ディーゼルの寿命はEGRによるカーボンとの関連性が高い

執筆者 | 8月 2, 2019 | 未分類 | コメント0件

だからといって、カーボン(煤)を減らす為にEGRをすべてなくしてしまったらどうなるかというと、

排気ガス(特にNox)の値が悪くなる
もちろんこれは環境にもよろしくない

カーボンの発生量と、EGRの使用率は密接なつながりがあるから、切ってしまいたいところだけど、切ってしまったらそれはそれでいくつかの問題が出てきてしまう。

ま、それは後で書くとして・・

んじゃ、そもそもEGRってなんだ?となるよね?

EGRは、排気ガス再燃焼という、燃え終わった排気ガスをもう一度吸気に吸わせ不完全燃焼を決まった量行い燃焼温度を下げ(Nox)窒素酸化物の生成量を減らすものなんだ。ただし、この為に発生してしまうのがカーボン。特にシャッターバルブに高温のEGRが導入された場所で新鮮な冷えた吸入空気に急激に冷却されて結晶化しバルブにおおきな塊を作ってしまう。

ま、これはいろんな諸説があり、ほじくり返すととんでもなく多くの黒鉛の塊がドライバーで出てくることは去年書いた通りではあるけれど、この問題さえクリヤさえしてしまえば、ガソリンエンジンでは味わえない強力なトルクと経済性をもたらすことは今乗っているみんなが知っている。

いまディーゼルに乗ってトラブルを抱えているみんなの知ってる情報として、EGRはエンジンにとって害があるという見解になっているのだけれど、反面、このガスをうまく使えばおいしいこともある。ま例えるならマツダの2200㏄のディーゼルはEGRによって排気量を700㏄水増し充填させ、新たに吸う空気を1500㏄分とかまで引き下げ実質上の『ほんとは2200ccだけど、700㏄排気ガスでかさ上げするから実際は1500㏄ディーゼル』という状態を仮想的に行ってる事を知ってるだろうか?これをうまく使うと気筒停止メカニズム等を使わなくても定常走行の見掛け上の排気量を1500㏄まで引き下げ、その1500㏄の排気量に見合った軽油の消費量へとぐっと抑える事もできる(EGRで水増しされてしまった分、エアフロメーターで測量する空気量が減るから)また冷間や燃焼に必要な外気の温度が低すぎる場合(始動時や冬季等)暖かいEGRをエンジン内部に導くことで燃えにくい状況下でも着火性に多大な貢献をしてる事も知っておくべきだ。

なんと、
EGRがあってこそ、排気ガスもクリーンにできるわけだし燃費も稼げるという事になる。

このへんのバランスが重要な事になる
もちろん、新車の時はこの状態がうまく成り立ち排気ガス装置とPMの事後処理ですべて完璧にこなしエンジンにダメージなど及ぶことはないのだ。

ところがだ、この機能が10万Kmにもなってくると、乗り方やオイルの質、交換サイクルによっては尋常じゃないほどユーザーを苦しめる事も出てくる。

こういった状況に陥ってるユーザーの多くは既にメーカー保証の切れた初期型2.2Lディーゼルのユーザーたちで、これがまた苦労するんだよ。

ディーラーに持っていっても、意味不明な言葉と理論で打ちのめされ

そろそろ乗り換えの時期じゃないか?とセールスにそそのかされ

挙句の果てには、バンパーにカーボンが付くほどの黒鉛を見つけられたが最後、新しいスカイアクティブユーザーや他人からそろそろ乗り換えじゃないの?エンジンオーバーホールの時期でしょと、、ささやかれ。。

いやいや、そんなはずはない。ディーゼルエンジンというものはだな、トラックや戦車にも使われてるほどの高い耐久性を持ってると力説しても、自分より若い整備士達に次世代ディーゼルは15万㎞ですよと当たり前のこと(まあ、冷静に考えてみれば15万㎞ってOHが当たり前なんだよね)をいわれても、『いんや、最初新車で買った時からしんどうや騒音はあっという間に大きくなった』し、それ以来日々燃費の悪化とトラブルとの闘い、ワーニングとの闘い、そしてリコールだのリプロだのまともな状態で乗れた時期が少ないからこそ、腹立たしいというかなんというか・・・

