よみがえった圧縮シリーズ

執筆者 | 6月 19, 2011 | よみがえる圧縮 | コメント0件

ホーム » blog » エンジン本体 » よみがえる圧縮 » よみがえった圧縮シリーズ

過去記載した、

 下がってしまった圧縮、の6型スピR

    F 8.0 7.9 8.1
    R 8.2 8.1 8.2 と、リビルトにしたにもかかわらず
     走行会を走るたびに圧縮が下がっていったEGだった

 他社有名ECUから、中村屋EcoCpuに制御を変えて
 走行会を走り、約4ヶ月たったので

そのときの書き換え前と後の比較トルクグラフ

 特に3000回転から4500回転までの
 ツイン谷間のトルク比較をしてみて欲しい
 このときは、EVCでの制御だ。

 で。。

 今朝、ブーストコントロールを改善、つまり
 EVCをはずしてEcoCPUで制御させるべく
 来店時テスト走行とチェックの為、
 全開走行を数度行い

 直後、圧縮を計ったところ。。。低い気筒側でも

 
 高いほうでは8.6 8.6 8.7まであがっていた

  で。。 今日はEVCもはずしてEcoCpuでブーストも制御するよう

   遠方からきていただいた。 
 
  Fパイプを純正に戻し

   現在0.85から0.95の間でバリアブルに制御させた
   おそらく前回より20psはおちて290ps近辺だろうが

  明らかに乗りやすくトルクも感じる事ができる
  発生馬力も大事だが、乗り手や車両の状態に応じて適材適所
  馬力を求めてエンジンを壊しては元も子もない

   過去付けていたVマウントやチューニングパーツと呼ばれるものを
   最近になってどんどん、純正にもどしてゆくのだが

     が、

       が、、

    車と一緒に歳を重ねる事もチューニングなんだよ。

0コメント

トラックバック / ピンバック

  1. 本当に還ってきた圧縮 - [...]  帰ってきた圧縮シリーズに名前を変えようか?というぐらい完治した  …

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ

カテゴリー