熱間 再始動不良

温間再始動 不良改善報告

温間再始動 不良改善報告

中村様、店長様、すぎちゃん様、受付のお姉様(お名前を伺えませんでした。。。) お世話になっております。 マツ〇(株) XXです 本日はどうもありがとうございました。お三方の華麗なチームワークによる作業、FDにまつわる話など見学させていただきありがとうございました。非常に楽しく、有意義な時間でした。帰りのSAやコンビニ、ガソリンスタンドでも以前のような再始動不良は起こらず綺麗な再始動に非常に感激しております。 往復の燃費も10.23km/Lと最高記録更新しました。中村屋様へは無給油で往復できることもわかりました(笑)...

続きを読む
熱間再始動不良のFD3S 再始動後ハンチングする!

熱間再始動不良のFD3S 再始動後ハンチングする!

メールで相談がありましたので整備士レベルなら、わかるであろう書き方でそのプロセスを書いておきます。  暑い時期に車をコンビニに停車後、5分して戻ったら、セルモーターを回してエンジンをかけるとファーストアイドルが低く、マフラーから黒煙が出る、しかし一度でもアクセルを踏み込むとアイドルが安定し始めるという症状です。  この熱間再始動時のプロセスはあらかじめメーカーが始動不良になる事を防ぐために行ったプログムで、車両が新しい間は正常に機能してどんな状態でもセルモーター一発でエンジンの始動を行ってきた優れた機能です 整備書をご覧ください...

続きを読む
消耗品の定義が違う 現物合わせ 温間再始動不良

消耗品の定義が違う 現物合わせ 温間再始動不良

これだけ美しいとうれしいよね さて、平成3年のFC3Sにもなると多くのトラブルがある もちろん多くは消耗した部品の交換で何とかなるのだけれど  27年選手にもなると消耗品の定義が違う ふつうは、オイルと、プラグだろう、Vベルトや、フィルターの交換だけだと思うよね?  実際は違う。  製造後27年にもなるとエアコンプレッサーやエアフロメーターやインジェクター、ポンプ、センサー類も入るんだ。 もちろん、ボディーのゴムのブッシュや、パワーウィンドウモーター、スイッチなんてのも、既に消耗品なんだ。...

続きを読む
FD3Sにおいて熱間、温間 再始動時 エンジンがかぶる (追補版)2

FD3Sにおいて熱間、温間 再始動時 エンジンがかぶる (追補版)2

(最近増加している症状例として) 具体的トラブルシチュエーションとしてコンビニに行って、コーヒー買ってタバコ吸って休憩後、再始動した後のラフなアイドルを起こすものの、軽くふかしたら治る、それ以外は全く問題ない  こういった症状の原因は使用出来る期間を超えたACVの故障が引き起こす症状であるとするが  これらの記事に是非追記しておくことがある...

続きを読む
追加情報 ACV 原因 中古品としての価値

追加情報 ACV 原因 中古品としての価値

え?たったこれだけ?という汚れに見えるが・・・ 5型温間再始動不良車両から外したACV。ステムシールから漏れ出した排気ガス、溜まったカーボンが見受けられる。 これは、ACVのバルブシートにあるゴムがプラスチックのように熱で硬化し、排気ガスが漏れだしたから起こるので洗浄やダイヤフラムに穴が無いからといって使えるわけではない。(洗浄してもOKだが) 中古品だとバルブシート(ゴム製)が硬化しきっているのでわざわざ中古を入れる意味合いが少ないのだ。 隙間から排気ガスが、漏れ出てしまう。 ここに漏れてる出ているカーボンは洗浄してきれいになる...

続きを読む
後期はエアポンプが壊れやすい?5型のACVを分解すると、わかった事

後期はエアポンプが壊れやすい?5型のACVを分解すると、わかった事

4型5型6型にはポート漏らしソレノイドが無い。前期ではついていたポート漏らしソレノイドはコストカット廃止されたのだがその結果として、純正部品の耐用年数が既定の10年を守ることができたものの、いまや17年目にもなるともはや前期より劣化が多くみられ、カーボン体積量が前期の倍以上にも及ぶことが分かった。 後期になったら前期のポート漏らしソレノイドはないから見分けがつく 分解して見比べると・・・ 通称レモンバルブの裏側に異常にカーボンが堆積してるのがわかる(レモンバルブは2年前に交換済) この塊は、ずばりカーボン...

