ボディー補強の留意点

執筆者 | 4月 20, 2010 | 補強、サポートバー | コメント0件

作業日 : 2009年03月29日
1
3点支持のタワーバーやボディーパーツでは有名なパーツですが

取り付け方法や使い方によっては走行3万kmでもこのぐらいのクラックが入ってる車両もあります

ピンク矢印で、上下、4cmほどクラックが走っており
取り外すまで気がつかなかった部分です。当然、これの発見により撤去となりました。

2
上下方向に亀裂が走っています。

穴もずいぶん引っ張られて変形しています

この部分の肉厚は前後方向に引っ張られる力に対応できない部分です。

3
実は、6型、、、走行会も走った事が無いほど大事にされて。。
4
実に残念、、、こんなに新しい車なのに、大事な部分に・・・

入力方向を考えて装着するリスクを考えておく事が必要で
裏側にもっと巨大なアテ板と錆び対策が絶対条件です。

また、下手に加工をするとこの部分は車両の番号が刻印してるために車両価値を下げてしまう事もあり、注意が必要です
この部分の溶接を伴う加工は、お住まいの陸運局に尋ねてください

0コメント

トラックバック / ピンバック

  1. FD3S タワーバー 亀裂 - [...] 例の、一般的じゃないタイプ。 つまり上部にメンバー機能を持たせたタイ…

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。

More Post

まだまだ検証が・・・

自分のFDで一踏みしたら元気になれる気がするスギちゃんです。 今回はSKY-Dのカーボン清掃ですー...

お便りインプレ

6/23 YouTube開始まで

日(s)

:

時間(s)

:

分)

:

(S)

最近のコメント

カテゴリー(スクロール可)

EcoCPU

FC3S 新作情報

ちょうど、、、壊れたんですよ、これが。。...

予約カレンダー

FD3S FC3S

FC3S 新作情報

ちょうど、、、壊れたんですよ、これが。。 https://youtu.be/Y954bBubJqQ

公開することの意味は大きい

https://youtu.be/axE6ocxuSQs エンジン組付け、やり方にはいろいろあるだろう。そしてさらに、今度はこういった作業にもユーザー立ち合いを提案してゆくことになる。  もはや、革命だな  もうこうなると、我々整備士にはごまかしなんてできなくなる。 そもそも、ごまかす気などなければ、一緒に楽しむ気でしかないから...

エンジン載せ替え、終了

走行テストも終わり、もう、今日には完成してます。 私たちの大好きなRX-7の為に出来る事を愛情をもって行います。

前期FC3S エアフロメーター修理

35年、、、12万㎞も超えてくると接点が悪くなりました。そこで禁断の修理を行ったところ目に見えてアイドリングの安定と、アイドラアップの不調を治すことに成功しました 新品に変える事が出来るなら買えたいところですが、無いものは治す。分解と洗浄、調整。...

FC3S 新作情報

ちょうど、、、壊れたんですよ、これが。。...