Fパイプの話 伝説は一人歩きまわる

執筆者 | 4月 20, 2010 | Fパイプが有効に働く例 | コメント0件

p1

まず僕の毒ガス吐き出しフルマフラーブーストUP時代のマップ

横400mmコアのARC
エアグルーブ
フロントパイプまでのオールステンマフラー

400ps/1.1kg

2

p2

仕様が同じ

横400mmコアのARC
エアグルーブ(T78用加工品)
フロントパイプまでのオールステンマフラー

420ps/1.0kg

  だけどタービンが違う

  トラストT78-29D

最大馬力付近はさすがにフルタービンだ。
ほんの少しだが増量されてる。

馬力差が20ps分には相当しないがこれは排気圧力が違うために
仮に同じブーストであっても馬力はフルタービンのほうが出る
理由はこのブログにかいてあるから読んでみてね

また馬力が違っても仮に燃料マップに差がなくともこれで壊れないのだ

さて、、、ほかに何か違いは感じませんか?

3

p3

一般的な4型EcoCpuはこんな感じ。

ずいぶん違うよね?

ところで前回書いた、Fパイプの領域って・・??

4

p4

T78のフルチューン版と比べてみよう

赤字が増量、紫減量だ
3000回転付近なんて、目じゃないほど増量されてるよね・・?_?

あれれ??昨日の記述と違って
太すぎるはずのFパイプがついてるT78が・・?

しかもフルタービンって低い回転数や
低いブーストでトルクがないはず!???

5

p5

一般EcoCpu対T78・・・・

  これじゃ話にならない。

良くありがちなフルマフラー仕様と比べてみよう
ARCの100mm既製品(最大サイズ)
フロントパイプノーマルだけど触媒レスフルマフラー

純正Fパイプだから低速トルクもビンビンなんだけど・・・・

350psのマップがこれ。

6

p6

このありがちなチューニング350ps仕様と
T78の仕様を比べてみよう。。

フロントパイプがノーマル車両対、ビッグタービンだ。

7

p7

特にこの領域。。。

フルタービンで、Fパイプが太いのに

えらく増量されてるよね??

ということは、

 ”ノーマルタービンよりトルクが出ている”

   
      ということだね(;´Д`)

かといって ブーストアップのレベルで有効に燃料が入るとも限らない
8

p8

あれれ_?~~?

この確かに4000回転までは圧力中域増量してる
だけど、、4500回転以降は急に増量してないよね

 なぜだろうね^^;

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

More Post

お便りインプレ

6/23 YouTube開始まで

日(s)

:

時間(s)

:

分)

:

(S)

カテゴリー(スクロール可)

FD3S FC3S

本日のロータリーエンジン(調整中編2)

ヒートガンで温めて~~ 段ボールで熱が逃げないように工夫したり・・・ オイルパンをゴリさんがいつの間にか取り付けて ゴリさんお手製のスパナさん、、、カニスプーンさんですな ここで登場カニスプーーン型スパナでノックセンサーを交換しました。...

ロータリーエンジンおろしてます。(調整中編)

ダイヤルゲージ取り付けて調整中でございます。 取付位置をこのあたりかと、目星をつけて・・・ ピタッと当てて えい!っとゴリさんに揺すっていただきこの振れ幅・・・最後は弊社の神がサクッと仕上げてましたが 締め付け具合の遊びが大事(0.1) フロントのステーショナリーギヤ 先ほどの写真の反対側...

FDの燃料タンク、見たことある人は少数だと思います~~

FDの燃料タンク取り外し中~ 上のタンクが新品で、右側に取り外し後のタンクです 見た目は少しクスミがありますね タンク内部底画像です、何やら沈んでいるのが見えますね~ 取り外した 内部の状況です、横面にまさかの・・・・ こちらは新品のタンク内部です、美しい~♪ この中にたっぷりハイオクを流し込みたいですね~ 取り外した後、サクッと取り付けてしまいました。...

近日公開予定です。

取り付け前 取り付け後 別アングル拡大 効果や価格の方確認中でございますの。 先駆けてブログのみの公開となっております。水面下でイロイロ進んでおりますので YouTubeやブログをお時間あるときは要チェックの方よろしくお願いいたします~ 遊びに来られた時には、生で面白いものが見れるかもしれませんね~...

中古車情報

〜FD3S情報〜

止むなく手放されるFD、再掲ですが下記リンクより車両情報ページの店長ブログにいけますー...