そもそもの、ACV交換に至るきっかけは、メタル触媒だった

執筆者 | 5月 16, 2016 | AVCバルブの分解, パーツフェニックス計画 | コメント0件

なぜ?ACVの交換が今必要か?と至った経緯を客観的に流れを書いておこう
ここ数年、後期FDでメタル触媒への交換車両で車検が通らない相談が出てきていた
そう、メタルの触媒より純正触媒のほうが抜けは悪いが、その分古くなっても性能低下が少なく浄化率だけは高い

と、その前に、前期後期で排気ガスの基準値が違う。

排気ガス規制一覧

FD3S 1-4型 CO 4.5% HC 1200ppm 
GFD3S 5-6型 CO 1% HC 300ppm

前期に比べて5型以降は ガス検査の値は4倍厳しくなっているわけだ。

で、メタル触媒を買って2回目、3回目になると5型以降では車検が通らなくなってきていた
特に顕著なのが中古車で買った走行7万㎞台のFD3Sの5型、また新車で乗ってるけど12万㎞を超えてる5型以降の車両にメタル触媒を付けたら2回目あたりの車検では車検でのガス検の値がぎりぎりになってるという情報。

ここでメタル触媒を外してその時だけノーマル触媒を使うとガス検がまだ通りやすいレベルまで浄化されるという現実もあって ”ああ、メタル触媒って効率重視だから内部ガスの滞在時間が短く、古くなほどガスの浄化率は抜けが悪い純正より劣る、だからメタル触媒の浄化率の低下は純正よりも早い。という認識が自然に高まってきた。(現実に7,8年前の古い製品では10万㎞も使うとメタル触媒も内部が割れたり、セル抜けが起っていたからね)

ところがだ、2回目、3回目(4~6年) で通らなくなるというのも10万円以上の出費に見合わないとも感じる違和感を得る事になるのだが、これはこれでチューニングパーツだから仕方がないな、という認識にもなり得、音量規制の問題もあるので大原さん所の触媒を勧めるようにもなってきたわけだ。

これがある時、転機を迎える。

IMG_2911

圧縮が戻らない、もしくは製造後17年も経つ5型FD3Sの温間再始動不良に端を発するACVの故障。原因解明、ACVの経年劣化故障によって交換車両が増えてきたわけだ。で、11万㎞走行6型でACVを変えたユーザーから連絡を受ける。
”車検を受けたらガス検の項目、前回ぎりぎりで今年は危ないかーと思っていた古いメタル触媒が見事よみがえって、Co1%どころか、ほぼ0、HCも300ppmどころか、これもほぼ20-50ppmというレベルまで収束されたというのだ。

で、決定打が6型で古いメタル触媒だと車検が通らず、中村屋お勧めのメタル触媒に変えても微妙に通らす、結局、、純正触媒を中村屋で借りれませんか?という・・・・・まあ、厚かましいというか、wまーいろいろ相談があるんだうちは・・mmm、、で、その人に”ACVを交換”してみてと連絡をしたところ

”ええ、すでに注文してた分がようやく届いて持ってるんで”

という返事。

ンじゃー変えてみてよー!!と、
メールで返信したところ、、

 見事通りましたー、と、、ビンゴ。

 ACVの交換は10万mを超えたG―FD の必携アイテム(理由はリンク先参照)になりつつある

特にむき出しを付けていたとか、フルマフラーをつけていて2次エアにはメクラを付けていたとか社外エアクリーナーBOXがついてる、また昔ついてた車両(リンク先のオリフィスが入ってるとかの問題も含み)にとって朗報になるだろう。(よほどのサイドポートでないかぎりACV、レモン、宇宙船バルブが正常なら5型以降でも車検通ります)

あなたの買って2,3年のメタル触媒、割れてない、詰まってないならまだ使えるんじゃないでしょうか?チューニングしてるから濃いとかじゃなくて、ACVが原因ならいくら燃料を絞っても新品触媒を買っても無駄になりますよ。

7が古いから車検が通らない、基準値に届かない・・・というのではだめ。僕らはまだあと10年以上乗るんだ。乗るんだからもっとその劣化や故障のメカニズムを解明、逆にとれば「7にありがちだ」、と言われ続けてる数多くの故障を、”避ける、予防する事ができる”という事なんだよ。それが整備士の使命なんだ。整備士は救命士と一緒なんだ、部品の交換屋じゃねえ。俺たち整備士も7のファンなんだ。

0コメント

トラックバック / ピンバック

  1. 大号令!マツダ、並びに関連会社の人へ | 中村屋 EcoCpu BLOG - […] 5型以降に生産されたFD3Sが新法規制によって、15年を迎え…
  2. RX-7の部品提供に、大きな前進 | 中村屋 EcoCpu BLOG - […] ACVバルブの欠品、宇宙船バルブの欠品の2つは5型以降のRX…

More Post

煤清掃費用改定

ホームページホームで価格の変更記載してありますが この度本日よりご予約いただきます煤清掃作業の価格が変わります すでにご予約いただいている方は従来費用にて作業いたします...

お便りインプレ

6/23 YouTube開始まで

日(s)

:

時間(s)

:

分)

:

(S)

最近のコメント

カテゴリー(スクロール可)

EcoCPU

予約カレンダー

FD3S FC3S

中々の状態で

スギちゃんですー 久しぶりに出くわしました初見なFDでECOCPU書き換え前の点検での衝撃な状態・・・ オークションで手に入れたECOCPU Vの書き換えでのご来店で 各部点検をしていると・・・ よくあるセットでいつも通りにラジエーターが劣化していたりデフマウントが漏れてるとかリアアームのガタにパイピングの向きがおかしいとか後期FDあるあるなバキュームユニット不良が見受けられ...

サーモパイプ入荷です!

スギちゃんよりお知らせですー しばし売り切れて欠品していたFC用サーモスタットパイプがついに入荷しました! https://shop.legend-car.jp/products/fc3sthermostatpipe#ProductMediaGroup-product-template...

必須だけど、高い!?

スギちゃんです〜 4月 といえば純正部品が値上がりする時期で 今回も7の部品が値上がりがー エンジンの調子を維持するのに必須のメタリングオイルポンプこと通称メタポン 残念ですが今回の値上がりからは逃れられず 約13万とまあ高額部品に 無交換でも後期FDなら時々エラーが出て交換になることもありますが大多数はエラーも出ずにひとまずは動いているかと FCや前期FDだと経年劣化での寿命が・・・...

ARCへのセンサー取付

スギちゃんですー 今回はFD用のARCラジエーターへの車載状態での水温センサーの取付についてを RECHARGE製ARCラジエーターに変えてましたが社外メーターを取付される際にホースアダプターにて水温がとられていたので移設ですー というかこの方法なのでやっぱり漏れてきてる・・・ どうしてもそのうちバンドがくいこむのでしょうがないですが...

触媒入荷!!

スギちゃんですー お待たせしました、遂に再入荷しましたよー FD用のキャタライザー(^^)/ 純正フロントパイプにも合う70Φに 純正よりも!?しっかり静かになる大容量のサイレンサー 勿論軽量化もです(笑) https://shop.legend-car.jp/products/fd3s_catalyzer?variant=39947810734143 売り切れていた後期用も在庫復活です!...

中古車情報

〜FD3S情報〜

止むなく手放されるFD、再掲ですが下記リンクより車両情報ページの店長ブログにいけますー...