インジェクター ポンプ

執筆者 | 2月 25, 2015 | インジェクター | コメント0件

ホーム » blog » EcoCpu » FD3S » 燃料MAP » インジェクター » インジェクター ポンプ

劣化すると、、、というか、、ほぼ。劣化してるが
インジェクター以外に、忘れてはいけないものがプレッシャーレギュレータ
燃料の圧力を自動的に一定にするパーツ
flow_big
 通常、インレットマニホールド内部圧力に対して2.55kg/c㎡
 ブーストが1.0kg/c㎡かかってるときには3.55kg/c㎡に増える
 圧力が低いと仮に550ccのインジェクターでも規定値未満になるからだ
社外品という手も確かにあるが、恐ろしいほどの耐久性が必要なパーツで
6万kmとかじゃー全然へこたれない、10~20万km、もしくは10年~20年以上という
純正レベルで圧力を制御できる社外品は見たことがない。
理由は、簡単、社外の調整式にはアジャストスクリューがついてて
これが摩耗しやすい、またちょっと触っただけで、変化が多く使用してると
2,3年でズれちゃう=再セッティングの図式になってしまう
function_a
使う用途としては、FDなら450ps以上のハイチューン仕様
(純正IJと純正レギュレターがニスモポンプで出せる最大値まで)
ま、一般的にサイドポート500psクラスになるとこれ以外選択肢がない
ま、、これらをポンプ等、セットで交換すると27万という高額にもなりうるわけだが
かといって、これを避ける事ができるか?というと。。。
 距離を延ばさない、、、だけではなく、
 できるなら毎月一度は距離を稼いで乗ってやるほうが防いでくれるとはおもう。、、、、
  セッティング経験上、距離と年数が1年x0.5~1万kぐらいが調子がよい
  反対に。。。
  15年で3万kmとかの低走行の場合、は、、
  25年で5万kmとか、、、は特に。。
   保存状態にあったことが想像でき
   保存時、数か月に数年に及ぶと
   ガソリンが乾いて、、詰まりに至る事もある。
20130414DSCF6232
  こうなると、、、洗浄というより交換がベスト
  見えるだけで、、ありがたく踏ん切りがつくだろ?
  MAPを増やしてもほかの燃料ラインやさきほどのレギュレターの
  作動不良もあって、ちゃんとフケない。
  見える部分でOKでも見えない所も、詰まってる可能性もあり
   書き換えで対応する以前の問題になるんだ。

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ

カテゴリー