燃料の適正化
 減量するだけが治す方法ではない
 増量しても、消えます(圧縮と燃費は下がる)

点火時期
 基本進める
 進めすぎるとギクシャク感が出る
 T&Lの差を大きくする

噴射時期
 進める

燃料カットポイント
 低めに設定

マフラーのサイレンサーが劣化してる
 交換する

圧縮が既に下がってる
 この場合にはマフラーの取り付けをやめて元に戻す方のが正解
 
・・・・

基本マフラーの2000回転ぐらいまでの低域の排気効率が落ちてる事が原因です
これをセッティングでカバーすると、今度はフードバックに入りずらくなり圧縮が低下する方向へと自分で導いてるようなものなのでマフラーを変えたことが原因でパンパンアフターファイヤーが出るようでしたらそのマフラーは街乗りの使用領域において十分な性能を持っているとは言えません。

スロットルセンサーをトルク側に設定する

 ただしトルク側に設定すると燃費の問題やフィードバックに入りずらくなるので圧縮の回復を行いたい場合には向きません

最も街乗りに適してる(低域効率の良い)マフラーはレガリスRだけです。かといっていくら藤壺でもサイレンサーが劣化していては性能が発揮されません。またおなじ藤壺でも他社の抜けの良いスポーツマフラーや砲弾型等のマフラー形状や構造でアフターファイヤーが出る場合には必ず効率が変化してる事を知りましょう

効率はシーソーゲームです、物理的に失った効率を元に戻す事が絶対にできません、仮に戻すことが出来たとしても、それは塩コショウをかけすぎ肉の味を失ったステーキなのです。
 
 


2 Responses to 減速時のアフターファイヤーの低減方法 マフラーの性能

  1. 店主 より:

    FCの場合は、違います。
    FDはスロットルセンサーと回転で予想吸入空気を想定します。
    FCの場合はエアフロメーターなのでエアフロの新品を使うか?エアフロの走行モード判定を書き換えるかをしなければなりません。

  2. F_K より:

    質問いたしますっ。
    この事象についてはFCも当てはまると考えてよいのでしょうか?。
    FCもスロットルポジションセンサーの調整範囲に幅がありますが
    同じような見方をすればいいのでしょうか?。

ご自由にコメントしてくださいね♬

SevenStock2017


Count per Day

  • 4569今日の閲覧数:
  • 4288昨日の閲覧数:

アーカイブ


カテゴリー