ブローバイガス

ブローバイの対策に、、

ブローバイの対策に、、

ホースを新設しました。 サイドポートだとブローバイの対策としてキャッチタンクを付ける人もいますが、実際には負圧で吸わせるのがベストです 、、 とうとう、、10年近く経ちました...

続きを読む
現物あわせ

現物あわせ

ブローバイ対策にはいろんな見解があるが 実際のブローバイが発生するプロセスを考えると  エンジン高負荷でのみ発生するわけだから  そのガスやオイルはタービンやエンジンに返すべき  ...

続きを読む
ブローバイガスとは?オイルキャッチタンクは、要るの?

ブローバイガスとは?オイルキャッチタンクは、要るの?

FC3SやFD3Sのユーザーの一部ではオイルキャッチタンクをつけてる方がおられますが、サーキット場を走る規則によってつけなければならない場合を除いてこれは不要のパーツです。 ブローバイガス(blowby gas)は、自動車用語としては、未燃焼の混合気を意味する。生ガス(なまガス)とも呼ばれるが、日本工業規格(JIS D0108)では「ブローバイガス」と定められている byWikip さて、サーキット走行では必ず必需品のキャッチタンクですがサーキット走行を終えたあとは?  エンジンが正常ならまったく貯まらないはずです...

続きを読む

アーカイブ

カテゴリー