REtron 次世代コンピューター

執筆者 | 8月 26, 2021 | ;REtron | 6 コメント

RX-7専用、次世代コンピューターのI/Fはイメージ的にはこんな感じを目指しています。

 海外製品をあなどるなかれ、日本は遅れているのです。

ユーザーが使うインターフェースは大事ですよ、やる気が出るでしょ?

血沸き肉躍る。とはこのこと、

 点火時期や噴射量、空燃比 なんでも視覚的にユーザーのハートを直撃です。

 もはやこれ見ただけで無敵になれます

さて、さて、

海外の制御はいつもポジティブですね。

REの寿命や燃費を飛躍的にあげつつ、マツダの排気ガス制御を組み合わせ最新のスペックも盛り込んでゆきます。

6 コメント

  1. mizutani

    教えてひでぽん
    RX-7が欲しいけどタマがなくて買えない人は
    次の選択肢として何がお勧めになりますか?
    新車と中古車含めてご教示頂けると嬉しいです。

    返信する
    • 店主

      買わない選択肢。いやね、中古車事業も始めようとしたんだけど今の時期じゃ仕入れもできない。350万出しても450万出してもいまやエンジンオーバーホールがセットじゃなきゃ安心して乗れない。そうなると500万円出してもまともに7に乗れないわけですよ。

      新車、中古車共に面白いのは外車。
       BMWとかぐらいしか思い浮かばないよね。

      返信する
      • あじたん

        みんな大好きベストカーの最新新車情報より、直6クーペSUVが出るとか出ないとか。これの解析ができたらRECHAGEは安泰かと。
        (以下抜粋)
        縦置き直6を搭載するラージアーキテクチャを新開発するマツダは、まずはフラッグシップサルーンを来年春に市場投入することを明らかにしている。

         当然、プラットフォームを新開発する以上、横展開による商品ラインナップを緻密に計画しており、続いて2023年前半にはSUVのCX-5がFR系プラットフォームで新開発される計画。

         さらに上級のプレミアムSUVも計画されており、これが3列シートで現在のCX-8の後継モデルとなるとともに、クーペSUVモデルも用意され、SUVラインナップをさらに強化する計画だ。

        返信する
        • 店主

          いやいや、メインの事業としてFC&FDのスタイルで行くからそれは、、、

           ただ。。。買うけどねw
           でも、、買ったら・・・

          返信する
  2. nakai

    わー。楽しみ。
    TPS=Throttle Position Sensor か。
    ログ解析が一番楽しみだったりします。
    どきどき。

    返信する
    • 店主

      燃費はもっと驚くロジックを組み込めるので楽しみにしておいてください

      返信する

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

More Post

エンジンを組みます

5000kmの慣らしを終えて、ヒーターコアも変えて、オイルとプラグを変えて現物合わせと納車準備も終わってきたのです。 そろそろ、エンジンを組む段取りです。...

お便りインプレ

6/23 YouTube開始まで

日(s)

:

時間(s)

:

分)

:

(S)

カテゴリー

シャーシダイナモ

予約カレンダー

FD3S FC3S

エンジンのオーバーホールの本当の意味は?

RX-7の中古車を買うとき、オーバーホール歴があるか?無いかでの判断基準になるだろう。ただ果たしてそのオーバーホールという言葉、エンジンブローを避けたい買い手の常識としてどのレベルでOHなのか認識しておくべきだろう。 https://youtu.be/mUWdyfNEbE0...

あなたにぴったりの‘カラーは?(IphoneのCM風に読んで)

Rx-7 史上最高にポップなシートを用意しましたあなたにぴったりのシートカラーを選んでください。 圧倒的にエキサイティングなシート。先進的なデュアルクッションシステム。どんなシートよりも頑丈なAlcantara どこでも手に入るカラーではありません、最新の静粛性能を、あなただけの手に。 色あざやかで美しいく、そのすべてを詰め込んだ完全に新しいスマイルを提供します4つの魅力的なカラーでどうぞ。...

新品シートが現れた(スライム風に読んで)

もはや手に入らなくなったFD3Sのシート どっちが新品か?わかりますか? なんとこれ、マツダの最新シート生地を張った試作品なのです。  使ってるアルカンターラを始めこれらの生地は当然メーカーでの耐火摩耗試験済み。 この生地だけでも欲しい!という方がいるかもしれませんね。...

ヒーターコアから冷却水が漏れた

FD3Sのあるある修理の一つです。前期よりも後期のほうが多い症状の一つです。 これが漏れちゃうと、ダッシュボードを下すしか方法がありません もちろん、ユーザーの目の前で降ろしてしまいます。...

GCG sports turbo

効率の高いターボは燃費も上がるって知っていますか?回転数が低いときは単なる空気抵抗と排気抵抗にしかならないのが昭和設計のturboです。 左が純正、右がRECHARGE/GCGスポーツタービンです。下取り加工なのでオリフィスが入ってない状態ですので組み替えてください。 取り付けは純正と全く同じ方法で無加工で取り付けできて車検も安心。(ただしEcoCpuによる書き換えが必要です)...