ブーストの管理と、、、、家族の管理

執筆者 | 11月 29, 2011 | お便り インプレ | コメント1件

借りている青空駐車場で、本日、DIYにて、P-FC → 純正Cpu 戻しを行いました。(寒かったぁ~)

狭い室内で作業しながら、20代の頃を思い出しました。
バイト先のピットに深夜こもって、自分のFCやら友人のS13、スカイラインなどをDIYして喜んでいた頃です
年齢的にも、“ピットを貸して”など、そんなおこがましいことも言えず、
FDを所有してからの3年間は、ほぼディーラーやショップまかせ。

 久々のDIYでしたが、やっぱり“やれることは自分で”ですね。

「P-FC(吊るし)→ 純正CPU戻し」

  始動性が全然ちが~う!(当たり前ですね。プラグ・スロセンも新品なのですから。)
  クランキングが短っ!ていうかP-FCが長過ぎ。
  ファーストアイドルがやや高めでしたので、少し調整しました。(DIY)
  アフターファイアー、カーバッキングもP-FC装着前より、さらに低減!
  走行フィールの確認。高速航行距離60km×2本 フィードバックゾーン走行にて。特に問題なし。

  燃費測定はしてないのでP-FCとの数値的比較はできませんが。けれど滑らか~。(これも当たり前)
  低速及び低負荷時、踏み返し時のトルク。やはり、
  純正CPU+ナイト800Tiのため細い。但しP-FC導入前にもあったガクガク症状は明らかに改善されている。
  (プラグ・スロセン、圧縮回復の儀式のおかげだな。 y^o^y )
  愛機800Tiのため、吊るしとはいえ、P-FCのほうがややトルクは上に感じた。
  (気のせい?但し、純正はやはり“滑らか~”ですよ!)

そして、これが一番書きたかった!

 “純正CPUの各種フェイルセーフにより、愛機は再び守られている!”私はオヤジ、これでいいのだ。

    が、800Tiのため、高回転はバーツ!守りきれない。

  なので、当面は踏みませんよ。8やポルシェ、Rなどに抜かれようとも。
  予算がないんですから。身の丈、身の丈、身の丈走行です。

今回の純正戻しは(エアクリからはじまりCPUの)
中村師匠の言葉を借りるなら、愛機にとっては
“デチューンではなく、れっきとしたチューン(調整、調律)であ~る!”

 私自身、人間的にも師匠の遠隔操作により
 “デチューンではなく、チューン(調整、調律)された~!”有難き幸せ、この上なし。
  P-FCを外しながら、溢れ出る涙がこらえきれず、目を真っ赤にしての作業でした。
  (理由は・・・いえいえ、わかりますよね。)

その後、走行フィール確認も兼ねて、 新潟市 の中古部品ショップに“P-FCとエアクリ”を即刻売りにいきました。
(いつまでも、ひきずってはいられない!)必要な方がまた使っていただければ。
 ただし、それ相応の知識と資金がある方に。(7乗りよ、中村屋ブログを是非、一読を・・・ヶヶヶw)

先刻、メールにも書いたように、「パーツを売った軍資金でパワーケーブルを」と考えましたが、
本日、ささやかながら、家族と外食をする資金にしました。
(もちろん全額なんて使ってませんけど。)・・・久々の家族の調律(これが一番大事)。
我が家から中村屋様までの道のり、約618.049km。(北海道や東北からみれば近いほうだ!)
 けれど、まだまだ遠い道のり。だけど、1km いや 2kmは近づけたはず・・・・。

    師匠!いつの日か、マイケルorあゆをガンガンに響かせて参上させていただきます。
    パープリッシュブルー(青紫)の愛機FDと共に

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  師匠は、ご勘弁。

  プライベートター万歳。

高年齢層には、それなりの7ライフがある
以前にも書いたが家族の理解あってこその7ライフ

 パーツで得た資金を外食にまわすことのバランスも、ハナマルです。

  知ってのように、マフラーのみを変えるライトチューンにも燃料の制御、という判断は正解
  その選択肢として、過去の情報でパワーFCと純正CPU書き換えの2つがある

  どちらを選ぶか?はユーザー次第、
  ブースト設定や、水温等のログを手軽に見たいならPFCは最高のコストパフォーマンスを発揮する。
  また純正基準の安全、
  フェルセーフ、点火自動遅角、ブーストコントロールを行いたいのであれば書き換えCPUしかないだろう。

