リビルトエンジンの圧縮

執筆者 | 10月 11, 2011 | よみがえる圧縮 | 4 コメント

リビルトエンジンの圧縮

先日の日曜日、提携のマツダでリビルトに交換した車両が初期1000kmのナラシを終え来社
トータル5000kmのナラシの初期段階での点検、圧縮でエンジンの内部変化を推測する
下回りの点検、水漏れ、オイル漏れ、チェック、オイルとエレメントの交換、圧縮測定もした

ここで、、

 メーカーリビルトを買うと必ずついてくるのが

 
  ”エンジン出荷検査表”

  エンジンを、製作後、エンジンベンチで始動テストをして結果を出す
  油もれ、水漏れ、最低油圧、最高油圧、圧縮x6

  よーく、みると、、あれま、最低が8.1しかない事に気がつくだろう
  ご安心を。

  組んだばかりの、エンジンで圧縮を測ると、
  内部に塗ったオイル等で、スキマが埋まり非常に高い圧縮が出るが

  始動テストを終えたエンジンの内部はきれいなものだ、
  が、新品のサイドハウジングを触ればわかるが、表面はざらざらなまま。
  この状態で圧縮を図ると低い、リビルトという性格上、前後に開きがあるのも事実 

,,,ただし、、、、

   47万円もの高額商品(工賃別)なだけに圧縮の値は慎重な判断が必要だ    
   顧客にとっての47万は非常に高額、工賃等を入れると軽四さえ買えるのだ

  RE専門店で手間を掛けてエンジンを組めば始動テスト後でも、もう少しばらつきは抑えられる
  ナラシ後の圧縮の値さえもバラツキが抑えられるだろうし、
   腕によってはナラシ後ALL新品なら9.5+-0.2も可能だ(エンジンがノーマルの場合)
   金額は高額ではあるが、熟練の経験を持った職人だ、価値があって当たり前
   使う器具や測定装置等、圧縮平均差等、当然支払うべき対価だとおもう。
   
  かたや、メーカーのリビルトパーツにも利点がある、まず絶対の安心。
  提携マツダなら半年の保証がつき、もしものトラブルで期間内全国引き取り代車も無料だ

エンジンのOH時に支払うトータルの額はホース等や油脂、ガスケットとうを入れると70万を超える

  もしあなたが選択するなら、

    値段もさることながら、腕前、アフターフォロー、保障等
    双方を天秤に掛けて選択すべきだ。

 ただ、

  我々ショップ側、ディーラー側に天秤という言葉はダークな言葉だ
  ここを読む人の立場によって、(ユーザーorディーラorショップ)この記事内容は見方が変わる

  ダークな言葉ではあるが、あなたがユーザーであるなら十分考慮すべきだ
  また、我々整備士は常にユーザーから信頼させる行動、作業を強いられて当然の立場であることも事実
  反対に信頼さえ勝ち取ってしまえば、ユーザーは迷うことなくあなたの店、あなただけに相談するだろう

   それを勝ち取るためには基本が重要

   、、小さなことだ。

     フェンダーカバーはしてるかい?お古で傷つけていないかい?
     顧客の7に汚れた服で乗り込んでいないかい?
     オイルで汚れた靴でマットを踏んでいないかい?

     作業は、写真をとって後の説明に活用しているかい?  
    
。。。。まさに簡単、当たり前、当然のこと。ユーザーは見ているものだ。
    が、これが基本で出来ていないと、ユーザーは不服を外で漏らすことになる
    ひと手間、掛けると時間工賃が合わないなら、時間工賃を上げるべきだ

      作業写真の有無で、手間を請求する立場、される立場、両者譲り合える。
      (中村は本人立会い作業しかしないので記録にしか過ぎないが)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 で。。。、、、メーカーリビルトの話に戻そう、

1000kmの2000rpm以下負圧走行ナラシでの圧縮はこれ。

 F

 R

まだまだ、圧縮はそろってくるだろう

 ただし、リビルトゆえFとR側で出荷と同じように圧縮に差がある
 が、たった1000kmのナラシでここまであがってきてるのだ

  ここまであがってきてるなら、この様子を見守るべきだろう
  (これが全くあがってこないとか、1以上の差があれば別)

 次回は納車後3000km,5000km時にオイル交換を行う、つまりトータル5000kmでナラシ終了としセッティングに入る。

4 コメント

  1. ぶりちゃんセブン

    うう・・。
    これ程の数値を知ると、オイラのリビルトエンジンに不安を持ちます(汗)
    もしかして、またって(爆)

    返信する
    • nakamura

      きっと、気のせいでしょうw

      返信する
  2. yuzupon

    お世話になっております。
    この結果は偶然?それとも必然?

    いずれにしても、続きのお努めを
    頑張ります。
    引き続き、よろしくお願いいたします。

    返信する
    • nakamura

      がんばって育てましょうよ、機械だからこそちゃんと応えてくれます。

      返信する

トラックバック / ピンバック

  1. その後の圧縮 - [...]  先日紹介したリビルトエンジンの圧縮 [...]

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

More Post

お便りインプレ

EcoCPU

予約カレンダー

FD3S FC3S

中々の状態で

スギちゃんですー 久しぶりに出くわしました初見なFDでECOCPU書き換え前の点検での衝撃な状態・・・ オークションで手に入れたECOCPU Vの書き換えでのご来店で 各部点検をしていると・・・ よくあるセットでいつも通りにラジエーターが劣化していたりデフマウントが漏れてるとかリアアームのガタにパイピングの向きがおかしいとか後期FDあるあるなバキュームユニット不良が見受けられ...

サーモパイプ入荷です!

スギちゃんよりお知らせですー しばし売り切れて欠品していたFC用サーモスタットパイプがついに入荷しました! https://shop.legend-car.jp/products/fc3sthermostatpipe#ProductMediaGroup-product-template...

必須だけど、高い!?

スギちゃんです〜 4月 といえば純正部品が値上がりする時期で 今回も7の部品が値上がりがー エンジンの調子を維持するのに必須のメタリングオイルポンプこと通称メタポン 残念ですが今回の値上がりからは逃れられず 約13万とまあ高額部品に 無交換でも後期FDなら時々エラーが出て交換になることもありますが大多数はエラーも出ずにひとまずは動いているかと FCや前期FDだと経年劣化での寿命が・・・...

ARCへのセンサー取付

スギちゃんですー 今回はFD用のARCラジエーターへの車載状態での水温センサーの取付についてを RECHARGE製ARCラジエーターに変えてましたが社外メーターを取付される際にホースアダプターにて水温がとられていたので移設ですー というかこの方法なのでやっぱり漏れてきてる・・・ どうしてもそのうちバンドがくいこむのでしょうがないですが...

触媒入荷!!

スギちゃんですー お待たせしました、遂に再入荷しましたよー FD用のキャタライザー(^^)/ 純正フロントパイプにも合う70Φに 純正よりも!?しっかり静かになる大容量のサイレンサー 勿論軽量化もです(笑) https://shop.legend-car.jp/products/fd3s_catalyzer?variant=39947810734143 売り切れていた後期用も在庫復活です!...

中古車情報

〜FD3S情報〜

止むなく手放されるFD、再掲ですが下記リンクより車両情報ページの店長ブログにいけますー...