たとえ、寿命が迫ろうとも・・・(ナラシの方法)

執筆者 | 6月 5, 2014 | エンジン、ナラシ方法 | 5 コメント

> 中村屋さま、こんにちは
>
> 岩手の@@です。
> EcoCpuありがとうございました。
>
> 信じられないぐらい、トルクを感じます。
> ブーストはソレノイドにエラーがあるので、オーバーホール後にかけて見ます。
> それで、オーバーホール後のラッピング?慣らしかたをよろしければ、教えて頂けないでしょうか?
エンジンはマツダのリビルトが手に入るはずだ
それには初期圧縮表が必ず付いてくるから受け取ろう。
後に問題になったときに、この表があれば解決のキーになるはずだ。
20年選手の7、
どこか、一個は確実なものを与えておくべきだ。
。。。。。。。エンジンの産声、ナラシの方法だ。
どんだけ、技術が進んでもこの方法だけは変わらない
エンジンをOHに出して帰ってきたら、、、

0kー1000km。2500回転以下、負圧で。0まで上げない

オイルと、オイルエレメント交換
1000km-3000km。3000回転以下。0ブーストまで。
オイルとプラグ交換
3000km-5000km。3000回転以下、0.3kg以下。たまに、0.5k
オイル交換、セッティングするならプラグも新品で行こう!

。。。。。。。。。。

エンジンの慣らし方法 の極意

10万km以上、を目指すなら間違いない
3000kmでOKという所もあるが実際に圧縮は5000kmまで上がり続ける。
まず、最高圧縮まで届いてからスタートだ、それ以降は下がるだけなんだ。
まずは距離を稼いで、圧縮9.0以上にまであがってからよ
だって、スタート圧縮は高いほうがいいに決まってる
006

エンジンで一番気になるのは?
アペックスシール、またローターの汚れだよね?
そのローターの汚れは、防止も出来るし、洗浄もできるんだが
そもそも、10万kmで作動不良レベルまでアペックスシールは磨耗しないんだ。
。。。
上の細いほうが14万km400馬力仕様で磨耗したアペ
下が6万km、オーバーヒートで分解したアペ。
下のほうは純正と比べて、0.2mmも磨耗してない。
当然、たった3000kmで当たりが付くとは思えない。
p17-300x225

5 コメント

  1. 小野寺

    オーバーホール後の慣らしは純正マフラー/柿本砲弾マフラーで5000km走行後の最高圧縮に差は出るでしょうか?
    慣らし後にブーストバンバンかけるような走りなら影響があってもあまり踏まなければ(町乗り程度)気にしなくとも大丈夫?※スロセン意外のセンサー/宇宙船、レモンバルブは新品 純正ECU 新品RE雨宮エアポンプ付きキャタライザー

    返信する
  2. 店主

    圧縮に差が出るとおもいますよ。排気の話は砲弾マフラーの章をご覧ください。興味が出るはずです。

    返信する
  3. 竹内啓浩

    中村屋さま、初めてメール致します。
    当方、fc3sで、購入ショップさんにて、評判が良いとのことで、ナイトスポーツさんのリビルトエンジン、補器類類を組んでもらい、現在慣らしを行っております。慣らしが終わった時点で、中村屋さんのコンピュータを入れようとしております。
    ロータリーの慣らしを検索したところ、こちらのblogに辿り着かす、1000kmまで、ノンブースト3000回転、1000km超えて➕250km付近までは、ノンブースト3500回転まででいたところ、こちら様のブログを見て、昨日から、3000回転、ちょっとブーストをかけることに切り替えました。このまま継続で中村屋さんのblog通りで慣らしをして行きたいと思います。それで、よろしいでしょうか? あと、慣らしが終わってからは、エンジン、タービンのことは気にせず、全開走行で走ってしまって良いのでしょうか?徐々の段階は必要?
    また、慣らしが終わってからとは、言ったものの、いま、こちら様のコンピュータに急に切り替えた方が良いのでしょうか?
    慣らし途中からでも、純正コンピュータより、うちの方でやったほうが、今後の為には良いよとの回答であれば、即時対応していきたいと思います。ご回答のほどよろしくお願いします。
    仕様としては、ナイトスポーツ中間パイプ、スポーツ触媒、マフラーは、マツダスピードが入っております。

    返信する
    • 店主

      現在FC3sのコンピューターは持ち込んでからの対応としております。あまりに古すぎるのと、電子パーツの劣化が激しい為です。

      返信する
      • 竹内啓浩

        早々にありがとうござます。
        埼玉県県北なので、遠いですが、慣らしが終わったら、伺いたいと思います。その際は、よろしくお願いします。

        返信する

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

More Post

お便りインプレ

6/23 YouTube開始まで

日(s)

:

時間(s)

:

分)

:

(S)

カテゴリー(スクロール可)

FD3S FC3S

本日のロータリーエンジン(調整中編2)

ヒートガンで温めて~~ 段ボールで熱が逃げないように工夫したり・・・ オイルパンをゴリさんがいつの間にか取り付けて ゴリさんお手製のスパナさん、、、カニスプーンさんですな ここで登場カニスプーーン型スパナでノックセンサーを交換しました。...

ロータリーエンジンおろしてます。(調整中編)

ダイヤルゲージ取り付けて調整中でございます。 取付位置をこのあたりかと、目星をつけて・・・ ピタッと当てて えい!っとゴリさんに揺すっていただきこの振れ幅・・・最後は弊社の神がサクッと仕上げてましたが 締め付け具合の遊びが大事(0.1) フロントのステーショナリーギヤ 先ほどの写真の反対側...

FDの燃料タンク、見たことある人は少数だと思います~~

FDの燃料タンク取り外し中~ 上のタンクが新品で、右側に取り外し後のタンクです 見た目は少しクスミがありますね タンク内部底画像です、何やら沈んでいるのが見えますね~ 取り外した 内部の状況です、横面にまさかの・・・・ こちらは新品のタンク内部です、美しい~♪ この中にたっぷりハイオクを流し込みたいですね~ 取り外した後、サクッと取り付けてしまいました。...

近日公開予定です。

取り付け前 取り付け後 別アングル拡大 効果や価格の方確認中でございますの。 先駆けてブログのみの公開となっております。水面下でイロイロ進んでおりますので YouTubeやブログをお時間あるときは要チェックの方よろしくお願いいたします~ 遊びに来られた時には、生で面白いものが見れるかもしれませんね~...

中古車情報

〜FD3S情報〜

止むなく手放されるFD、再掲ですが下記リンクより車両情報ページの店長ブログにいけますー...