フィードバックゾーン

O2センサーの故障例

O2センサーの故障例

そうめったに壊れるものでもないのだけれど、年号も変わる。 FC3Sなんか、すでに30年という月日が巡ってきてる  燃費が落ち込んできたら合図だと覚えておこう 反応速度が下がるとフィードバック時の修正が遅れる 排気ガスももちろん汚れる。...

続きを読む
工具ゼロ!!誰でもできるエンジン洗浄!!

工具ゼロ!!誰でもできるエンジン洗浄!!

エンジン洗浄、といっても誰にでもできます 一切の工具も必要ありません。 洗うといっても本体じゃなく、アペックスシールの洗浄です 添加剤?洗浄剤?ワイヤブラシ?  必要ありません。  これを一年に一度行うだけで、エンジンの寿命、延命へと繋がります 一般的にREは10万kmを超えたあたりでシールの摩耗が大きくなりOHを迎えるといわれておりますが・・・以下の写真のアペックスシールは右は新品です、が、、左は10万km走った後のアペックスシールでこの写真では高さ摩耗はほとんどありませんでした。...

続きを読む
センサーが正常なら、必ず戻ります。

センサーが正常なら、必ず戻ります。

摩耗限界に達していない限り。 約300kmほどのフィードバック走行において必ず変化します これがまったく変化が無い、下がるとかならばセンサーに異常がある証拠ですよ。 to:中村様 毎々お世話になっております。 茨城の北澤です。 先日送付頂いたEcoCPU、装着から約500km程走りまして 本日、圧縮圧力測定してみましたので報告します。 オイルは2回ともワコーズWR 10W-30使用です。 本年1月測定時 F: 8.1 8.4 8.4 R: 8.3 8.3 8.6 EcoCPU(8Bit)装着 もてぎフルコース走行-30分...

続きを読む
史上最高額、オカルトCPUの秘密!!

史上最高額、オカルトCPUの秘密!!

つm、、m、、 ついにベールを脱いだ!? この素人にも制御がわかるソフトを使って7DAYで理論的に説明します 燃費が気になる人、またEcoCpuの秘密が、、知りたい人。 フィードバックゾーンの真実を知ってみませんか? 決して、焼肉屋ではないということがわかるはずw このソフトはすごいぞ? 上下キーでアクセル開度を上下したら勝手に回転軸が上がって 急に上げると負圧も制圧側に移動するし ゆっくりあげると、徐々に負圧が変化する ROMのエミュレターのように動くんだ ターゲットがPーFCのコマンダーのように動くから面白い  ...

続きを読む
FC3S ACVとレモンバルブの交換

FC3S ACVとレモンバルブの交換

この20年間なかなかはずすことの無い部品、 あと20年乗るというので、”部品があるうちに新品”へと交換。  レモンバルブの劣化はカーボンでフィードバックが入りにくくなる  エンジンのトルク、プラグかぶり、、ギクシャク、燃費に大きく関係するんだ...

続きを読む
エアポンプ分解してみた2(フィードバックゾーンの真実)

エアポンプ分解してみた2(フィードバックゾーンの真実)

機械的作動を説明する が、その前に。。。 そもそもREには、、なぜ、エアポンプがついてるのか?レシプロにはないの? 。 。 。 はるか昔。。 そう、ここを読む君たちが小学生の頃、、、いや、幼稚園児だったかもしれないが 昭和の時代、セリカやカローラにもついていたんだよ? 二次エア供給装置と、いう。 パッシブエア供給装置は、リードバルブ方式だね 空燃比12.5(空気):1(ガソリン).g. で燃やすとトルク、馬力が出るけど 触媒の浄化性能が発揮できる空燃比(14.7:1)では無いので、燃え残った排気ガスに...

続きを読む

 RX-7ロムチューンで燃費 ECO CPU RX-7やRX-8に限らずコスモや等ロータリーエンジンの燃費 今回は冬場の燃費をCPU側からアプローチしてみましょう この一週間でめっきり寒さが厳しくなってきました と、同時に10月や11月と比べて1割ほど燃費が悪くなってるはずです 冷間暖気モードから通常モードへの移行をノーマルCPUより早しているECOCPUでさえ、これは逃れられません。...

続きを読む

燃料温度と効率 RX-7 EcoCPU RX-7 FD3SやFC3Sの燃費向上についての考察をしています 追加で質問となり、個別に返信するのですが、今回は視点がまさにSONY 2名分、箇条書きにQ&Aイキまーーす > 分かりやすい解説、どうもです。 > > で、もう一つ質問。 > > チューニング(セッティング)する際、 > 回転数、吸入空気量、吸気温度、油音、水温・・・etc > 各センサーからの様々な情報があり、それらを > 馬力やトルク・燃費等につなげると思うのですが・・・...

続きを読む

アーカイブ

カテゴリー