純正CPUでフルタービン車両のブーストコントロール(合法的に、しかも出費節減)

執筆者 | 12月 23, 2016 | FD3Sブースト制御, フルタービンセッティング | コメント1件

フルノーマルもいいけど、「一度はフルタービンに乗ってたかった」という高齢化したRX-7ユーザーの夢をかなえる為に、RE業界の常識を覆す合法フルタービン車両での出費、そして燃費と耐久性の両立への挑戦!!

フルタービンなのに低域でトルクが太く、ブーストの立ち上がりも純正に近くなり乗りやすい理由は純正CPUと、エンジンルームの仕様にあります。またこれは劣化して交換部品になりつつある”高額な純正タービンに交換”するなら、もしや社外タービンへの交換の方が安くなり、かつ安全にパワーを手にれる事が出来る道への模索という側面もあります。

プリコントロールを使ったオーバーシュート(パーシャルGAIN)もすっかり身を潜めたので、今度は目標に正しく追従するように全体GAINの適正化、ギヤ補正の適正化を行って純正タービンのようにどのような外気温でも、安全にブーストが制御化におかれてる事を立証せねばなりません。

コメント1件

  1. SaTch

    こんな事を書かれると必要無いのにシングルタービンを試したくなるじゃ無いですか(笑)

    返信する

トラックバック / ピンバック

  1. 純正CPUでフルタービン車両のブーストコントロール(合法的に、しかも出費節減) 2 | 中村屋 EcoCpu BLOG - […] トの設定は0.8㎏、実装値は0.75㎏ですがEcoCpuでの…

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。

More Post

お便りインプレ

6/23 YouTube開始まで

日(s)

:

時間(s)

:

分)

:

(S)

カテゴリー(スクロール可)

EcoCPU

FC3S 新作情報

ちょうど、、、壊れたんですよ、これが。。...

予約カレンダー

FD3S FC3S

FC3S 新作情報

ちょうど、、、壊れたんですよ、これが。。 https://youtu.be/Y954bBubJqQ

公開することの意味は大きい

https://youtu.be/axE6ocxuSQs エンジン組付け、やり方にはいろいろあるだろう。そしてさらに、今度はこういった作業にもユーザー立ち合いを提案してゆくことになる。  もはや、革命だな  もうこうなると、我々整備士にはごまかしなんてできなくなる。 そもそも、ごまかす気などなければ、一緒に楽しむ気でしかないから...

エンジン載せ替え、終了

走行テストも終わり、もう、今日には完成してます。 私たちの大好きなRX-7の為に出来る事を愛情をもって行います。

前期FC3S エアフロメーター修理

35年、、、12万㎞も超えてくると接点が悪くなりました。そこで禁断の修理を行ったところ目に見えてアイドリングの安定と、アイドラアップの不調を治すことに成功しました 新品に変える事が出来るなら買えたいところですが、無いものは治す。分解と洗浄、調整。...

FC3S 新作情報

ちょうど、、、壊れたんですよ、これが。。...