先生、質問が!

執筆者 | 12月 1, 2011 | Non-Fiction | 3 コメント

今回は仕事のことで。

実は小学校の教員などしていまして・・・。
(おまけに完全ペーパードライバー化している3級整備士(シャシー)所有者だったりします。
<腕なし、知識なし、金なし> 前職時代に取得。

この時期、5年生の社会科では工業について学ぶ単元があり、その中で「自動車づくり」も扱っています。
教科書や資料集に出てくる工場内や作業工程の写真は、ほぼTO○O○Aのものばかり。

PCルームの調べ学習でも、子どもがわかりやすいサイトはやはりTO○O○Aですね。
中村屋さんのBLOGで学ばせよう(小学生には無理があるだろ!)としたところ、見事にブロックされました。
(当然ですね。学校では諸々の事情で種々のフィルターをかけてますから。)

子どもたちには、「自動車ができるまで・自動車工場の場所」について調べさせましたが、
そこは当方、7乗りのはしくれですから、「RX-7」についても調べさせました(^o^y)
子どもの反応も、まあ、様々。「かっこい~」「いけてるね」「先生の車と一緒じゃん」などなど、食いつきも上々。

が、中には鋭いところを突っ込む子どももいて。

A君「先生、RX-7で検索して調べていたら、マツダは世界で唯一のロータリーエンジン作っているんだね。」

ふむふむ、よしよし、しかーし!

A君「だけど、格好はいいが、燃費が悪く、不人気車って書いてあったよ・・・・。」・・・絶句!?

(中村屋BLOGはブロックされるのに、こんな記述はブロックされないなんて~。・・・苦笑)

まがりなりとも、私は中村屋さんのBLOG愛読者、信仰者。

「A君、世間的、一般的にはそう誤解されていることが多いんだよね。だけど、きちんとした乗り方とお手入れで

 実は、高速の燃費はエスティマやアルファード(ガソリンのやつね)などよりかはいいんだよ!」と補足説明しておきました

また、一昨日は、同僚のFITと当方の7を使って青空授業。
ボンネットやドア、リヤハッチなどを開けて、観察(見学?)させました。
エンジンもかけてやり、当方愛機に火が入った時は、一同<オオォーッ!!>の歓声と拍手。
(子どもへの自慢か?・・・いやいや授業です!)

既習してある、
「プレスした部品はどれか、溶接箇所、塗装について、組み立て(部品の取付け)した部分」

などなどを実車にて説明。

また、オルタネ―ターを指差して「これは、何のための部品でしょう?」

   「エンジンって、何処のことを言うんだろうね?」

   ボンネットの前で、「扇風機がじつは付いています。探してごらん?」

(当方7は純正エアクリ・ICで見えにくいのでFITにて)

   「なぜ、そこに扇風機が必要なのかな?」などのクイズ大会も。

その後は、子どもたちから、いろいろな部品(愛機の)の質問攻撃が延々と続く・・・。
(もちろん、年数相応の錆や青紫のボディー色についても)

 などなど、職務を忘れ、“中年車好きオヤジのわがまま講座”45分でありました。
(苦痛だったろうなあ~、少し反省)
 もちろん、食いつきがいいのは、圧倒的に男子でしたが、女子も興味深そうに室内やエンジンルームを覗き込んでいました。

ただ、先ほどのA君、「でも、先生の車、なんか低くねぇ?後ろからたまにパンパンいってるし。」や

「後ろのこの羽根、でか過ぎじゃねぇ?」(当方、オヤジなのにGTウィング)・・・またもや絶句。

校長、教頭には言えませんが、私の愛機は最低地上高クリアしてません。もちろん羽根も。おそらく排気音も。

A君には、「いずれ、その時がくれば、その謎は解けるよ。」なーんて。

もちろん、旋回性、ダウンフォースについて解るように(ホントか!)、講釈たれときました。
(でも自分の愛機は下げ過ぎです。曲がらねぇ~。)

今の教え子たち11歳。早くて、あと7,8年もすれば免許をとり、車を所有する子もいるでしょう。
数人、いや一人でも、RE(7でも8でも構わない)を所有する子が出てくれることを祈りつつ。
マツダの熱き想いも、授業の合間、合間に織り交ぜています。
(この時間が長いんだ~。だから、授業進まね~。)

ましてや、“プロジェクトX、DVDで見せよっかな~。”なんて。

何年後かに、教え子がREに乗って現れたら、「中村屋BLOG」は読んだのかい?」と
その時、初老の我輩が、RE所有者の先輩として語ってやりたい。・・・淡い夢です。

・・・・・・・・・・・・・・・

。。。。。。。。。。。。。。僕の儚い夢は、、、教員になりたい。
でも、、、、、今の時代、大変ですよね。親と学校、。。。教師。。。。。

・・・・・・・・・・・だから遠くから見守るだけにしますw

3 コメント

  1. katze

    中坊の頃、技術の先生が病気で休んだときに、代わりに1回だけスカG乗りの美術の先生が授業をしてくれた。
    教科書に関係ない授業の為、OHVから始まりOHC・・・DOHCについての機構の違い、キャブやターボの仕組みを、とても『熱く』語ってくれました。
    あの1回の授業で私は『覚醒』したwww。
    20年も前のことなのに、未だに印象に残ってます。

    色々と難しい職業でしょうが、がんばってくださいね。

    返信する
    • nakamura

      実際には、無理だろうけど。

      でも、こういった理想に近づけようとした教師は
      近年では結局、はみ出しモノ呼ばわれするんだろうな。

       なんか、残念な時代だよ@~@

      返信する
  2. 41、3児のパパ

     中村様が講師で登場したら、どんなになるのでしょうかね。私なら、中村様の授業を何時間でも受けられると思います。(笑)
     実は、中村様、整備士の専門学校やマツダの養成所からお誘いが来ているのでは?
     私が学長なら、間違いなく講演に来てもらうかな。
    お題
    “REにみる車社会の現状と未来とECOCPUとあゆと                           マイケル
           ~そして車業界をぶった切り!~”
                        講師 中村 英孝
    なんてのは、いかがでしょうか?

    返信する

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。

More Post

お便りインプレ

6/23 YouTube開始まで

日(s)

:

時間(s)

:

分)

:

(S)

カテゴリー(スクロール可)

EcoCPU

FC3S 新作情報

ちょうど、、、壊れたんですよ、これが。。...

予約カレンダー

FD3S FC3S

FC3S 新作情報

ちょうど、、、壊れたんですよ、これが。。 https://youtu.be/Y954bBubJqQ

公開することの意味は大きい

https://youtu.be/axE6ocxuSQs エンジン組付け、やり方にはいろいろあるだろう。そしてさらに、今度はこういった作業にもユーザー立ち合いを提案してゆくことになる。  もはや、革命だな  もうこうなると、我々整備士にはごまかしなんてできなくなる。 そもそも、ごまかす気などなければ、一緒に楽しむ気でしかないから...

エンジン載せ替え、終了

走行テストも終わり、もう、今日には完成してます。 私たちの大好きなRX-7の為に出来る事を愛情をもって行います。

前期FC3S エアフロメーター修理

35年、、、12万㎞も超えてくると接点が悪くなりました。そこで禁断の修理を行ったところ目に見えてアイドリングの安定と、アイドラアップの不調を治すことに成功しました 新品に変える事が出来るなら買えたいところですが、無いものは治す。分解と洗浄、調整。...

FC3S 新作情報

ちょうど、、、壊れたんですよ、これが。。...