続きを読む
あーーーACVが!!

あーーーACVが!!

このAVCが壊れると、いろんな症状が起こる 燃費の低下、圧縮低下、温間再始動後のアイドル不良。 14万kmはしったFDで外してみたところ・・・  なんじゃこりゃーー  曲がって、排気ガスが吹き抜けとる!!  ほんとうは、こんな感じなんだけど   重ねてみると、、、ずれてるよね  このガスケットは手に入らないから  よーく、洗浄して中古を探してくみつけた...

続きを読む
そもそも、ACVバルブが不良になると・・・エアクリーナーが!

そもそも、ACVバルブが不良になると・・・エアクリーナーが!

ACVバルブが欠品中だがそもそも、 このバルブが壊れた時に、排気ガスがエアクリーナーに還流する事は以前書いた 壊れる理由は、社外のエアクリーナーにかませるオリフィスであることも書いた かの有名なエアクリーナーでさえ、このオリフィスが邪魔をしてエアポンプで送風し冷却されるべきAVCへの風量を制限することが原因なんだが、、これでエアポンプの性能が長期的に見た時に下がってしまう(無理やり送ろうとするために機械的摩耗が促進される) 他のむき出しエアクリーナーや社外品のエアクリーナーではこんなパーツを見たことがあるだろう?...

続きを読む
AVC バルブを注文して待つ

AVC バルブを注文して待つ

現在、入荷11月予定。  FD3Sを維持するうえでぜったに必要なパーツ    今注文してマツダに再販させなきゃ、無くなっちゃう。  これが無いと、、車検は通りません。 いずれ、、もうーメーカーが部品を作ってないのであなたの7の車検は通りません、、となる。...

続きを読む
熱間、温間、再始動後のエンジン不調 FD3S

熱間、温間、再始動後のエンジン不調 FD3S

前回紹介した再始動不良、もしくは熱間始動直後のアイドル不調を対策してみた みんなのRX-7にもありがちなトラブルシチュエーションの例 コンビニに行って、トイレ、コーヒー買ってセルを回して再始動した後のアイドルが極端に低く振動も多い、かぶった症状になるが、10秒ほどで安定する。軽くふかしても治る、それ以外は全く問題ない 対象は4年式17万kmのワンオーナー7、 見た目では汚れてる程度だ・・・ 取り外したインレットマニホールド側のポートエア通路もしっかりと洗浄して ところが、交換後・・・ 一回目の熱感間再始動ー ”おー治ったーー”...

続きを読む
FD3Sにおいて熱間、温間 再始動時 エンジンがかぶる (追補版)

FD3Sにおいて熱間、温間 再始動時 エンジンがかぶる (追補版)

前回の記述”FD3S 熱間再始動不良”への追補版だ 具体的トラブルシチュエーションとしてコンビニに行って、トイレ、コーヒー買ってセルを回して再始動した後のアイドルが極端に低く振動も多い、かぶった症状になるが、10秒ほどで安定する軽くふかしても治る、それ以外は全く問題ない FD3Sのエアポンプの吸入空気取り入れや余剰空気はエアクリーナーだが純正は内部経路が分かれている(理由は後述)。とはいえ、AVCバルブが古いと、エアポンプを乗り越えて排気に混ざってるカーボンや、温度がエアクリーナーBOXを劣悪な環境に変えてしまう。...

続きを読む
FD3S FC3Sにおいて熱間、再始動時 エンジンがかぶる (サ技連風)

FD3S FC3Sにおいて熱間、再始動時 エンジンがかぶる (サ技連風)

FC3S FD3Sに乗るなら前期後期問わず、必ず訪れる症状。フルマフラーでエアポンプを停止させていたら確実にこいつが壊れ圧縮が下がったり、燃費の低下、トルクが下がる。 みんなで共有して克服しよう。熱間の再始動時振動、とダイアグコード56番だ これらを無視して20年以上、地球環境を守りつつFDに乗る事は不可能なのだから。 2015年8月15日中村屋FD3S維持部は下記改善対策を中村屋FD管理省に届出いたしました FD3Sにおいて熱間、再始動時 エンジンがかぶる 夏場のコンビニ10分停止後、再始動しようとエンジンをかけると...

続きを読む

アーカイブ

カテゴリー