRACINGBEATのヂュアルです。(JASMA申請はしていないモデル) JASMAの申請書類はありませんが、持ち込めば通ると多数報告を受けていますので、国内でいう車検対応品ではありません。...

続きを読む
今日は沖縄から

今日は沖縄から

フルコースで作業です。沖縄から大阪まで船でやってきて、明日納車して明後日変える予定です インジェクターを外したら、メータリングオイルポンプの金のオリフィスの詰まりを点検する為にオイルを注入してみます ・・・・らぶ、注入です・・・ 詰まりがあるとオイルの下がりが悪くなります。 時間が経っても油面が下がりません、特に前側が遅いようでした となると、、、オイルチェックバルブも詰まってるはず 躊躇なく、、、、いきまーーーす 決して、おいしいわけではありません。 もちろん、やっぱり前側のチェックバルブが不良になっていました...

続きを読む
オイルジェットが詰まるとアイドルから不調

オイルジェットが詰まるとアイドルから不調

先日はFDのリフレッシュ作業ありがとうございました! 日曜日に茨城に無事戻りました。東名の渋滞で12時間かかりましたが、修理後の乗りやすさと乗っていることの楽しさで、まったく苦になりませんでした。(笑) アイドリングが安定していて振動が減ったので、クラッチも繋ぎやすく、微妙なアクセル開度でもスムースに進んでくれるようになったので、渋滞も非常に楽でした。回転数を上げていっても振動が少なく、スムースに回っていくのには感動しました!高速道路で加速感を味わいたかったですが、1000kmの慣らし終了までは我慢します。...

続きを読む
明日10/25日、ARC I/C 受付再開 12/18納期分

明日10/25日、ARC I/C 受付再開 12/18納期分

明日25日お昼12時ごろに『FD3S専用ARCインタークーラー』応募受付いたします。台数は20台と余裕があります。 前回予約いただいたインタークーラーの再販で納期は12月18日ぐらいまでまで待てるという方だけ買ってください もちろん、このインタークーラーはRECHARGEスペシャルで、吸気温度測定用のセンサー穴(1/8PT FD純正用)それぞれ1つずつあります 販売はこちらのサイトで納期は12月18日予定 です。 ARC インタークーラーの詳細はこちらを参考に...

続きを読む
FC3S ハイフロー 128000円(T3系)

FC3S ハイフロー 128000円(T3系)

純正下取りではあるけれど、軽く乗って帰ってもらった。リーズナブルなタービンだ しかしふぉこにたどり着く為に33年の劣化部品の交換は避けられない事も事実。 若狭店長 いつもお世話になります。中国道の加古川北-池田豊中を走行しました。タービン慣らしのため3000回転以下...

続きを読む
とにかく、サイクロンアースは買うべし!

とにかく、サイクロンアースは買うべし!

サイクロンアースじゃないとまずいんじゃないか? というほど、リンク先の測定DATAが物語っていますね  サイクロンサイクロンの、サージアースって30Aも流れてるのを知っていましたか? エンジンの回転の低いアイドリングでですから、これが4000回転とか雨が降ってエアコン入れて更にワイパーが動き始めたら、、そりゃ夜間の60A~70Aぐらいまでは軽く増えるでしょう このケーブルだから70Aは許せるけれど、33年前の純正のケーブルじゃまずいでしょ?ライトが暗くなってくるのも理解できるよね。...

続きを読む
サイクロンアース 

サイクロンアース 

10万㎞を超えて走っていると、アースケーブルは必ず劣化します 左の劣化がひどいです そこで、今までとは違うスタンスで実際の電流がどう変化するか実測してみました サイクロンアースは今まで3か所を重点に取りまわしていましたが、それだけでは足りないかもしれません。 そこで、どこがどれだけ足りていないのかを確実に根拠を集める為に各場所、それぞれのアースポイントと、電流値、電気負荷を測り表を作りました。 FD3Sに限らず、FC3S,アテンザ、CX-5 MAZDA6に至るまでRECHARGEで測定できるすべての車両です...

続きを読む
新型吸気温度センサー ES品

新型吸気温度センサー ES品

エンジニアサンプル第一弾が上がってきました。センサー部は信頼性が高い自動車部品用、国産です。 もちろん、このセンサーは今どきのエコカーにも使われる最速、最新型 です。 そして忘れてはならないのが吸気菅内部を通過する空気の温度を測るセンサーのケースです。温度を拾うピックアップ部の長さ(吸気菅内部においての測定位置が変わる)や形状がが大事です。 この奥にセンサーがあります...

続きを読む
FC3S スポーツタービン交換

FC3S スポーツタービン交換

あえてスポーツタービンと呼ぼう、このタービンはハイフロータービンという、『下がスカスカで乗りにくくなる』くくりにはしたくないからだ 朝から作業開始すれば夕方には乗って帰れる。今回はほかの作業もあり持ち越しにはなったが。 下取りで先送りして作るので、朝から作業を見守ることも出来る。 費用も安くて速い。最大でインジェクター容量を使い切る 280-320Psを狙えるタービンになってるはずだ。...

続きを読む

アーカイブ

最近のコメント

カテゴリー