ロータリーエンジン燃費の基礎 4

執筆者 | 1月 10, 2010 | REエンジンの燃焼、基礎編 | コメント1件

FC3SやFD3Sの燃費は切実な問題となりました(特に20Bコスモ)
6月から180円台になるようですね

話はそれて、6年前にREMAGAZINで連載を組んでもらっていたときの写真です、いまは残念ながら発行されていませんが7マガとかぶってしまったのでしょうね

それでは引き続き

排気ガスの中に含まれる有害成分には大まかに3つの要素があります
これらすべての成分に対応する触媒を3元触媒と呼ばれております
みなさんのRX-7には必ず装着されてるはずですが、よく見るとパイプと温度センサーが横に刺さっているはずです
それぞれには役割がありパイプの中に空気を送り込んで効率的に浄化させる(スプリットエア)訳ですが、そのときに空気を送り込んだために再度燃焼が起こり温度が上がり過ぎてしまうことを感知するために設けられたのが温度センサーでこのセンサーが反応しない範囲で燃料の増減をフィードバック制御で行ってるわけです

前回の2話ではこのフィードバック制御をO2センサーで行っていると書きました
適温に触媒を保てば高い浄化率で排気ガスをコントロールすることができるとも書きましたが、ここで前記してある触媒センサーの温度範囲との2重の制御がかかっているために適温を保つには
”浄化しすぎない、O2センサーでコントロールしすぎない”と言うことがあげられてしまいます

それはなぜか?

REは高い排気温度になりがちだからです
次回はこの排気温度がなぜ上がってしまうか?
せっかくガソリンを燃やしてるのに熱を捨てる?
いかにも、効率が悪いと思いませんか?
排気温度が高いということは一体どういうことなのか?

それをお伝えしましょう
熱を回収する方法がなければ、回避策等、これらが燃焼効率の向上、燃費向上のキーワードになります

コメント1件

  1. てんだー

    ガス検査に引っかかってしまったのですが排気温度センサーの線がちぎれているのは関係していたりするでしょうか?

    返信する

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

More Post

本日のロータリーエンジン(調整中編2)

ヒートガンで温めて~~ 段ボールで熱が逃げないように工夫したり・・・ オイルパンをゴリさんがいつの間にか取り付けて ゴリさんお手製のスパナさん、、、カニスプーンさんですな...

お便りインプレ

6/23 YouTube開始まで

日(s)

:

時間(s)

:

分)

:

(S)

カテゴリー(スクロール可)

FD3S FC3S

本日のロータリーエンジン(調整中編2)

ヒートガンで温めて~~ 段ボールで熱が逃げないように工夫したり・・・ オイルパンをゴリさんがいつの間にか取り付けて ゴリさんお手製のスパナさん、、、カニスプーンさんですな ここで登場カニスプーーン型スパナでノックセンサーを交換しました。...

ロータリーエンジンおろしてます。(調整中編)

ダイヤルゲージ取り付けて調整中でございます。 取付位置をこのあたりかと、目星をつけて・・・ ピタッと当てて えい!っとゴリさんに揺すっていただきこの振れ幅・・・最後は弊社の神がサクッと仕上げてましたが 締め付け具合の遊びが大事(0.1) フロントのステーショナリーギヤ 先ほどの写真の反対側...

FDの燃料タンク、見たことある人は少数だと思います~~

FDの燃料タンク取り外し中~ 上のタンクが新品で、右側に取り外し後のタンクです 見た目は少しクスミがありますね タンク内部底画像です、何やら沈んでいるのが見えますね~ 取り外した 内部の状況です、横面にまさかの・・・・ こちらは新品のタンク内部です、美しい~♪ この中にたっぷりハイオクを流し込みたいですね~ 取り外した後、サクッと取り付けてしまいました。...

近日公開予定です。

取り付け前 取り付け後 別アングル拡大 効果や価格の方確認中でございますの。 先駆けてブログのみの公開となっております。水面下でイロイロ進んでおりますので YouTubeやブログをお時間あるときは要チェックの方よろしくお願いいたします~ 遊びに来られた時には、生で面白いものが見れるかもしれませんね~...

中古車情報

〜FD3S情報〜

止むなく手放されるFD、再掲ですが下記リンクより車両情報ページの店長ブログにいけますー...