EcoCpu

今週の土曜日に新型メタル触媒発表、ブツも届きます。

今週の土曜日に新型メタル触媒発表、ブツも届きます。

FD3Sの純正フロントパイプに適合するメタル触媒が届きます。  今回は前期と呼ばれる 1-4型用です。 触媒のセンサーが入ってるタイプのFD3Sに、サイレンサー機能を持たせた触媒は他にはありませんでした。またこの写真のようにRECHARGEが推奨する純正フロントパイプとの直径差が少ないメタル触媒が無く、排気ガス漏れの原因や音量、寿命の低下、オーバーシュートの原因にもなっておりました。...

続きを読む
FC3S ARC インタークーラーとGCGタービン

FC3S ARC インタークーラーとGCGタービン

大変お待たせしております。今週の半ばには初回応募分10名の方へ発送されるFC3Sのインタークーラー。 3月にも20台の納品がありますが、次回4月分の予約応募枠も通販チャンネルでもうすぐ始まります。 本体の取り付けは簡単ですが、上下のパネルを組み替える必要があります。 ドリルでリベットを外して、付属のネジで止めます。 パット見て、、純正に見えるARCインタークーラーの出来上がります。 。 この構造は3Dエミュレーターで設計、インタークーラーのコアにバランスよく外気が当たるよう設計されています。...

続きを読む
FC3S スポーツタービン2速3速の動画

FC3S スポーツタービン2速3速の動画

純正触媒の限界、250Psを攻めていますが5500回転以上はブーストを引き下げて触媒のオーバーヒートを避けています。十分速いのですから、230馬力ぐらいに抑える事もCPU側で制御可能です。 ETC通過後、道幅も広いしたまにはアクセル全開。  2,3速の一瞬の加速を楽しみたい大人仕様 純正レイアウト専用タービン、燃料ポンプはFD3S用を推奨します。純正交換のインタークーラーまでをお守りください。 尚、低回転からのブーストの立ち上がりがあります。2700回転で0.8㎏まで上がってしまいます。...

続きを読む
FC3S スポーツタービンは全域において軽快

FC3S スポーツタービンは全域において軽快

ハイフロータービンとは呼ばないスポーツタービンのイメージは全域において軽快なこと。ユーザーレビューもありましたがイメージを動画にしてみましたのでご想像ください。  仕様は純正風であること。 ARC製インタークーラーに純正触媒、純正フロントパイプを使用し、排気で交換したのはレーシングビートのデュアルママフラーだけです。 スポーツタービンと言えば低回転が遅いイメージがありましたが、このGCG製のRECHARGEスポーツタービンは完全に予想を裏切ります。 もっともブーストが上がりにくい1速のギヤでの、たち上がりも軽快です。...

続きを読む
ARC ラジエター インタークーラー 留意点

ARC ラジエター インタークーラー 留意点

今月末にはまた大量にリリースされるFC3S FD3Sのラジエターやインタークーラー。 単なるアルミラジエターではありません、特殊な流量制御で全体を使い純正より冷える事はもちろん、熱シュミレーターによる膨張伸縮、振動や強度テストを行い、応力分散型で設計されます。 飛び石にも強く、腐食や電子分解にも強く、繰り返される熱膨張と収縮によって2年や3年でチューブの付け根から漏れるなんて事は一切ありません。...

続きを読む
FC3S コンプレッサー上パイプに追加バンド

FC3S コンプレッサー上パイプに追加バンド

 『FC3S コンプレッサー上パイプに追加バンド』 とてつもなく吸入量が増えて負圧域からトルクが上がると高評価のスポーツタービンをより長くより効果的に乗っていただくためにはいくつかの留意点もあります。 スポーツタービンに限らず、純正のタービンの上についている黒いパイプの分岐(ISC)にはもともと、バンドがありません。 大きなブローオフ側にはクリップがついていますが、後ろ側にはついていません。 スポーツタービンの取り付け時にはエア漏れやオイル漏れを防ぐために、ここに、追加のバンドを加えてください。...

続きを読む
RACINGBET マフラー到着 SA22c FC3s FD3s

RACINGBET マフラー到着 SA22c FC3s FD3s

観賞用やサーキット走行に有意なRACINGBETのマフラーが到着してこのページで紹介されています。JASMAの認証こそありませんが名門中の名門。  尚、継続車検については各地の陸運局にてお問い合わせください。(検対ではありません)  今回の目玉が2点だけ入庫したSA22Cのマフラーです。...

