FC3S レストア

古いホースの取り付け

古いホースの取り付け

特にFC3S エアポンプのホースやエアクリーナーのホースを温かいうちに外すのが古くなった樹脂パーツを壊さず取り外す唯一の方法。冷えてしまうと固くなって取り外すときに割れてしまうのだ。  が、取り付けるとこはどうする? 作業が終わって取り付けようとすると今度は委縮してはまらなくなる。無理に差し込もうとすると割れてしまうのだ。 その時は、ドライヤーの熱風を使う。熱風で十分温めるとホースを割ることなく取り付けることができる。...

FC3S レストア 完結です

FC3S レストア 完結です

思えば1月の初めからの作業でした  彼女はとても圧縮が高かったのです ところが、さすがに30年 各所に劣化が見られました そもそも、これほどの手間をかけるのかどうか? どの程度かけてよいのか?という問いに 新車で買えなかったからこそという思いがありました ならば、、 できる事はすべてやりつくそう もちろん新品で行けるところは部品がある今のうちに しかしながら既に生産終了部品も多数ありました 治せるところは治す 状態を新品に戻すことは不可能ですが 枯れた整備士にはそのすべがあります...

FC3S レストア 完成まじか!!

FC3S レストア 完成まじか!!

ガレージスターフィールドからそろそろ仕上がるという連絡を受けていましたが、完成後の磨き工程に入ったと、連絡が入りました もちろん、工数が高いから40万円で塗れるような塗装ではありません。モールも果てはタイヤ空気圧のシールまでも全部含めて新品を使っておりレストアと呼べる仕上がりです。 5月の1日の夕方に運び込まれ、5日の納車にむけて完成検査をして納車...

FC3S レストアの全塗装

FC3S レストアの全塗装

下地が大事ですからドアも、フェンダーも外しています 一枚ずつの鉄板レベルでの錆止め、下地準備をしています。 この部分のさびは走行性能に影響するのでしっかり確認しています 鈑金レベルでへこみを取り、錆を再発させない工夫は溶剤以外にもあるようですよ 仕上がりはゴールデンウェーク前を予定しています ドアもすべて取り外しての全塗装は、ガレージスターフィールドでは当たり前の光景です...

FC3S レストアにおいて 最大の泣き所

FC3S レストアにおいて 最大の泣き所

昭和から平成へと年号が変わると同時に登場したFC3Sの後期モデル最大の泣き所は、ズバリここです。 裏側を見るときにリフトで上げるときに使うジャッキポイントです。中村屋に愛車点検でくるFC3Sの90%がこのような状態 これを治すためには、フェンダーや内部支柱だけではなく 骨組みから組みなおす必要があり 今回こういったレストアに強いガレージスターフィールドでの板金修理と全塗装は90度まで車を回転させて裏側を下から見るのではなく立って横に見れる位置に冶具で固定して腐った骨格の入れ替えを行います。...

More Post

お便りインプレ

6/23 YouTube開始まで

日(s)

:

時間(s)

:

分)

:

(S)

カテゴリー(スクロール可)

EcoCPU

シャーシダイナモ

予約カレンダー

FD3S FC3S

公開することの意味は大きい

https://youtu.be/axE6ocxuSQs エンジン組付け、やり方にはいろいろあるだろう。そしてさらに、今度はこういった作業にもユーザー立ち合いを提案してゆくことになる。  もはや、革命だな  もうこうなると、我々整備士にはごまかしなんてできなくなる。 そもそも、ごまかす気などなければ、一緒に楽しむ気でしかないから...

エンジン載せ替え、終了

走行テストも終わり、もう、今日には完成してます。 私たちの大好きなRX-7の為に出来る事を愛情をもって行います。

前期FC3S エアフロメーター修理

35年、、、12万㎞も超えてくると接点が悪くなりました。そこで禁断の修理を行ったところ目に見えてアイドリングの安定と、アイドラアップの不調を治すことに成功しました 新品に変える事が出来るなら買えたいところですが、無いものは治す。分解と洗浄、調整。...

FC3S スポーツタービン

皆様 本日、愛車の仕上げありがとうございました。 中々伺える場所では無いですが、いつも暖かく迎えて頂き感謝いたします。帰りのドライブですが、ロータリーとは思えないトルクにびっくりしました。...