ターボチャージャーの話

執筆者 | 8月 31, 2010 | Non-Fiction | 3 コメント

ターボチャージャーのオーバーホール、またオイル漏れについて質問があったので。

OHとは読んで字のごとく、10万km以上走ったり過酷な状況下でシャフトやベアリングの磨耗
シールの磨耗を見込んで交換&修正をします

 多くの場合、オイル漏れやマフラーの白煙で自覚します
 質問者の場合、OH後、白煙が出るわけじゃないけど、外部に漏れてしまっているということ

つまりEX側、外部にもれてるならエンジンルームが焦げ臭く
内部側のインペラにもれてる場合は、マフラーの燃焼匂いが異常であるはずで

 目視点検で発見されたということは・・・

この場合、・・・・

 ターボのOHやシールという見解の割合は少なく
 コンプレッション側のガスケット(IN&OUT)のあたり不良が考えられます

また。エンジンの内圧上昇に伴う、コンプレッサー側やEX側への漏れ、もしくは白煙の場合

オイルを入れる口の下にあるセパタンクについてるチェックバルブが古くて内圧をサージに導くことができず
詰まってる場合も考えられますので、時期的に掃除より交換が好ましいと考えられます

余談ですが・・・・遠く20年以上前

 SA22Cのキャブターボ(KKKやSARDやHKSのキットがあったんだよ^^)時代に
 オイルリターンパイプを、オイルパンに溶接せず、ドレンボルトに返していたとき
 特にギャレットのタービンは内圧がフリーじゃないせいで
 (リターンすべきポイントがエンジンオイルの油面より低いためにちゃんと返せない)
 アイドリングでマフラーから白煙を噴いていましたが、オイルパン上部に別パイプを引いて
 リターンすれば確実にとまっていましたね

10万km以上使ったエンジンやタービンでもない場合
 内圧で煙を吹くのは、チェックバルブで、インテークで外部にもれる場合、ガスケットが原因の事が多いです
 (エアクリーナー側にブローバイが多い場合もチエックバルブを点検しましょう) 

 キャブ時代から燃費のよいセッティングを行い、
 メカチューン13BでもL=7kmぐらい走っていましたよ
 もちろん、この頃から低域のトルクを稼ぐセッティングを出すひつようがありました

3 コメント

  1. Char

    5型以降は、チェックバルブが省略されているようですが、無くても大丈夫になったんですか?

    返信する
  2. 店主

    新車の時はエンジンが元気なのですが、もう20年にもなると、PCVは、あった方が、ブローバイは減りますね。この取り付けキットがあればたくさんの4型以降のターボが楽にはなると思います。

    返信する
  3. Char

    たまに煙吐くことあるので、今度試しに付けてみます。パージソレノイドの前のチェックバルブ前から分岐するのが良さそうです。

    返信する

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。

More Post

〜RX-7 中古車情報〜

今回、スギちゃんより車両紹介ですー RECHARGEの中古車販売って訳ではありませんー...

お便りインプレ

6/23 YouTube開始まで

日(s)

:

時間(s)

:

分)

:

(S)

カテゴリー(スクロール可)

EcoCPU

FC3S 新作情報

ちょうど、、、壊れたんですよ、これが。。...

予約カレンダー

FD3S FC3S

FC3S 新作情報

ちょうど、、、壊れたんですよ、これが。。 https://youtu.be/Y954bBubJqQ

公開することの意味は大きい

https://youtu.be/axE6ocxuSQs エンジン組付け、やり方にはいろいろあるだろう。そしてさらに、今度はこういった作業にもユーザー立ち合いを提案してゆくことになる。  もはや、革命だな  もうこうなると、我々整備士にはごまかしなんてできなくなる。 そもそも、ごまかす気などなければ、一緒に楽しむ気でしかないから...

エンジン載せ替え、終了

走行テストも終わり、もう、今日には完成してます。 私たちの大好きなRX-7の為に出来る事を愛情をもって行います。

前期FC3S エアフロメーター修理

35年、、、12万㎞も超えてくると接点が悪くなりました。そこで禁断の修理を行ったところ目に見えてアイドリングの安定と、アイドラアップの不調を治すことに成功しました 新品に変える事が出来るなら買えたいところですが、無いものは治す。分解と洗浄、調整。...

FC3S 新作情報

ちょうど、、、壊れたんですよ、これが。。...