北米仕様のCPU

海外モデル FD3S

海外モデル FD3S

結局、、、2日連続でプレッシャーレギュレターのホースに異常があって この車は完治したよ、思った通り。乗ったらわかる  燃料の圧力が低いと薄くなる ブーストが上がっても燃料の圧力が変化しないと圧力差が小さくなって、実噴射量が下がるんだ  多くの整備士は、、、  恐る恐る、自前工具を持ってくるよ。 ソレノイド交換や、ホース交換で治らない場合 ソレノイドに問題があるかもしれない、こういう時は直接つなぐという方法がある。...

北米仕様のRX-7にEcoCpu をいれました!

北米仕様のRX-7にEcoCpu をいれました!

昨日仕事終わってヤマト直行して、 ドンキの駐車場で取り付けて さっきまで遊んできました。 めちゃくちゃ速くなりました。 ノーマルの人は全車付けるべきですね。 滑るように走ります。 お礼メールで読む感想そのまんまなので 繰り返しになってしまいますが… 温間で交換したので北米アイドルアップが どうなってるかは確認取れてないですが 暖気後のアイドルは適正値です。 Defi読みで ブースト基本0.9最大値1.0 水温80〜90で推移 元々ブーストはFCコマンダー読みより0.1くらい高かったので、綺麗に収まってると思います。...

ならば、結構!

ならば、結構!

ミサト 海外仕様出荷! マヤ  先輩!圧力センサーのマップが侵食されて     拡張されてゆきますッ!! マヤ もう、純正値を維持できません!  海外仕様のCPU  中にはノーマルROMもはいってるから  いつでも、ノーマルと乗り比べが出来るようにした。   国内8bit仕様と違って、圧力センサーの補正域が 1.0kgまであるんだぜー  ははは、まさか!今回は初回  国内の7で始動テストOKで、ダイアグが国外の16コードが出るだけ  これは2次エアのコードのようだが、、   タダで送るから、しっかり整備して...

北米仕様のRX-7にEcoCpu をいれました!

海外仕様、FD3S が!

新しく上がってきた 動くかもしれないが、動かないかもしれないので。。  まあ、、動くとは思うけど  一度、テストで出荷することになる  で、、せっかくだから・・・...

海外DATA FD3S

海外DATA FD3S

燃料MAPや点火MAPは同じだった ただ、、興味深いことに国産前期の8Bitにはない圧力センサーのMAPが 16bitと同じく、1.0kgまで対応していた (国内入手の海外モデルはノーマルデーター待ち) 海外から送ってもらった写真番号のデーターはOK ただし、国内入手とはハードが違う、当然国産向けともちがうから  結局、そのCPUを送ってもらうしかない。 海外   国産   一番の問題は、、ボクが海外ハードに接したことが無いのと。・・・   車両、が、ココにないからデバイスの動きをシュミレートできない 今自由に出来るのは...

More Post

関東からRX-7

愛車の点検で分かった不調を一気に直しました...

お便りインプレ

6/23 YouTube開始まで

日(s)

:

時間(s)

:

分)

:

(S)

カテゴリー(スクロール可)

シャーシダイナモ

予約カレンダー

FD3S FC3S

公開することの意味は大きい

https://youtu.be/axE6ocxuSQs エンジン組付け、やり方にはいろいろあるだろう。そしてさらに、今度はこういった作業にもユーザー立ち合いを提案してゆくことになる。  もはや、革命だな  もうこうなると、我々整備士にはごまかしなんてできなくなる。 そもそも、ごまかす気などなければ、一緒に楽しむ気でしかないから...

エンジン載せ替え、終了

走行テストも終わり、もう、今日には完成してます。 私たちの大好きなRX-7の為に出来る事を愛情をもって行います。

前期FC3S エアフロメーター修理

35年、、、12万㎞も超えてくると接点が悪くなりました。そこで禁断の修理を行ったところ目に見えてアイドリングの安定と、アイドラアップの不調を治すことに成功しました 新品に変える事が出来るなら買えたいところですが、無いものは治す。分解と洗浄、調整。...

FC3S スポーツタービン

皆様 本日、愛車の仕上げありがとうございました。 中々伺える場所では無いですが、いつも暖かく迎えて頂き感謝いたします。帰りのドライブですが、ロータリーとは思えないトルクにびっくりしました。...

新品エンジン交換 コーティング

RECHAREGE  皆様へ先日は、エンジン載せ替え作業有難うございました。開封の儀、載せ替え時の立会いも楽しく、ワクワク感がとまりませんでした。エンジンを積んでいたボンネット内スペースに入り記念写真を撮るなど一生に1度できるかできないかの体験も貴重でした。 また、私自身エンジン載せ替え作業に立ち会うことで、車への理解、愛情が深まりました。...