10万km走行のエンジン カーボンの発生量とは?

執筆者 | 12月 28, 2012 | アペックスシール, よみがえる圧縮 | 4 コメント

新車から10万kmEcoCpuで360ps
岡山国際をはじめ、多くのサーキット走行会60回を走りきったエンジン

 最終的にはエンジンはブローすることなく、
 本体ショートを譲り受けたあっちゃんによる、エンジンOHとなった
 何度もよみがえってきた圧縮ではあるが、それもフィードバックのおかげだろう

何度か?よみがえってはいるがその理由を推察するには興味深い結果があるはずだ

圧縮が低い状態=カーボンによるシールの動き不良ではないか?

 その証明がこの写真

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 ローターアップすると、10万km走りきったエンジンとしては異例のクリーンさ
 REは、普通もっと汚い。この写真に言いがかりをつけるならほかの部分だろう。
 ローターに堆積されたカーボン量はまるで5万kmのエンジンをあけたようだ

とはいえ、使ってるオイルも95%純正。スピードマスターを走行会で数度
普段乗りや通勤やドライブ、峠、カウントしてないジムカーナーは純正オイルだ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 

フィードバックされているプライマリーインジェクター側のローターは側面含めきれいだ
反対のセカンダリー側においては噴射される領域ではフィードバックしないので
ローター半分が汚れが多く残る、(かといっても普通に薄い量なのですぐに取れる)
FD3SのようにP側からSインジェクターの切り替えが早いとローターの両サイドはクリーンに保たれる
反対に切り替えの遅いFC3Sの場合、S側の噴射ポイントを引き下げることにより寿命や圧縮を
長期間規定に保つことができる。(FC用EcoCpu対策のひとつ)

 で、問題のサイドシールやコーナーシールの飛び出し量がこの写真

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 とてもよい状態だとおおもう.10万kmで常識とされてるシールの張り付きは皆無だ
 これがブーストUPせず、320ps近辺なら・・・もっと磨耗や汚れも少なかっただろう
 360Psごとき走行会ならそれほど気にしなくてもカーボンは貯まらない。
 カーボンが溜まる、溜まるという理由をオイルのせいにしてはいないか?
  
  REの大敵、、カーボン・・・・。

  導き出される考察として フィードバックゾーンの入り方、その頻度や
  エンジンのマネージメントのシステムで大きくカーボンの体積量は変わり
  圧縮が下がるのは異物がシールの動きを悪くして圧縮を下げている事が推測
できる
  果ては、エンジンの寿命に繋がってると立証できる例だろう。

驚愕の事実、10万km使用したアペックスシールはほとんど磨耗していない
下の写真のように、新品と見比べても摩耗してない。高さも変わってない
実測したら、、、、0.3mmしか摩耗してなかったんだ。

 純正エアクリーナーボックス使うと、摩耗しない事がわかる。
吸入抵抗があるとおもうだろ?
むき出しよりはあるさ、あるけれどこの摩耗量だ
それほどむき出しと比べて集塵性能に差が出てるという事。

 この領域の馬力では、摩耗しないんだろうね

特にこだわる記述は、特別なオイルを使用していない事
中村屋ではよほどの理由(タービン交換等の馬力)がない限り、純正オイル
過去に分解したT-78サイドポートや400ps仕様での比較も参考にしてほしい

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 だれだ?ライトチューン6,7万kmでアペが摩耗して折れるとか言うやつは?
 雑誌に書いてある通りに作れば、雑誌と同じ結果が得られるだろうが

 雑誌の通説や推測の領域を超えて、実績としてこのエンジンは

   単なるアタリエンジンだったと断言してしまうのか?それとも
   オカルトコンピューターのおかげだとでも言うのか?

・・・   それよりも、

必勝の理由を探し出すほうが楽じゃないのか?
ここの読者を洗脳するオカルト宗教中村屋でもいいが

 結果を重ね数を増やすと、オカルトの域をはみ出してしまうだろう。

      

4 コメント

  1. メット屋900F

    これってあのエンジン?

    返信する
  2. nakamura

    そう、H11年青7新車からのエンジンw

    返信する
  3. masao

    何で何ともないのにオーバーホールするのでしょうか?

