FC3S スポーツタービン2速3速の動画

FC3S スポーツタービン2速3速の動画

純正触媒の限界、250Psを攻めていますが5500回転以上はブーストを引き下げて触媒のオーバーヒートを避けています。十分速いのですから、230馬力ぐらいに抑える事もCPU側で制御可能です。 ETC通過後、道幅も広いしたまにはアクセル全開。  2,3速の一瞬の加速を楽しみたい大人仕様 純正レイアウト専用タービン、燃料ポンプはFD3S用を推奨します。純正交換のインタークーラーまでをお守りください。 尚、低回転からのブーストの立ち上がりがあります。2700回転で0.8㎏まで上がってしまいます。...
FC3S スポーツタービンは全域において軽快

FC3S スポーツタービンは全域において軽快

ハイフロータービンとは呼ばないスポーツタービンのイメージは全域において軽快なこと。ユーザーレビューもありましたがイメージを動画にしてみましたのでご想像ください。  仕様は純正風であること。 ARC製インタークーラーに純正触媒、純正フロントパイプを使用し、排気で交換したのはレーシングビートのデュアルママフラーだけです。 スポーツタービンと言えば低回転が遅いイメージがありましたが、このGCG製のRECHARGEスポーツタービンは完全に予想を裏切ります。 もっともブーストが上がりにくい1速のギヤでの、たち上がりも軽快です。...
土曜納車に間に合ったー

土曜納車に間に合ったー

ラジエターやインタークーラー、腐食した部品たちを交換し、クロスメンバー等長い道のりでした。土曜のお昼には納車です。 今日もいろいろありましたー。
EcoCpu-V 到着

EcoCpu-V 到着

こんばんは、@@市の@@です。 本日、ECO CPU Vが無事に到着いたしました。 早速、箱から取り出して装着して近所を走ってみました。 実走行の感想としては、他の人たちの感想にあるように 低回転で粘り、加速も良くなっているような気がします。 乗り味の変化とともに燃費が改善するのも楽しみです。FD800Tiではオーバーブーストの傾向があるとのお話でした。 やはり後付けのjブースト計くらいはつけた方が良いのでしょうか? そもそもいい歳ですし普段からそんなにスピードは出さないのですが、...
RACINGBEAT SA22C

RACINGBEAT SA22C

とても似合っています。 SA22C FC3S FD3S のRACINGBEATマフラーは店長ブログのある通販チャンネル 、メールアドレスまでお問い合わせください