6型51000kmで、、、バックファイヤー車両があった

 前回分解したものと年式は変わりませんが
 どうやらパネルを開けると、、、ロットが違うようで基盤も違う
 ハダ色基盤が今回の分解分、で同じ品番でも内部は種類が多く存在しそうだ。

今回のは、、ひどい。
これ、本当に51000kmなのか?

 そら、新品交換後バックファイヤーがぴたりと止まるよなぁ

 以前バラシた緑色はこっち

 今回の6型はこっち、、、

 やっぱ、車両値段が下がった分、基盤の値段が下がったのか??

整備士の諸君、機械は磨耗するのだよ。
そのための自動補正でもあるが、限度というものがあることお忘れなく
ましてや、この状態でセッティングを取っても、、、、と・・・なる。

51000kmの6型でさえも
 マフラーからパンパン音がひどいとき、セッティング以前に見るべきポイントだね
 当然、制御に関係なく、これを変えるだけも圧縮は還ってくるんだ。

 言い方を変えれば、こんなセンサー使ってると、圧縮が下がっても当たり前
 調整しても、この状態だと根本的解決にならない。定価14600円で買える幸せだ。

元はこんな感じの先なんだけど、えらく汚れてるね
金属ぶぶんすら、、カーボン?で真っ黒、これじゃ電圧がw
端子は既に錆が多くなって、、浸食されてる。
抵抗も変わってきてるだろう。。。。

 距離で判断する時期は過ぎた。
 製造後、10年たつと、、どうなるか?どうなってるか?

  残念だけど、これが旧車の現実なんだ。

CIMG4752

上の写真の接点は洗浄済みだが、
洗浄する前はこんなかんじだった、ロットによってえらく差があるよね?

5,6型は薄い分、10万km以内にこうなるようだ

011_R

0コメント

トラックバック / ピンバック

  1. そこで燃費なんですよ - [...] ありがちなスロットルセンサーや使い込んだコイル等の交換   先日も分…
  2. スロットルセンサー交換の効能、、 | 中村屋 EcoCpu BLOG - […]  8万kmも使うと。。こんな状態になってしまってること、、、…

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。

More Post

まだまだ検証が・・・

自分のFDで一踏みしたら元気になれる気がするスギちゃんです。 今回はSKY-Dのカーボン清掃ですー...

お便りインプレ

6/23 YouTube開始まで

日(s)

:

時間(s)

:

分)

:

(S)

カテゴリー(スクロール可)

EcoCPU

FC3S 新作情報

ちょうど、、、壊れたんですよ、これが。。...

予約カレンダー

FD3S FC3S

FC3S 新作情報

ちょうど、、、壊れたんですよ、これが。。 https://youtu.be/Y954bBubJqQ

公開することの意味は大きい

https://youtu.be/axE6ocxuSQs エンジン組付け、やり方にはいろいろあるだろう。そしてさらに、今度はこういった作業にもユーザー立ち合いを提案してゆくことになる。  もはや、革命だな  もうこうなると、我々整備士にはごまかしなんてできなくなる。 そもそも、ごまかす気などなければ、一緒に楽しむ気でしかないから...

エンジン載せ替え、終了

走行テストも終わり、もう、今日には完成してます。 私たちの大好きなRX-7の為に出来る事を愛情をもって行います。

前期FC3S エアフロメーター修理

35年、、、12万㎞も超えてくると接点が悪くなりました。そこで禁断の修理を行ったところ目に見えてアイドリングの安定と、アイドラアップの不調を治すことに成功しました 新品に変える事が出来るなら買えたいところですが、無いものは治す。分解と洗浄、調整。...

FC3S 新作情報

ちょうど、、、壊れたんですよ、これが。。...