    返信する
  4. nakamura

    リンク先に理由がありますが圧縮がそろそろという時期だったのです

    で、実は、このエンジンの摩耗具合が見たかったとうのもあるw

    返信する

トラックバック / ピンバック

  1. 素人が、サイドポートエンジンを組む 3 | 中村屋 EcoCpu BLOG - […]    ちなみに、コレが中村屋でメンテしてた10万km走ったエ…
  2. アペックスシールは磨耗しない | 中村屋 EcoCpu BLOG - […] トータル10万km走っても、この状態 6,7万kmでアペが磨…
  3. 空燃比フィードバックゾーン走行 | 中村屋 EcoCpu BLOG - […]    このエンジン、アペックスシールが0.3mmしか摩耗して…
  4. 排気ガス抑制装置って、なんだ?9 | 中村屋 EcoCpu BLOG - […] ロータリーエンジンで制御とハードが成り立つと 10万㎞を超え…
  5. 排気ガス抑制装置って、なんだ?10 風説の盲点 | 中村屋 EcoCpu BLOG - […]  実際に、サーキット使用10万km、純正オイル使用で中村屋で…
  6. 必ずRX-7の寿命を下げるパーツがある | 中村屋 EcoCpu BLOG - […] 買ったおとうさん。 最後のスポーツカーはRX-7だな、と思っ…
  7. 工具ゼロ!!誰でもできるエンジン洗浄!! | 中村屋 EcoCpu BLOG - […] 以下の写真のアペックスシールは右は新品ですが、左は10万km…
  8. 工具ゼロ!!誰でもできる圧縮の回復術 | 中村屋 EcoCpu BLOG - […] えるといわれておりますが・・・以下の写真のアペックスシールは…
  9. ロータリーエンジンの圧縮を維持する為に、なぜ距離が短くても圧縮が低いのか? | 中村屋 EcoCpu BLOG - […] ㎞以下という距離の短いRX-7の圧縮にも大きく影響しているの…
  10. マツダリビルトエンジン、アペックスシールの摩耗量と考察力 | RECHARGE - […]  これは過去に分解したら摩耗量が0.3㎜だった記述に比べ一見…

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

More Post

本日の朝一はCX8様でした。(92,000㎞オーバー)

薄い煤の膜がございますね~、つつけばカリカリでした キレイに仕上げさせてもらいました。 インテークマニホールド洗浄前となります。そこそこカリカリの煤がモリモリといらっしゃいますね...

お便りインプレ

FD3S FC3S

本日のロータリーエンジン(調整中編2)

ヒートガンで温めて~~ 段ボールで熱が逃げないように工夫したり・・・ オイルパンをゴリさんがいつの間にか取り付けて ゴリさんお手製のスパナさん、、、カニスプーンさんですな ここで登場カニスプーーン型スパナでノックセンサーを交換しました。...

ロータリーエンジンおろしてます。(調整中編)

ダイヤルゲージ取り付けて調整中でございます。 取付位置をこのあたりかと、目星をつけて・・・ ピタッと当てて えい!っとゴリさんに揺すっていただきこの振れ幅・・・最後は弊社の神がサクッと仕上げてましたが 締め付け具合の遊びが大事(0.1) フロントのステーショナリーギヤ 先ほどの写真の反対側...

FDの燃料タンク、見たことある人は少数だと思います~~

FDの燃料タンク取り外し中~ 上のタンクが新品で、右側に取り外し後のタンクです 見た目は少しクスミがありますね タンク内部底画像です、何やら沈んでいるのが見えますね~ 取り外した 内部の状況です、横面にまさかの・・・・ こちらは新品のタンク内部です、美しい~♪ この中にたっぷりハイオクを流し込みたいですね~ 取り外した後、サクッと取り付けてしまいました。...

近日公開予定です。

取り付け前 取り付け後 別アングル拡大 効果や価格の方確認中でございますの。 先駆けてブログのみの公開となっております。水面下でイロイロ進んでおりますので YouTubeやブログをお時間あるときは要チェックの方よろしくお願いいたします~ 遊びに来られた時には、生で面白いものが見れるかもしれませんね~...

中古車情報

〜FD3S情報〜

止むなく手放されるFD、再掲ですが下記リンクより車両情報ページの店長ブログにいけますー...