エアセパレータータンクは純正で! セパタン

執筆者 | 3月 17, 2017 | エアセパレータータンク | コメント0件

みなさん、よくご存じ。セパタンの話です

 そう、
 アルミに変えて強化だーなんて言ってるアレです

純正セパレータータンクは、水温が上がりすぎて内圧が異常になった緊急時に樹脂のロアタンクが開いてほかの重要な部品に損傷を与えず、比較的簡単に緊急措置が出来る事も考えて作られています。純正のような樹脂製なら仮に内圧があがりすぎた1.1kgキャップでリリース出来なければセパレーターの上下破損となるだけでこの場合、原因を見つけることが出来なくてもエンジンを冷やし下側の接続ホースを手でひっぱて伸ばし

 エンジンのキャップ付近のホースに直接つなぎ直せげば、5kmほどの距離ならプライヤーだけ持っていれば走行可能になります

016_R

ところがこれがアルミ製のエアセパレートの場合、圧力があがってもタンクが破損できない為に次に弱いターボ付近で熱劣化した冷却ホースが犠牲になりやすくここが裂けます、こんな奥にあるホースがが破損した場合その場で緊急処置を行える部位ではなくなり、

 たとえ100mさえ移動は困難でJAFを待つことになります

また上下ホースの接合部の材料相性が絶妙で両方新品に変えると10年以上水漏れの心配もありません。(シリコンではこれは無理)
以上の理由により純正がお勧めで、中村屋では顧客の全員が純正のセパタンを5,6年で変えています(色が白くなってきたら)。この記述は絶対ではありません。。が、、、純正の樹脂セパタンならばこそという、皆さんが知られていない緊急対処方法があるということ。

ですから純正から変える場合、6千円で買える純正エアセパレータータンクの利点を知っておいて損はありません

 また。。

ラジエターは復活したARCが在庫がない場合があるので出来るだけ純正形状の薄いタイプをお勧めしています

厚みがあると大幅な傾斜角度を持つFDでは低速では上側まで空気が抜けず、アッパータンクが大きくなることもあり純正ICの導入口が圧迫されてICが冷えにくくなりますのでその点も考慮しできるだけ純正に近い形であること、ラジエターは高くともアルミ製であることがのぞましいですね(電解の防止)

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

More Post

エンジンを組みます

5000kmの慣らしを終えて、ヒーターコアも変えて、オイルとプラグを変えて現物合わせと納車準備も終わってきたのです。 そろそろ、エンジンを組む段取りです。...

お便りインプレ

6/23 YouTube開始まで

日(s)

:

時間(s)

:

分)

:

(S)

カテゴリー

シャーシダイナモ

予約カレンダー

FD3S FC3S

エンジンのオーバーホールの本当の意味は?

RX-7の中古車を買うとき、オーバーホール歴があるか?無いかでの判断基準になるだろう。ただ果たしてそのオーバーホールという言葉、エンジンブローを避けたい買い手の常識としてどのレベルでOHなのか認識しておくべきだろう。 https://youtu.be/mUWdyfNEbE0...

あなたにぴったりの‘カラーは?(IphoneのCM風に読んで)

Rx-7 史上最高にポップなシートを用意しましたあなたにぴったりのシートカラーを選んでください。 圧倒的にエキサイティングなシート。先進的なデュアルクッションシステム。どんなシートよりも頑丈なAlcantara どこでも手に入るカラーではありません、最新の静粛性能を、あなただけの手に。 色あざやかで美しいく、そのすべてを詰め込んだ完全に新しいスマイルを提供します4つの魅力的なカラーでどうぞ。...

新品シートが現れた(スライム風に読んで)

もはや手に入らなくなったFD3Sのシート どっちが新品か?わかりますか? なんとこれ、マツダの最新シート生地を張った試作品なのです。  使ってるアルカンターラを始めこれらの生地は当然メーカーでの耐火摩耗試験済み。 この生地だけでも欲しい!という方がいるかもしれませんね。...

ヒーターコアから冷却水が漏れた

FD3Sのあるある修理の一つです。前期よりも後期のほうが多い症状の一つです。 これが漏れちゃうと、ダッシュボードを下すしか方法がありません もちろん、ユーザーの目の前で降ろしてしまいます。...

GCG sports turbo

効率の高いターボは燃費も上がるって知っていますか?回転数が低いときは単なる空気抵抗と排気抵抗にしかならないのが昭和設計のturboです。 左が純正、右がRECHARGE/GCGスポーツタービンです。下取り加工なのでオリフィスが入ってない状態ですので組み替えてください。 取り付けは純正と全く同じ方法で無加工で取り付けできて車検も安心。(ただしEcoCpuによる書き換えが必要です)...