インタークーラーを交換したら

執筆者 | 10月 9, 2021 | ARCインタークーラー | 6 コメント

馬力が上がりませんでした..

 内容は長編で、十分見ごたえのある内容です。

 業界を震撼させる内容です。

 また、RECHARGEの超高速吸気温度センサーしか、選択肢が無いと言える内容です

 センサー開発にはロボット工学や電子工学で有名な〇田製作所の機材で十分テストして作りこまれており、最速の測定時間を誇るエレメントを使用しています。

6 コメント

  1. せいけん

    吸気温度は風洞実験室レベルじゃないと難しいんでしょうかね😅

    返信する
    • 店主

      風洞実験レベルでという事になりますね。そういう意味では今回の純正5型インタークーラーの280馬力近辺までの対応力はさすがですよ。

      返信する
  2. 松阪のK

    ブーストをかけ始めて、馬力と吸気温度が上がり始めた所でA/Fは下がっていますが、これは回転数マップで故意に燃料を濃くしているのか、吸気温度補正で自動的に濃くなっているのか、どちらでしょうか?

    返信する
    • 店主

      圧力が上がると自動で増量になります、ブログにある吸気温度の補正MAPを見たら、もう一個の答えが見えますよ。

      返信する
  3. 松阪のK

    返信、ありがとうございます。

    さらによく見ましたら、吸気温度上がり始めてから、A/Fは一旦濃くなった後に、最もパワー出る後半に向かって徐々に薄くなっているから、デトネーションとかが心配です。
    (点火も進めているなら尚更)

    なのでやはり、A/F見ながら現車合わせが重要なのだと再認識しました。

    返信する
    • 店主

      それはまた違います。
      AF主体でやるとのろい
      書いて走ったらわかります。

      だから枯れた整備士が経験で得た大事な事を書きます

       基本一番トルクが出るところを濃くします。
       もっと言うならAF値が安全なら味付けにも使います
       慣れたらこのぐらいのデーターは、空燃比計でなど見ずに書けますよ

      返信する

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

More Post

本日は朝一cx5のユーザー様でした。

バルブ側のポートになります。煤の膜がポート周りにありますね~ インテークマニホールドの洗浄前の状態になります。 洗浄後のバルブ側のポート掃除後となります。いつものようにピカピカですよ...

お便りインプレ

6/23 YouTube開始まで

日(s)

:

時間(s)

:

分)

:

(S)

カテゴリー(スクロール可)

FD3S FC3S

本日のロータリーエンジン(調整中編2)

ヒートガンで温めて~~ 段ボールで熱が逃げないように工夫したり・・・ オイルパンをゴリさんがいつの間にか取り付けて ゴリさんお手製のスパナさん、、、カニスプーンさんですな ここで登場カニスプーーン型スパナでノックセンサーを交換しました。...

ロータリーエンジンおろしてます。(調整中編)

ダイヤルゲージ取り付けて調整中でございます。 取付位置をこのあたりかと、目星をつけて・・・ ピタッと当てて えい!っとゴリさんに揺すっていただきこの振れ幅・・・最後は弊社の神がサクッと仕上げてましたが 締め付け具合の遊びが大事(0.1) フロントのステーショナリーギヤ 先ほどの写真の反対側...

FDの燃料タンク、見たことある人は少数だと思います~~

FDの燃料タンク取り外し中~ 上のタンクが新品で、右側に取り外し後のタンクです 見た目は少しクスミがありますね タンク内部底画像です、何やら沈んでいるのが見えますね~ 取り外した 内部の状況です、横面にまさかの・・・・ こちらは新品のタンク内部です、美しい~♪ この中にたっぷりハイオクを流し込みたいですね~ 取り外した後、サクッと取り付けてしまいました。...

近日公開予定です。

取り付け前 取り付け後 別アングル拡大 効果や価格の方確認中でございますの。 先駆けてブログのみの公開となっております。水面下でイロイロ進んでおりますので YouTubeやブログをお時間あるときは要チェックの方よろしくお願いいたします~ 遊びに来られた時には、生で面白いものが見れるかもしれませんね~...

中古車情報

〜FD3S情報〜

止むなく手放されるFD、再掲ですが下記リンクより車両情報ページの店長ブログにいけますー...