EcoCpu

超高速吸気温度センサー インプレ

超高速吸気温度センサー インプレ

お世話になっております。 鹿児島ナンバーセブンです。 購入しておりましたFD用高精度吸気温センサーをようやく取り付ける事が出来ました。 取り付けに関しては、中村さん達の作業を間近で拝見させて頂いたおかげでかなりスムーズに作業出来ました。 ついでにエアフィルターの状態確認まで欲が出て確認する事に、こちらも作業手順を拝見せていたので、かなり早く取り外し確認出来ました。 作業を間近で拝見することが出来るってほんとありがたいです。そこで高精度吸気温センサー取り付け後の感想です!...

続きを読む
フロントパイプ、フルサイズ オーバーシュート

フロントパイプ、フルサイズ オーバーシュート

と、なるとだな。やっぱり独立してるよな。  チャージリリーフだ。  こうなると、目星がついてくる  P-fcでは、っシーケンシャルツインターボの切り替えタイミングが3500回転とかが安定して指示できない、したとしてもツインターボの立ち上がりが遅くなる。 純正のシーケンシャル切り替えが十分把握されていなかった時代に作ったから、不安定。切り替え時に一気に加速してしまう。  もちろん、EcoCpuでは自由にできるんだが、一瞬のオーバーシュートの出た。  3750回転指定で、一瞬出た...

続きを読む
ツインターボ、オーバーシュートの要因

ツインターボ、オーバーシュートの要因

プライマリーの3500以下を下げすぎたからだ  5.~6000までしかひいてないけどこうしてみると。。 チェックグラフが使いやすいようになった! 切り替えを4000回転以下で行ってもフルサイズのマフラーのオーバーシュートが大きい、この原因はセカンダリタービンの予回転が上がりすぎていたからだ。  答えはこれだ...

続きを読む
来月納期のCarbonAirIntake予約開始

来月納期のCarbonAirIntake予約開始

お正月に予約殺到で打ち切られたFD3S用カーボンエアーインテークですが、今日のお昼までに通販チャンネルで販売を再開されるようです。納期は来月の4月末20個。5月末に10個。早い方から納品されます。この値段で出すのは最後のチャンス。次回問い合わせからはロット数が稼ぎ出せないので、実質値上げになります。 次回作る時まで予約をいただいて溜まったら製造というわけにはいきません。このcarbon型を作ったのは50個目標で作られています。型を作るのはFRPで作られるので『予約数が確保ができるまで』といった保存ができないのです。...

続きを読む
carbonairintake

carbonairintake

今月の末までに、年始にいただいた予約分は順次出荷してしています。  昨日お届いたので数個出荷します。...

続きを読む
FD3S前期(1-4型)メタル触媒販売開始

FD3S前期(1-4型)メタル触媒販売開始

純正フロントパイプを使用する5速マニュアルミッションの方への専用モデルです。 70㎜なので軽いのです。空燃比センサーを取り付けするボスも触媒の前側に付いています、取り付けしやすくボスを打っていますのでセンサーを取り付けする為にいちいち触媒を外す必要はありません。。 奥に見えるのは空燃比計のボスが標準装備です。 今回は前期と呼ばれる 1-4型用です。...

続きを読む
FC3S後期ラジエター販売開始されました

FC3S後期ラジエター販売開始されました

ARCでヒートエミュレターを使って熱設計した最新の商品です。 取り付けが時、ほかの部品との干渉問題が起こらないよう、アッパータンクや外形が純正と同じサイズというだけで中身は別物。、コアの厚みはFD3SのARCラジエターと同じくsmc36㎜を採用しサーキットでも十分使えます。ARCの採用しているアルミチューブはスーパーマイクロコンディショナーと呼ばれ、世界最高峰のオールアルミ製ラジエター。...

続きを読む
今週の土曜日に新型メタル触媒発表、ブツも届きます。

今週の土曜日に新型メタル触媒発表、ブツも届きます。

FD3Sの純正フロントパイプに適合するメタル触媒が届きます。  今回は前期と呼ばれる 1-4型用です。 触媒のセンサーが入ってるタイプのFD3Sに、サイレンサー機能を持たせた触媒は他にはありませんでした。またこの写真のようにRECHARGEが推奨する純正フロントパイプとの直径差が少ないメタル触媒が無く、排気ガス漏れの原因や音量、寿命の低下、オーバーシュートの原因にもなっておりました。...

