ツインターボ、オーバーシュートの要因

執筆者 | 4月 4, 2021 | 安定出力へ, 未分類 | コメント0件

ホーム » blog » 未分類 » ツインターボ、オーバーシュートの要因

プライマリーの3500以下を下げすぎたからだ

 5.~6000までしかひいてないけどこうしてみると。。

チェックグラフが使いやすいようになった!

切り替えを4000回転以下で行ってもフルサイズのマフラーのオーバーシュートが大きい、この原因はセカンダリタービンの予回転が上がりすぎていたからだ。

 答えはこれだ

P側、3500で。01はまずいわw

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ

カテゴリー

アーカイブ

カテゴリー