そもそも、ACVバルブが不良になると・・・エアクリーナーが!

執筆者 | 12月 11, 2015 | 56番失火信号, 熱間 再始動不良, 社外エアクリーナーの現実 | 4 コメント

ホーム » blog » EcoCpu » FD3S » 吸排気系統 » 純正エアクリーナー » 社外エアクリーナーの現実 » そもそも、ACVバルブが不良になると・・・エアクリーナーが!

ACVバルブが欠品中だがそもそも、
このバルブが壊れた時に、排気ガスがエアクリーナーに還流する事は以前書いた
CIMG4134
壊れる理由は、社外のエアクリーナーにかませるオリフィスであることも書いた
かの有名なエアクリーナーでさえ、このオリフィスが邪魔をしてエアポンプで送風し冷却されるべきAVCへの風量を制限することが原因なんだが、、これでエアポンプの性能が長期的に見た時に下がってしまう(無理やり送ろうとするために機械的摩耗が促進される)
12030741_824207554366898_146569271_n1
他のむき出しエアクリーナーや社外品のエアクリーナーではこんなパーツを見たことがあるだろう?
2個とか入ってる場合も在る
0061
んじゃあ、これが引き起こすのはむき出しになってると失火信号の56番やアイドル不良、温間再始動になるか?といえば新車から10年や3万kmではまだ起こらない、製造後15年、走行距離5万kmぐらいから顔を出す症状だ。
んじゃ。、エアクリーナーさえ、純正であればOKなのか?という事になる
確かに、症状は出にくいがすでに製造後15年以上にもなると5,6型では56番や、後期GF型の車検に通るレベルの排気ガス濃度を得るにはそろそろメンテナンスが必要になってきてることも旧車である以上、避けられない事実。
余った空気に混ざって、排気ガスがエンジンの吸入空気にに混入することを避けるには純正エアクリーナーしかないと断言してきたんだが実際にはエアクリーナーが純正でも引き起こす車両が出てきた原因を探ってゆこうと思う。
今回、純正エアクリーナーなのに、排気ガスが新気に混ざって再始動後のアイドル不調を起こすかは、謎にも感じていたんだ。
どうして分離されてるはずのエアポンプ通路が、、、実際どうなのよ?
IMG_1015
理論上、エアクリーナーから摂取され加圧された2次エア用の空気は、AVCバルブを通りスピリットエアとポートエアに分配され余った空気は緑色の通路を通って、大気に放出される、このとき圧力脈動の音の消音とAVCバルブを通った時に新車時でもわずかな排気ガスからのカーボン成分があるためにエアクリーナーは完全に分離してる訳なんだ。(このときAVCやチェックバルブを冷却して熱劣化を防いでもいる)
ところが、、、古くなると
レモンバルブ、、宇宙船バルブの劣化や、AVCバルブの劣化で還流されたエアーに排気ガスが多量に含まれるようになる。
これが、56番の引き金になりアイドル失火を起こす原因だ。
とはいえ、、エアポンプのあまった還流空気に排気ガスが含まれても、エアクリーなー内部では隔壁があるので、吸入空気には混ざることが無いはず、、、なのだが・・・。
じっさいは・・・
けっこう、漏れてるんだな、、これが・。・
IMG_1017
さて、、、実験だ。
勘のいい人なら・・・
IMG_1019
なにをしようと・・
IMG_1020
してるか?わかるかな・・?
IMG_1021
IMG_1023
 あれ?ふたの隙間から?
IMG_1028
 あっちゃーー
IMG_1039
 こんなにも、漏れてるじゃないか?
 そりゃ、社外品よりはましだろうが・・・
尚、新品や4,5、6型等の距離の少ない良品においてはこの圧力を掛けた点検において、まったく漏れが無いことを追記しておきます。
 
次回は、この症状を引き起こすAVCバルブの構造、また現在納期が未定ですのでこれをどうすれば直せるか?分解して原因を追究してみましょう。
IMG_1002
IMG_0989
おっと、どうして漏れてるか?気になるだろ?
漏れてるところ・・
ふたが浮いてる感じだったから、、割ってやったよ
IMG_1040
で、、この角を持ち上げると・・・
ぽろっと、、取れた
IMG_1042
ああ、、、古くなって接着が取れたんだね。
おそらく、排気ガスが入ってきて15年
ふたも曲がって、エアポンプで圧送されてきたカーボン等の不純物を含んだ高温なエアーが入ってくれば・・そりゃ、接着、取れるわな。。
IMG_1043

何度も言うが、正常品はまったくここから漏れないよ。
IMG_1026-ANIMATION

4 コメント

  1. 赤レン

    ACV・・・随分前においらのFCのリアの圧縮が戻って来ないのは何でだろう?
    ってACVバラして・・・衝撃だったなぁ^^;

    返信する
  2. 店主

    そう、あれは衝撃的な展開ですが、多くの場合パワーフローつけて、エアポンプを止めていたら、ほぼ数年で熱が逃げず、そうなります。

    返信する
  3. katze

    エアクリーナーの消音効果はあきらめて、エアポンプからの戻りホースを延長して別な形で消音して大気放出するかなぁ

    返信する
    • 店主

      今日、門口7からエアグルーブ外して純正を付けたんだけど、その時、上にあるヤツいろいろ探してエアポンプの部屋を口で吹いてみたら完璧に密閉されていたよ。

      返信する

トラックバック / ピンバック

  1. AVCバルブの分解 | 中村屋 EcoCpu BLOG - […] これが古くなると、排気ガスの濃度を上げてしまったり、56番失…
  2. ACVバルブ分解3 あ、!! | 中村屋 EcoCpu BLOG - […] ははぁーん。 この動きが悪い事、とエアクリーナーの劣化による…
  3. あーーーACVが!! | 中村屋 EcoCpu BLOG - […] このAVCが壊れると、いろんな症状が起こる 燃費の低下、圧縮…
  4. ACVのディーラー注文はお早めに。FC3S,FD、コスモ13B ACVバルブ情報 | 中村屋 EcoCpu BLOG - […] 、今後5型6型では、車検が通らなくなる。 前期でも11年式以…
  5. 中古のACVは有効ではない理由 | 中村屋 EcoCpu BLOG - […] 過去の記述では、レモンバルブの焼損や作動不良ダイアグ56番を…
  6. パーツフェニックス会議 PP会議 | 中村屋 EcoCpu BLOG - […] ACVです。(ポートエアスピリットエア)  ACVは、REの…

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ

カテゴリー