ロータリーエンジン燃費の基礎 5

執筆者 | 1月 10, 2010 | REエンジンの燃焼、基礎編 | コメント0件

FC3SやFD3S、コスモやRX-8の燃費を考えるとCPUで、できることも多くありますが
基本的なことをまずお伝えしておくべきでしょう

排気温度が高いということはどういうことなのでしょうか?
触媒加熱を防ぎ安全にO2センサーフィードバックによる制御拡大のために
排気温度を下げる事は出来ないのでしょうか?

原因として・・
1)与えられた燃焼過程の時間で燃えきっていない
2)これ以降はまた次回・・・

長くなるのでまずは、、、

1番については燃焼が始まると熱を発生し急激な膨張、つまり爆発をするということです、燃焼の過程でわずかな時間(仮に0.005秒)で最高圧力に達するとその後は最高圧力に達した時間の何倍もかけて収束に向かいます(仮に0.045秒)
ここでの最高圧力に達する時間はわかりやすく例として書いておりますので参考にしていただくだけですが、収束に向かう時間はなんと9倍もの時間を必要としています
つまり1:9の割合で燃焼を終えるわけで、この収束時間である9に値する(仮に0.045秒)が長ければ長いほどエンジン的には不利な状況になってしまいます
REの燃費の基礎第4話の写真をクリックして大きくしてみてください、ロータリーエンジンの写真、中段がちょうど排気ポートが開いてるところですが、時間が長くかかりすぎると圧力をローターに伝え終わる前に放出されてることになります

つまり燃えてる最中に排気ポートが開いてしまったために有効圧力や熱が廃棄されてることになります

もう、おわかりですよね?
排気温度を下げるとは、燃焼時間の短縮にキーがあるようですね

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。

More Post

洗浄の作業場所が

スギちゃんからちょっとしたお知らせですー 一体何が?? ってなりそうですね(笑)...

お便りインプレ

6/23 YouTube開始まで

日(s)

:

時間(s)

:

分)

:

(S)

最近のコメント

カテゴリー(スクロール可)

EcoCPU

NAからターボに!?

何故か冬の長期連休はFDがバラバラになってるスギちゃんです? 3年振り?のターボだったような...

予約カレンダー

FD3S FC3S

NAからターボに!?

何故か冬の長期連休はFDがバラバラになってるスギちゃんです? 3年振り?のターボだったような エンジンは大きいポート仕様そのままに純正ツインターボ化を年末年始でやってました〜 元々使っていたタービンを使用し戻しましたが・・・ (・へ・) 元から古いタービン+オイルシール再使用のエンジンと言うのもあって吸気側へのオイルが戻りやすい状態にー...

年明け早々に

裏ではエンジンOHと載せ換えをしていたスギちゃん達です(笑) 年明けの営業開始後から普段通りSKY-D洗浄をこなしつつ・・・ 夕方からは、とあるFDのエンジンOHと載せ換えが遂行されてましたー (^^)/...

後期用が遂に!

やっとFD後期用キャタライザー発売ですー! って言えたスギちゃんですー  https://shop.legend-car.jp/products/fd3s_catalyzer?variant=39947810734143

スカッフプレート

ちょっとバタバタしていたスギちゃんです(笑) 通販にもあるFD用カーボンスカッフプレート ポン付けなので純正オプションのアルミスカッフプレート付ならネジの付け替えだけでついちゃいます! クリア塗装済みなので艶々で綺麗なんですー ということじゃなくて本題はこちら↓ 元からクリア有りのカーボンステップですがこのFDのはどことなく青いような?...

FC3S 新作情報

ちょうど、、、壊れたんですよ、これが。。 https://youtu.be/Y954bBubJqQ

NAからターボに!?

何故か冬の長期連休はFDがバラバラになってるスギちゃんです? 3年振り?のターボだったような...

中古車情報

〜FD3S情報〜

止むなく手放されるFD、再掲ですが下記リンクより車両情報ページの店長ブログにいけますー...