続きを読む
アーム類の交換の注意点

アーム類の交換の注意点

アッパーアームやロアアームのガタが来てる車両には、先端のボールジョイントが交換できないのです。 先端はアッセンブリー交換になること知っていましたか? 10万㎞を超えて根本だけのピロボールを変えるなら、新品が出るうちに注文しておくのも手です。 このボールジョイントに最も力がかかりますから交換できない形状になっております。...

続きを読む
FC3S スポーツタービン 組んでみた

FC3S スポーツタービン 組んでみた

とてつもないレベルで進化を遂げた試作スポーツタービン装着の衝撃から2か月、広島から、こちらのユーザーレビューを読んで、どうしてもどうしても早く取り付けしたいというので2番目のFCが、偶然にもカブリオレです。 以前試作品のARCインターク―ラーを装着した7です(2月末に製品版送付、再販予定) 単純比較したいので今回のセットは純正触媒、純正フロントパイプのままで、ぽんと、『スポーツタービンへ交換だけ』、したらどうなる?第二弾 もちろん、燃料制御やブースト制御はEcoCpuで行えます。 ・・・早速ユーザーに  乗ってきてもらいました。...

続きを読む
FC3S スポーツタービン販売開始

FC3S スポーツタービン販売開始

ブログ上のコメントやメールで予約もらってる全員に向けてメールを送りましたのでご確認し、題名を変えずに返信くださいください。 コンプレッサーの羽は20台生産しましたがすでに予約数、18台が埋まっておりますが返信がない場合繰り上げになります。  下取り準備は以下の通りです。...

続きを読む
新品ダイナモ(オルタネーター)は長持ちする

新品ダイナモ(オルタネーター)は長持ちする

新車から20年、15万㎞を走り、一度も交換していないのでダイナモを変えました まだ壊れたわけではありませんが、安く手に入るうちに新品交換です。(表記上はリビルトと書いていますが大人の事情で実際には新品です) 新車からの新品ダイナモは長く使えますが、安いリビルトだと寿命が短く、内部のコアや電気部品を再利用するので再発までに期間が短くなります。そこそこの金額でサードパーティーのダイナモも選択肢の一つですが15万kmも使えた純正も捨てがたい、、、等。  実績を考えるとならば実績のある新品交換という選択肢を選ぶ方が多くなります。...

続きを読む
FD3S 新品タービン到着

FD3S 新品タービン到着

マツダで販売してるターボチャージャーの値段上昇に伴い60万円を超える価格になった純正タービンの購入が決めきれない方もいると思います。 OHをするとは言え、20年、もしくはそれを超えているのでカートリッジに熱変形がありベアリングを交換したり、クラックを溶接してひずみを取ってOHしても、オイル漏れが止まらなかったりと今後も入手するのが金額的に厳しい商品の一つです。...

続きを読む
FC3S 昭和から令和への技術の進歩恐ろしい インプレ

FC3S 昭和から令和への技術の進歩恐ろしい インプレ

早速みんなで寄ってたかって(マスクしたりしてコロナ対策はしています)驚愕の令和世代タービンの試作品レビューを見て速攻新型タービン一日で装着、テストした山Pです。 真面目にインプレします!長くなりますではモニターとして、Newタービンを付けて50キロほど走った感想をご報告します!チューンドタービン装着初めてのシロートの感想なので、ホンマでっか!でお願いします<(_ _)> 装着車両の状況ですが、・エンジン OHしたばかり ・タービン 中古純正良品に交換したばかり ・ECU RECHAGE社ECOCPU...

続きを読む
タービン交換してみました。

タービン交換してみました。

ほぼノーマルのFC3CにRECHARGEが勧める仕様でGCGが制作したスポーツタービンを組み込んでみました(フロントパイプや触媒ノーマル+車検対応マフラー) タービンが慣らしという事もあり高い回転まで上げる事はできませんが、乗って驚くのは5速1500回転という超低域から踏み込むと、加給域にブースト計が入るというという事。 フルタービンや今までのハイフロータービンにありがちな、ブーストゼロのまま動かないという事はありません。...

続きを読む
FC3Sスポーツタービン、予約

FC3Sスポーツタービン、予約

GCGと協力して作成したスポーツタービンの予約を受け付けしたいと思います 1月23日の時点でメールへの予約と書き込み予約が15台になりました。台数が確定してきつつあるのでこちらに来られ交換する方のみ、予備のタービンを先に送って作っておいて即日交換対応を考えています。 が、参考となる必要台数が分かれば初回ロット数を上げ販売定価を今後上げないようにしたいと思います。 純正タービン下取り、OH後に返送されます価格は180000円と消費税です。必要な方はメールもしくはこのブログにコメントください。...

続きを読む

アーカイブ

カテゴリー