Fパイプの話 伝説は一人歩きまわる

執筆者 | 4月 20, 2010 | Fパイプが有効に働く例 | コメント0件

p1

まず僕の毒ガス吐き出しフルマフラーブーストUP時代のマップ

横400mmコアのARC
エアグルーブ
フロントパイプまでのオールステンマフラー

400ps/1.1kg

2

p2

仕様が同じ

横400mmコアのARC
エアグルーブ(T78用加工品)
フロントパイプまでのオールステンマフラー

420ps/1.0kg

  だけどタービンが違う

  トラストT78-29D

最大馬力付近はさすがにフルタービンだ。
ほんの少しだが増量されてる。

馬力差が20ps分には相当しないがこれは排気圧力が違うために
仮に同じブーストであっても馬力はフルタービンのほうが出る
理由はこのブログにかいてあるから読んでみてね

また馬力が違っても仮に燃料マップに差がなくともこれで壊れないのだ

さて、、、ほかに何か違いは感じませんか?

3

p3

一般的な4型EcoCpuはこんな感じ。

ずいぶん違うよね?

ところで前回書いた、Fパイプの領域って・・??

4

p4

T78のフルチューン版と比べてみよう

赤字が増量、紫減量だ
3000回転付近なんて、目じゃないほど増量されてるよね・・?_?

あれれ??昨日の記述と違って
太すぎるはずのFパイプがついてるT78が・・?

しかもフルタービンって低い回転数や
低いブーストでトルクがないはず!???

5

p5

一般EcoCpu対T78・・・・

  これじゃ話にならない。

良くありがちなフルマフラー仕様と比べてみよう
ARCの100mm既製品(最大サイズ)
フロントパイプノーマルだけど触媒レスフルマフラー

純正Fパイプだから低速トルクもビンビンなんだけど・・・・

350psのマップがこれ。

6

p6

このありがちなチューニング350ps仕様と
T78の仕様を比べてみよう。。

フロントパイプがノーマル車両対、ビッグタービンだ。

7

p7

特にこの領域。。。

フルタービンで、Fパイプが太いのに

えらく増量されてるよね??

ということは、

 ”ノーマルタービンよりトルクが出ている”

   
      ということだね(;´Д`)

かといって ブーストアップのレベルで有効に燃料が入るとも限らない
8

p8

あれれ_?~~?

この確かに4000回転までは圧力中域増量してる
だけど、、4500回転以降は急に増量してないよね

 なぜだろうね^^;

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。

More Post

お便りインプレ

6/23 YouTube開始まで

日(s)

:

時間(s)

:

分)

:

(S)

カテゴリー(スクロール可)

EcoCPU

FC3S 新作情報

ちょうど、、、壊れたんですよ、これが。。...

予約カレンダー

FD3S FC3S

FC3S 新作情報

ちょうど、、、壊れたんですよ、これが。。 https://youtu.be/Y954bBubJqQ

公開することの意味は大きい

https://youtu.be/axE6ocxuSQs エンジン組付け、やり方にはいろいろあるだろう。そしてさらに、今度はこういった作業にもユーザー立ち合いを提案してゆくことになる。  もはや、革命だな  もうこうなると、我々整備士にはごまかしなんてできなくなる。 そもそも、ごまかす気などなければ、一緒に楽しむ気でしかないから...

エンジン載せ替え、終了

走行テストも終わり、もう、今日には完成してます。 私たちの大好きなRX-7の為に出来る事を愛情をもって行います。

前期FC3S エアフロメーター修理

35年、、、12万㎞も超えてくると接点が悪くなりました。そこで禁断の修理を行ったところ目に見えてアイドリングの安定と、アイドラアップの不調を治すことに成功しました 新品に変える事が出来るなら買えたいところですが、無いものは治す。分解と洗浄、調整。...

FC3S 新作情報

ちょうど、、、壊れたんですよ、これが。。...