ただ、広く知られるようにマフラー交換車両で
純正CPUのままだとブーストが上がり過ぎる可能性もあるので、踏まないこと。

  特に、メインサイレンサーのウールの抜けたフルストレートやGT系マフラーは顕著にあがる
  6型純正でさえ、CPUの内部品番によってはマフラーを含めフル純正でもデフィー読み1.05kp
  の車両も10台以上目撃しているのだから。

 ま、これはメーカーが仕込んだ仕様なので純正ある限り問題は無い、問題があるのは想定外の仕様にした時だ

   どちらがアタリであるか?僕の6型はフル純正で0.95kpという人もいるだろう
   純正の指定最大値は0.95、すでに生産を終えて10年も経てばセンサー誤差もでる
   先日書いた、排気工程の時間によるマフラー劣化や交換による影響もレシプロより多大だ

    だから、ロータリーはマフラー交換で化け、えらく早くなる

    それゆえ、中古で手に入れたマフラーの状態によって変わるブーストの上下も管理しておくべき

.
.
.
.
.

センサーが気になる方へのお答え
 
  エンジンの設計初期段階で255ps
  センサー誤差範囲で10%前後変わってもエンジンブローはしない
  つまり、純正状態なら10%ほどのセンサー誤差が出る10万kmでも
  それほど几帳面にパーツの管理をしなくても壊れない
  
  ところが、これが仕様変更等で320psを超えてくると、、
  既に初期設計を20%を超えた馬力だ、しかも製造後10年も経っている
  この状態で更にセンサー等の誤差が発生した場合、リスクを背負わなければならない

   壊れた後に、また手遅れになったあと、メールで相談される人も多い
   まず、身の丈にあった7に乗り、家族に感謝してみることを忘れてはならない。
   機械は嘘をつかない、なにかしら原因あっての結果なのだから。   

コメント1件

  1. 41、3児のパパ

    純正基準の安全を生かした、レガリスR+「ECOCPU」化
    私のファイナル・アンサーです。

    その前に、”やれること、できること”は、まだまだ、たくさんあります。

    これからも、宜しくお願いします。

    返信する

トラックバック / ピンバック

  1. 音がウルサイ!!!!???? - [...] 内部のウールが飛んだり、硬化、燃え尽きていいる場合   排気の脈動が…

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。

More Post

弊害は・・・

ここ最近の洗浄は連続でベチャベチャの車両が続いて被害が甚大なスギちゃんです(笑) といいつつ載せる写真とかは乾いてる塊のやつなんですが いやー見事に牙みたいなのが育ってますねー...

お便りインプレ

6/23 YouTube開始まで

日(s)

:

時間(s)

:

分)

:

(S)

カテゴリー(スクロール可)

EcoCPU

FC3S 新作情報

ちょうど、、、壊れたんですよ、これが。。...

予約カレンダー

FD3S FC3S

FC3S 新作情報

ちょうど、、、壊れたんですよ、これが。。 https://youtu.be/Y954bBubJqQ

公開することの意味は大きい

https://youtu.be/axE6ocxuSQs エンジン組付け、やり方にはいろいろあるだろう。そしてさらに、今度はこういった作業にもユーザー立ち合いを提案してゆくことになる。  もはや、革命だな  もうこうなると、我々整備士にはごまかしなんてできなくなる。 そもそも、ごまかす気などなければ、一緒に楽しむ気でしかないから...

エンジン載せ替え、終了

走行テストも終わり、もう、今日には完成してます。 私たちの大好きなRX-7の為に出来る事を愛情をもって行います。

前期FC3S エアフロメーター修理

35年、、、12万㎞も超えてくると接点が悪くなりました。そこで禁断の修理を行ったところ目に見えてアイドリングの安定と、アイドラアップの不調を治すことに成功しました 新品に変える事が出来るなら買えたいところですが、無いものは治す。分解と洗浄、調整。...

FC3S 新作情報

ちょうど、、、壊れたんですよ、これが。。...