そんな訳で、保証の切れたディーゼルエンジンに乗りまだ手放せないとお嘆きの有志の皆さんに

私の37年に及ぶ整備士経験で上に書いたEGRをうまく使い、できるだけ費用をかけずに治した実績をたくさんの初期型のアテンザユーザーからオファーがあり、、トラブルがあるけれど実はもっともっとマツダのディーゼルに乗っていたいと思う人たちの為に、こんなEGRを制限(リストラクター)して『枯れたディーゼルエンジンをもう一声、車検の通る範囲で延命しよう』(まそれでも10万km走ってるなら壊れる時には壊れますけどね)という商品を作ってみた、というお話だったのです。

0コメント

トラックバック / ピンバック

  1. ディーゼルのEGR制限パーツ販売開始 初期型 アテンザ CX-5  | 中村屋 EcoCpu BLOG - […] った、燃費が落ちてしまったアテンザやCX-5の2.2Lディー…
  2. 古くなって詰まってきたDPFや吸気システムのカーボンを安く取る | 中村屋 EcoCpu BLOG - […] 、改善されます そして、どうしてここの部分が特に詰まっている…
  3. アテンザ&アクセラ2.2D ディーゼルのアースが細いよね | 中村屋 EcoCpu BLOG - […] もちろん、エンジンのシリンダーヘッド周り,カーボンの発生プロ…
  4. アテンザ&CX-5&アクセラ2.2D ディーゼルのアースが細いよね | 中村屋 EcoCpu BLOG - […] もちろん、エンジンのシリンダーヘッド周り,カーボンの発生プロ…
  5. EV ロータリーと、ディーゼルエンジン | 中村屋 EcoCpu BLOG - […] REエンジンを搭載するRX-7のように修理方法や改善方法が、…

More Post

かようびから現場は

エンジン交換に入りました。 なぜか、3羽ガラスのように。。。 一台の仕事を3人で。 だから、、、2日目にはもう乗っていて その場にあるはずのおろしたエンジンも片づけられている...

お便りインプレ

6/23 YouTube開始まで

日(s)

:

時間(s)

:

分)

:

(S)

最近のコメント

カテゴリー(スクロール可)

EcoCPU

FD3S不調 新たなる要因

FD3Sのアイドル不調において最近起こり始めた新たな現象を解決できたのでここに記載しておく。...

予約カレンダー

FD3S FC3S

FD3S不調 新たなる要因

FD3Sのアイドル不調において最近起こり始めた新たな現象を解決できたのでここに記載しておく。  FD3Sアイドリング不調は前期や後期に限らずスロットルセンサー不調やダイアグコードで拾うことが多いが56番を発することでレモンバルブやACV等の交換を行う事で改善できた。...

インタークーラーを交換したら

馬力が上がりませんでした..  内容は長編で、十分見ごたえのある内容です。  業界を震撼させる内容です。  また、RECHARGEの超高速吸気温度センサーしか、選択肢が無いと言える内容です  センサー開発にはロボット工学や電子工学で有名な〇田製作所の機材で十分テストして作りこまれており、最速の測定時間を誇るエレメントを使用しています。...

実際の吸気温度

データーを見返すと、 `とても興味深いデーターも取れた。(この画面では3つも打ったからややこしくなりすぎるので表示してないけどね) サージタンクの中で起こる乱流は時速数百キロを超える高温、高圧なのだ。  見たいでしょー  そこで、今後、それらデーターのログも表示させることにしよう。  もちろん、純正吸気温度センサーとの比較も行ってゆこう。 ただ、ここで一つ言い訳して謝っておくべきことがある。...

ARCインタークーラー

カーボンインテークで馬力が上がるのか?シャーシダイナモで検証してみました。一番難しいポイントはパーツ変更によるブーストの変化です . 予告編ですが、シャシダイナモでの注意点もあります。3分ほどですので気軽に見てください。  本編を見逃さないように、チャンネル登録と   高い評価よろしくお願いいしまーーーす。   、動画を作るモチベーション維持の為に   、よろしくお願いします。 。応援してねー...

ARC インタークーラー

取り付け動画です 吸気温度の低下は馬力の向上だけではなく、エンジンやタービンの寿命にも影響します。言い換えればそんなにアクセル開けて走らない人でも、交換する理由になります。...

FD3S不調 新たなる要因

FD3Sのアイドル不調において最近起こり始めた新たな現象を解決できたのでここに記載しておく。...