CPU制御の応用編 1 RX-7ロムチューンで燃費 ECO CPU

執筆者 | 1月 10, 2010 | FC3S, FD3S | コメント0件

ロムチューンの話をする前にその中核となるFD3SやFC3Sのコンピュータ制御といっても多くに分類されます
現在のFD3Sではファン制御、ポンプ制御 、燃料制御、点火制御、メータリングオイルポンプ制御、アイドル制御に分かれております
ここを見る多くの人が燃料制御に拘りがちですが、トラブルの原因はそれを取り巻く補記類、センサーの誤差、経年数値変化や故障によるものがほとんどです
たとえば新車のときから燃費が異常に悪かったわけでもないはずで、新車のならし運転で長距離を走れば10近く走った経験をお持ちの方も多いと思います
FC3Sとコスモに限ってではありますが、FD3Sにも相通ずる部分が多くありますので・・・

まずは、エアフロメーターの役割とそのROM上の内容に迫って見たいと思います

エアフロメーターは皆さんの知ってのとおり吸入空気量をできるだけ正確に図るセンサーのひとつです。
エンジンによって吸入された空気で中に入ってるフタを押し広げそのフタの移動量(どれだけ押し広げたか)を可変抵抗器でCPUの基本電圧(5V)から流量に比例した電圧(0.1v~5V)に変えます、電圧はCPUに送られ、ここで初めて電圧を吸入空気量とみなせる値に変え測定時の回転数で割り算をして一回の吸入空気量を導き出します

この値は基本燃料噴射量の基本としてCPUは判断します、
またエアフロメーターで出力された電圧はメーターリングポンプや、点火時期の負荷軸のパラメータとして使われます。つまり、FC3Sではエアフロメーターをはずしたままエミュレーターで見ると点火マップの負荷軸方向に読み込むことができなくなります

つまり、エアフロメータはなんと燃料の測定だけではなく、結果点火時期やオイル噴射量にも大きく関与してることがわかります
”CPU制御の応用編ロムチューン”では、ロータリーエンジン燃費の基礎と平行して書きながら また違った角度から書いていきます
次回もエアフローメーターをかき、その次はブーストカットを書く予定です

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。

More Post

まだまだ検証が・・・

自分のFDで一踏みしたら元気になれる気がするスギちゃんです。 今回はSKY-Dのカーボン清掃ですー...

お便りインプレ

6/23 YouTube開始まで

日(s)

:

時間(s)

:

分)

:

(S)

最近のコメント

カテゴリー(スクロール可)

EcoCPU

FC3S 新作情報

ちょうど、、、壊れたんですよ、これが。。...

予約カレンダー

FD3S FC3S

FC3S 新作情報

ちょうど、、、壊れたんですよ、これが。。 https://youtu.be/Y954bBubJqQ

公開することの意味は大きい

https://youtu.be/axE6ocxuSQs エンジン組付け、やり方にはいろいろあるだろう。そしてさらに、今度はこういった作業にもユーザー立ち合いを提案してゆくことになる。  もはや、革命だな  もうこうなると、我々整備士にはごまかしなんてできなくなる。 そもそも、ごまかす気などなければ、一緒に楽しむ気でしかないから...

エンジン載せ替え、終了

走行テストも終わり、もう、今日には完成してます。 私たちの大好きなRX-7の為に出来る事を愛情をもって行います。

前期FC3S エアフロメーター修理

35年、、、12万㎞も超えてくると接点が悪くなりました。そこで禁断の修理を行ったところ目に見えてアイドリングの安定と、アイドラアップの不調を治すことに成功しました 新品に変える事が出来るなら買えたいところですが、無いものは治す。分解と洗浄、調整。...

FC3S 新作情報

ちょうど、、、壊れたんですよ、これが。。...