FD3S 新品タービン到着

執筆者 | 1月 28, 2021 | 新製品情報, 純正ツインターボ価格 | 2 コメント

マツダで販売してるターボチャージャーの値段上昇に伴い60万円を超える価格になった純正タービンの購入が決めきれない方もいると思います。

OHをするとは言え、20年、もしくはそれを超えているのでカートリッジに熱変形がありベアリングを交換したり、クラックを溶接してひずみを取ってOHしても、オイル漏れが止まらなかったりと今後も入手するのが金額的に厳しい商品の一つです。

そこでRECHARGEとガレージスターフィールドでは265馬力の純正タービン(N3C1)の新品販売を450000円で行うことにしました。(各種タービンを扱ってるGCG社経由で限定30個)

もちろん、280 馬力より数値的には目がかすむかもしれません、しかしそれには理由があります。

前期に使用されているターボは表記馬力が少ないものの、ターボサイズは280馬力モデルのターボより大きく作られてします。よってこのN3C1タービンは同じ条件200馬力で使用するなら、ターボベアリング回転数と排圧が抑えられターボやエンジンにかかる負担は小さくなるというメリットがあります。

オーバーホールという選択肢がありますが、必ず新品と同じ状態に戻るわけではありません。

 センターカートリッジが再使用されるからです。

280Psタービンがオーバーホールをしても早期にオイル漏れを起こす理由の一つとして、ターボサイズが小さい分高回転で回らなければ加給圧が発生しないということもあります。その高回転で回ったぶん、熱膨張で歪んだセンターカートリッジにはベアリングシャフトの入る溝のオフセットやカートリッジの膨張が起こります。

 10年20年と蓄積された熱によるカートリッジが歪んで、タービンシャフトの中心がベアリングにうまく通らない状態です。

 ベアリングの交換や、シャフトのひずみがの修正をしてバランスをとったのに、新品よりリビルトタービンの方が圧倒的に寿命が短いのはFD3Sの場合シーケンシャルツインという熱が溜まる構造上、避けることが出来ないこうぞうだからです。

 

見た目も違います。コンプレッサーホイルがCリング式です。265馬力タービンには280馬力モデルに使われるコンプレッサーホイルの周りにある、黒いシール(アブレダブレ)はありません。

センターコアカートリッジも耐久性の高い純正と同じカーボンオイルシールをF&Rタービンそれぞれに使用しています。

もちろん、このタービンは純正を作ってる日立製です。

マツダ品番ではない点を除いてすべて同じす。

限定数30個です。去年の価格改定前に買いそびれてしまった方はこのチャンスをお見逃しくなく。

購入はRECHARGEの通販ページから限定15個まで、またはガレージスターフィールドから限定で15個、まで購入できます。

現在RECHARGEの通販サイトでは3個在庫しております(次の入荷は3月)が、3月から正式販売となるのでガレージスターフィールドでなら3月分を今から電話予約できるはずです。

2 コメント

  1. さいたまの45歳の整備士

    ARCのインタークーラー届きました!

    取り付けが楽しみですが、今度はクラッチマスターが漏れてるのでまたちょっと先になりそうです。

    265タービンも欲しいのですが資金が足りず、、、

    今回は指をくわえてちょっと我慢します、、、

    返信する
    • 店主

      超絶のインタークーラーです。取り付けボルトも貫通式ではない為にオイル漏れも起こしません。
      今回の265psタービンは、オイルにじみの不安を抱かないように価格を抑えながらも内部の部品やシールも含め、箱以外完全に純正です。残数が10を切ったので売り切れたらお許しくださいー。

      返信する

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

More Post

お便りインプレ

6/23 YouTube開始まで

日(s)

:

時間(s)

:

分)

:

(S)

カテゴリー

EcoCPU

シャーシダイナモ

予約カレンダー

FD3S FC3S

あなたにぴったりの‘カラーは?(IphoneのCM風に読んで)

Rx-7 史上最高にポップなシートを用意しましたあなたにぴったりのシートカラーを選んでください。 圧倒的にエキサイティングなシート。先進的なデュアルクッションシステム。どんなシートよりも頑丈なAlcantara どこでも手に入るカラーではありません、最新の静粛性能を、あなただけの手に。 色あざやかで美しいく、そのすべてを詰め込んだ完全に新しいスマイルを提供します4つの魅力的なカラーでどうぞ。...

新品シートが現れた(スライム風に読んで)

もはや手に入らなくなったFD3Sのシート どっちが新品か?わかりますか? なんとこれ、マツダの最新シート生地を張った試作品なのです。  使ってるアルカンターラを始めこれらの生地は当然メーカーでの耐火摩耗試験済み。 この生地だけでも欲しい!という方がいるかもしれませんね。...

ヒーターコアから冷却水が漏れた

FD3Sのあるある修理の一つです。前期よりも後期のほうが多い症状の一つです。 これが漏れちゃうと、ダッシュボードを下すしか方法がありません もちろん、ユーザーの目の前で降ろしてしまいます。...

GCG sports turbo

効率の高いターボは燃費も上がるって知っていますか?回転数が低いときは単なる空気抵抗と排気抵抗にしかならないのが昭和設計のturboです。 左が純正、右がRECHARGE/GCGスポーツタービンです。下取り加工なのでオリフィスが入ってない状態ですので組み替えてください。 取り付けは純正と全く同じ方法で無加工で取り付けできて車検も安心。(ただしEcoCpuによる書き換えが必要です)...

250psだよ、夏場は。

GCGスポーツタービンのセッティング 暑い時期だけにエンジンは守らなきゃならない。...