ディーゼルを買う人にモノ申す!

執筆者 | 4月 15, 2022 | CX-60 | コメント0件

 整備士からこの話は聞いておけ

CX-60ディーゼルエンジンには闇がある,知っての通りマツダ系の整備士40年ですが、先ほどの動画はマツダCX-60の買い方について4つのポイントに分けて話しています。

1 エンジンブロー

思い出せばちょうど10年前、アテンザのディーゼルはTAKERIとして発表されたとき今回のように兵庫県で一番納車した頂いたことがあります。しかしそれは2年半、4万㎞を目前にエンジンが壊れてエンジン交換を強いられることに陥りました (これは後述)

2 原因

ブローの原因は煤でした、これはネットでは多くの方がマツダに限らず、ディーゼル、またはEGRという装置にまつわるトラブルを知ることができると思います。(これは後述)

この件に関しては詳細欄に記述がありますのでご覧ください

3 営業マンから注釈が必ずある

ディーゼルエンジンには、思入れがあるものの、トラブルがある、短距離が乗れない、DPFの燃焼が始まるとエンジンを切ることができない、5万㎞を超えると数か月に一回は添加剤で自衛しなきゃならない。。など、いくつかの懸案事項を営業マンから聞くことになるかと思います。(後述)

4 抜本的な対策

確定してることは5万km未満の車でこういったトラブルは起こりません、そう考えると残価設定クレジットで買うのが賢明だと思われます、3年後車は引き取られますが後期モデルに乗り換えるチャンスだとも言えます、もちろん、この時の残価より世論価格が高ければ損益だとも言えますが、世論価格が下がった場合はチャンスともいえるわけです。(後述、ソフトウェア対策)

車の買い方ですから、私のように男の72回払いで買い取って愛してあげるのも買い方ですし、 ここは初期物だからディーゼルだからトラブルはごめんだーと残クレを使うのもとても賢い買い方であると思います

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

More Post

本日の朝一はCX8様でした。(92,000㎞オーバー)

薄い煤の膜がございますね~、つつけばカリカリでした キレイに仕上げさせてもらいました。 インテークマニホールド洗浄前となります。そこそこカリカリの煤がモリモリといらっしゃいますね...

お便りインプレ

FD3S FC3S

本日のロータリーエンジン(調整中編2)

ヒートガンで温めて~~ 段ボールで熱が逃げないように工夫したり・・・ オイルパンをゴリさんがいつの間にか取り付けて ゴリさんお手製のスパナさん、、、カニスプーンさんですな ここで登場カニスプーーン型スパナでノックセンサーを交換しました。...

ロータリーエンジンおろしてます。(調整中編)

ダイヤルゲージ取り付けて調整中でございます。 取付位置をこのあたりかと、目星をつけて・・・ ピタッと当てて えい!っとゴリさんに揺すっていただきこの振れ幅・・・最後は弊社の神がサクッと仕上げてましたが 締め付け具合の遊びが大事(0.1) フロントのステーショナリーギヤ 先ほどの写真の反対側...

FDの燃料タンク、見たことある人は少数だと思います~~

FDの燃料タンク取り外し中~ 上のタンクが新品で、右側に取り外し後のタンクです 見た目は少しクスミがありますね タンク内部底画像です、何やら沈んでいるのが見えますね~ 取り外した 内部の状況です、横面にまさかの・・・・ こちらは新品のタンク内部です、美しい~♪ この中にたっぷりハイオクを流し込みたいですね~ 取り外した後、サクッと取り付けてしまいました。...

近日公開予定です。

取り付け前 取り付け後 別アングル拡大 効果や価格の方確認中でございますの。 先駆けてブログのみの公開となっております。水面下でイロイロ進んでおりますので YouTubeやブログをお時間あるときは要チェックの方よろしくお願いいたします~ 遊びに来られた時には、生で面白いものが見れるかもしれませんね~...

中古車情報

〜FD3S情報〜

止むなく手放されるFD、再掲ですが下記リンクより車両情報ページの店長ブログにいけますー...