新型 アテンザ 納車後3450km RSR Ti2000 正規版 

執筆者 | 1月 25, 2013 | ATENZA takeri Mazda6, RSR ダウンサス&車高調整 | 4 コメント

乗り心地がいいじゃないか!!!、ノーマルよりイイ!!
テスト用スプロングから、正規版になってかえってきた。
 ぱっと、乗った瞬間でわかった
 段差もシルキーだ、ノーマルのスプリングのプリロードが高すぎたのか?
 という、ドンドン感がまったく消えた!!
  道路の継ぎ目に、ドンドン、ローソンの入り口でどんどん。。特に後ろが。
  完全に消えたといっていいほどのしるきーっぷり、♪
クラウンから乗り換えたとき、
ああ、、やっぱマツダのアテンザなんだね・・・感が
あらまー最近のダウンサスって、乗り心地がよくなるのね?だ
当然、クラウンの時より適度にひき締まったコントロール性能、バランス。

スプリングの大御所だからこそが造りだすマジックといえよう!

スプリングの大御所だからこそが造りだすマジックといえよう!


  

4 コメント

  1. tetsu

    サスのみの交換ですか?車高調の交換ですか?参考のため、お教え下さい。

    返信する
    • nakamura

      こんかいは、正式版TI2000のスプリング交換です。
      スプリング交換とはいえ、デメリットが感じられませんよ。
      次回、2月中旬に車高調整キットの正式版があがってきて、装着されます。

      返信する
  2. tetsu

    サスだけでシルキーみなってしまうんですね^^
    また、車高調のレビューも楽しみにしてます。
    アテンザのCPU開発は順調ですか?

    返信する
    • nakamura

      はい、間違いなく純正より、はねません。
      純正ではプリロードで初期が硬く、中期はやわらかい感じのロールが車高が下がってロールは感じにくくなりますね

      返信する

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

More Post

本日の朝一はCX8様でした。(92,000㎞オーバー)

薄い煤の膜がございますね~、つつけばカリカリでした キレイに仕上げさせてもらいました。 インテークマニホールド洗浄前となります。そこそこカリカリの煤がモリモリといらっしゃいますね...

お便りインプレ

FD3S FC3S

本日のロータリーエンジン(調整中編2)

ヒートガンで温めて~~ 段ボールで熱が逃げないように工夫したり・・・ オイルパンをゴリさんがいつの間にか取り付けて ゴリさんお手製のスパナさん、、、カニスプーンさんですな ここで登場カニスプーーン型スパナでノックセンサーを交換しました。...

ロータリーエンジンおろしてます。(調整中編)

ダイヤルゲージ取り付けて調整中でございます。 取付位置をこのあたりかと、目星をつけて・・・ ピタッと当てて えい!っとゴリさんに揺すっていただきこの振れ幅・・・最後は弊社の神がサクッと仕上げてましたが 締め付け具合の遊びが大事(0.1) フロントのステーショナリーギヤ 先ほどの写真の反対側...

FDの燃料タンク、見たことある人は少数だと思います~~

FDの燃料タンク取り外し中~ 上のタンクが新品で、右側に取り外し後のタンクです 見た目は少しクスミがありますね タンク内部底画像です、何やら沈んでいるのが見えますね~ 取り外した 内部の状況です、横面にまさかの・・・・ こちらは新品のタンク内部です、美しい~♪ この中にたっぷりハイオクを流し込みたいですね~ 取り外した後、サクッと取り付けてしまいました。...

近日公開予定です。

取り付け前 取り付け後 別アングル拡大 効果や価格の方確認中でございますの。 先駆けてブログのみの公開となっております。水面下でイロイロ進んでおりますので YouTubeやブログをお時間あるときは要チェックの方よろしくお願いいたします~ 遊びに来られた時には、生で面白いものが見れるかもしれませんね~...

中古車情報

〜FD3S情報〜

止むなく手放されるFD、再掲ですが下記リンクより車両情報ページの店長ブログにいけますー...