純正CPUでフルタービン車両のブーストコントロール(合法的に、しかも出費節減)

執筆者 | 12月 23, 2016 | FD3Sブースト制御, フルタービンセッティング | コメント1件

ホーム » blog » EcoCpu » FD3S » FD3Sブースト制御 » 純正CPUでフルタービン車両のブーストコントロール(合法的に、しかも出費節減)

フルノーマルもいいけど、「一度はフルタービンに乗ってたかった」という高齢化したRX-7ユーザーの夢をかなえる為に、RE業界の常識を覆す合法フルタービン車両での出費、そして燃費と耐久性の両立への挑戦!!

フルタービンなのに低域でトルクが太く、ブーストの立ち上がりも純正に近くなり乗りやすい理由は純正CPUと、エンジンルームの仕様にあります。またこれは劣化して交換部品になりつつある”高額な純正タービンに交換”するなら、もしや社外タービンへの交換の方が安くなり、かつ安全にパワーを手にれる事が出来る道への模索という側面もあります。

プリコントロールを使ったオーバーシュート(パーシャルGAIN)もすっかり身を潜めたので、今度は目標に正しく追従するように全体GAINの適正化、ギヤ補正の適正化を行って純正タービンのようにどのような外気温でも、安全にブーストが制御化におかれてる事を立証せねばなりません。

コメント1件

  1. SaTch

    こんな事を書かれると必要無いのにシングルタービンを試したくなるじゃ無いですか(笑)

    返信する

トラックバック / ピンバック

  1. 純正CPUでフルタービン車両のブーストコントロール(合法的に、しかも出費節減) 2 | 中村屋 EcoCpu BLOG - […] トの設定は0.8㎏、実装値は0.75㎏ですがEcoCpuでの…

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ

カテゴリー