フルタービン EcoCpu-Vでブーストコントロール 1

執筆者 | 12月 23, 2015 | EcoCpuブーストコントロール, FD3Sブースト制御 | 2 コメント

ホーム » blog » EcoCpu » FD3S » フルタービンセッティング » EcoCpuブーストコントロール » フルタービン EcoCpu-Vでブーストコントロール 1

ウェストゲートへの配管は、基本圧力取り出しをそのまま使う。
フルタービン車両のブーストコントロールは追加するのは、純正ソレノイドの漏らし機能を使う。(オリフィスも必要になるが純正と同じようにエアクリーナーに戻す)
1
その際にオーバーシュートをさせるタイマーと、回転数ごとのGAIN値を下げてオーバーシュートを押さえておくことが必要だ。
こちらが、オーバーシュート対策前のマフラー交換用の値
2
この仕様なら純正の安全な機能を十分に生かしフルタービンにおいても同じ感覚で各ギヤごと、ノックレベルに反応させて補正させたブーストを得ることができる
ただし、今回の例が初めての値なのでエンジンが加工してあったり、タービンが変わってしまうとその値をそのまま使うというわけにはい車両のウェストゲートを基準の0.8kg~1.2kgまで自在にコントロールができることを確認した。
来年のセッティングが終わる頃には、およその、データーがそろってくるはずだ。
IMG_1124
このブーストコントロールには、内径が大きい4パイシリコンが必要だ。
右に写ってる安く手に入るシリコンは内径が小さいが、左のように内径が5mm近くある”4mmのシリコンホース”を使う
IMG_1131
IMG_1133
IMG_1127
IMG_1126
IMG_1128

2 コメント

  1. 店主

    ということです。

    返信する

トラックバック / ピンバック

  1. 純正CPUでフルタービン車両のブーストコントロール(合法的に、しかも出費節減) 2 | 中村屋 EcoCpu BLOG - […] フルタービンでもブーストコントロールは純正ソレノイドを利用し…

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ

カテゴリー