続きを読む
FC3S ARC インタークーラーとGCGタービン

FC3S ARC インタークーラーとGCGタービン

大変お待たせしております。今週の半ばには初回応募分10名の方へ発送されるFC3Sのインタークーラー。 3月にも20台の納品がありますが、次回4月分の予約応募枠も通販チャンネルでもうすぐ始まります。 本体の取り付けは簡単ですが、上下のパネルを組み替える必要があります。 ドリルでリベットを外して、付属のネジで止めます。 パット見て、、純正に見えるARCインタークーラーの出来上がります。 。 この構造は3Dエミュレーターで設計、インタークーラーのコアにバランスよく外気が当たるよう設計されています。...

続きを読む
FC3S スポーツタービン2速3速の動画

FC3S スポーツタービン2速3速の動画

純正触媒の限界、250Psを攻めていますが5500回転以上はブーストを引き下げて触媒のオーバーヒートを避けています。十分速いのですから、230馬力ぐらいに抑える事もCPU側で制御可能です。 ETC通過後、道幅も広いしたまにはアクセル全開。  2,3速の一瞬の加速を楽しみたい大人仕様 純正レイアウト専用タービン、燃料ポンプはFD3S用を推奨します。純正交換のインタークーラーまでをお守りください。 尚、低回転からのブーストの立ち上がりがあります。2700回転で0.8㎏まで上がってしまいます。...

続きを読む
FC3S スポーツタービンは全域において軽快

FC3S スポーツタービンは全域において軽快

ハイフロータービンとは呼ばないスポーツタービンのイメージは全域において軽快なこと。ユーザーレビューもありましたがイメージを動画にしてみましたのでご想像ください。  仕様は純正風であること。 ARC製インタークーラーに純正触媒、純正フロントパイプを使用し、排気で交換したのはレーシングビートのデュアルママフラーだけです。 スポーツタービンと言えば低回転が遅いイメージがありましたが、このGCG製のRECHARGEスポーツタービンは完全に予想を裏切ります。 もっともブーストが上がりにくい1速のギヤでの、たち上がりも軽快です。...

続きを読む
ARC ラジエター インタークーラー 留意点

ARC ラジエター インタークーラー 留意点

今月末にはまた大量にリリースされるFC3S FD3Sのラジエターやインタークーラー。 単なるアルミラジエターではありません、特殊な流量制御で全体を使い純正より冷える事はもちろん、熱シュミレーターによる膨張伸縮、振動や強度テストを行い、応力分散型で設計されます。 飛び石にも強く、腐食や電子分解にも強く、繰り返される熱膨張と収縮によって2年や3年でチューブの付け根から漏れるなんて事は一切ありません。...

続きを読む
FC3S コンプレッサー上パイプに追加バンド

FC3S コンプレッサー上パイプに追加バンド

 『FC3S コンプレッサー上パイプに追加バンド』 とてつもなく吸入量が増えて負圧域からトルクが上がると高評価のスポーツタービンをより長くより効果的に乗っていただくためにはいくつかの留意点もあります。 スポーツタービンに限らず、純正のタービンの上についている黒いパイプの分岐(ISC)にはもともと、バンドがありません。 大きなブローオフ側にはクリップがついていますが、後ろ側にはついていません。 スポーツタービンの取り付け時にはエア漏れやオイル漏れを防ぐために、ここに、追加のバンドを加えてください。...

続きを読む
RACINGBET マフラー到着 SA22c FC3s FD3s

RACINGBET マフラー到着 SA22c FC3s FD3s

観賞用やサーキット走行に有意なRACINGBETのマフラーが到着してこのページで紹介されています。JASMAの認証こそありませんが名門中の名門。  尚、継続車検については各地の陸運局にてお問い合わせください。(検対ではありません)  今回の目玉が2点だけ入庫したSA22Cのマフラーです。...

続きを読む

アーカイブ

カテゴリー