ダイアグチェック&アイドル調整方法改訂版

執筆者 | 6月 9, 2010 | ダイアグチェック | 4 コメント

ホーム » blog » EcoCpu » FD3S » ダイアグチェック » ダイアグチェック&アイドル調整方法改訂版

チェック方法等、ダイアグコード表の記載を詳細にしてます

せめて半年に一度は実行していただきたいところです
昨日の質問者の場合、こちらの指示したとおり

トラブルをこのページ内容で自ら探り当て、自己解決できたとメールを頂いています

めんどくさい、とかいわず・・・我々の7は既に旧車なのですから==;

4 コメント

  1. atc

    ABS、AT表示異常、アイドリング調整でよくいじっています。FCよりやや簡便なコスモですが最近の車のように診断機一発というわけに行かないところが旧車ですね。 

    返信する
  2. atc

    ちょっとした不具合の多いコスモではとても重宝している機能ですね。 FCより幾らか使い勝手がよくなっていますが今時の診断機で一発検出できないところが旧車です。

    返信する
  3. 立石かんな

    あっ!以前にメールしたダイアグの件連絡つきました?

    ブログ復活させました。。。が、また脅しがありましたorz

    返信する
  4. nakamura

    コスモもFDとFC後期の中間ぐらいの機能で装備していますね、さすがプログラム上の”あいのこ”です
    かんなさんの前期の場合、ディスクモニター83というものを使います。FDと違いこのブログの方法は100%という確立では提示してこない場合があります。マツダの新型チェッカーで対応できる店舗もありますのでお近くのマツダで診断することをお勧めしますよ。と、同時に圧縮も図ってみてはどうでしょう?前期の場合O2フィードバックに入りにくくなるので燃費に多く関与しますよ。

    みんカラのほうでのHNを変えちゃうしかないよね。

    返信する

トラックバック / ピンバック

  1. ダイアグノーシスチェック方法 | 中村屋 EcoCpu BLOG - […] 示コードの参照は関連情報をクリック。 削除される可能性も高い…

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ

カテゴリー