よみがえる圧縮

圧縮低下の解決へ

100%解決するわけREはないけれど、『製造後20年ー30年』というこの現実に今までRE業界の目が届かなかった理由の一つが、簡単には抜けないという事だろう エンジン不調の原因となる劣化部品の新メニュー交換 として、インジェクターやオイルポンプの交換と共に行われる洗浄や『金オリフィス』交換だが、まず抜けない   できれば外さず洗浄したいところだが、ここまでたどり着くのも一苦労だ。なんせ30年と語ってる前期なら確実にたくさんの部品の賞味期限か切れているからホース一つも、抜けるのではなく折れる...

続きを読む

ロータリーエンジン 圧縮低下の要因

蘇らない圧縮の原因 を、2日前に施工したRX-7のユーザーからメールが届きました 作業中の動画、決定的圧縮低下の要因もわかりやすくUPしていただけたようです。   中村さん 若狭さん 昨日は大手術ありがとうございました!感謝感激です! エンジン音が静かになったのとアイドリングの安定感が増したのはスグに体感出来ましたし、ずっと400キロの距離を3千回転以下で走ったのですでに低回転のトルクも太り、アクセル踏まなくても車が前に出る感じがしてきました!...

続きを読む

蘇らない圧縮の原因

OHをすることがなかなか出来ない程の高額なエンジンOH時に掛かる部品代金 エンジンの距離が進むと圧縮が下がりますが、補器類の交換や制御の見直しで阻止、もしくは復活させることが可能です。 しかし、中には変わらないどころか、下がり続ける車両もあります。 この春ごろから内密に検証を続けてまいりました  内密と言っても、解決した実数を稼ぎそのうえ経過観察をするためです。...

続きを読む

圧縮の低下、原因の一例

わかる人にはわかるだろう。この部分に取り付けするワンウェイチェックバルブ、負圧走行時に空気とオイルを混ぜる機能を持ちます。 メタリングオイルポンプのチェックバルブ この部分に取り付けるワンウェイ内蔵ボルトを交換する整備士は多い、しかし問題はその下にある事がわかった。 走行距離が少なくても詰まるし距離が多くて古いエンジンでももちろん.そして...

続きを読む

帰ってこない圧縮に、、、光

オーバーホールしても新品でエンジンを取り付けてもすべてが新品というわけではないだろう、そのいくつかの中、また作業中にうっかり見過ごす一本の細い線があり圧縮がある程度上がってから、また下がり始めるという7が数台あった。 そのきっかけになるキーがこの写真だ。しかしこれはまだ確定ではない。多くの要因を加味して様々な角度から検証し、その時期が来た。 既にここで2台処置し結果を得た(まだ光レベル) もちろん、それではまだ足りない この部分にたどり着くにはまだ30分はかかってしまう。 もう少し理論的に、そして台数をこなし...

続きを読む

FD3Sの圧縮回復

去年の圧縮が8前半に落ち込んだ記事を上げました その写真がこちら。 前がせっかく8.8の末広がりという幸運に恵まれながらも不運にも後ろの圧縮は下がってしまっていました この時にEcoCpu-Vをお勧めしたわけですが、それ以外にサイクロンアースも、おすすめさせていただいておりました。 その後一年の間にフィードバック走行だけではなく通勤に使っただけで結果を出した値がこちらです。 フロントはこれ以上改善できないほどだったのか?変わりはありませんでしたが後ろはてきめんに効果を出しています...

続きを読む

帰ってこない圧縮 2

フィードバック走行を行っても、圧縮が戻らない場合があります、そこで世間ではあまり知られていない圧縮が帰ってこない要因を現物を用いて解説しています。  前回はポートエアの不調があった場合、実際に起こっている『詰まり』について書きました この写真が示す事は排気ガス装置(ACV)が不調の場合、ロータリーエンジンはカーボンが大量に発生してしまうという事で、その影響はローターハウジングに及びます。...

続きを読む

帰ってこない圧縮 1

圧縮が戻る事も多い中、圧縮が下がる、もしくは回復しない一例として排気ガス装置の不調の例を書いてきました エアコントロールバルブの不調や、エアポンプが無い車両において圧縮が下がっていてもこういったパーツの修理や交換をしても圧縮が改善されない理由を明確に書いていませんでした。その理由はポートエア不良によるカーボンの巻き込みによる物理摩耗です。(燃焼した排気ガスには圧力差や慣性、温度によって脈動を伴い排出されます) 通常...

続きを読む

問題の答え 果たしてこれは単なる推論 か?

あくまで私が燃焼室に入ったわけではないので推論になります。  ただしこの解説には目視でわかる比較、そして理論と根拠と実績があります。 前回の提出したハウジングを見比べる問題で使用した写真 001 002 には、拡大すると明らかにポートエア加工穴の状態に差がありました。おそらく001は002に比べ圧縮が下がっていたエンジンでしょう。 001 002 ポートエアはREにとって大事な役割を持ったシステムの一部です...

続きを読む

マツダリビルトエンジン、アペックスシールの摩耗量と考察力

前回分解したサーキット&通勤360馬力仕様のエンジンの続き、今日はアペックスシールの摩耗量についてお届けしよう まずは2ピースアペックスシールの高さを手元にあるノギスで測ってみよう。マイクロメーターは見にくいから客観的比較ね。 新品はうちの、ノギスだと9.2㎜ 今回摘出したサーキット&通勤で使用したアペックスシールは8.65㎜  摩耗量は 0.55㎜だ。  これは過去に分解したら摩耗量が0.3㎜だった記述に比べ一見多い。...

続きを読む

圧縮が下がったのでエンジン分解しました

FD3Sに組んで走行3000kmのエンジンで圧縮が上がってこないエンジンの原因究明をしています。 当初はアイドルはもちろん走行も順調でしたが2000kmを超えたあたりから『圧縮』の低下です。片方が9kを超えて順調であったのに対して片方は8近辺、前後差で1K近くの差がありました 最近では燃費も高速でフィードバック走行でも他と比べて燃費が思わしくない。←コレ重要  もちろん、慣らしですから回転を上げて走るわけもなく。  普通は、エンジンを疑いますよ。しかし・・・...

続きを読む

蘇る圧縮 と、昔のゼロヨン

当初駆け込んできた時に諮った圧縮が、7.2 7.2 7.3 と 7.6 7.6 7.7。 その後、Vマウント化や部品の交換、EcoCpu-V エアグルーブ化を本人が行い、コイルやACV等も自分で変えて持ってきた 今回測った圧縮は 8.6 8.7 8.7 と 8.5 8.5 8.7 1も上がってるじゃないか!  仕様に合わせた制御、  制御に合わせた仕様は覆すことができない。   目的がある時には結果が必要で代替案、補修案を用意してゆかねば話にはならない。 補器部品の交換に伴う作業もガレージで行ったそうだが、なかなかたまげた。...

続きを読む

レガリスの変色について

2月27日、中古車点検とECO CPU取り付けでお世話になりました@@と申します。 先日はお忙しい中、多数の点検、誠にありがとう御座いました。 ECO CPU換装後もフィードバック走行の徹底及びコイル3機、パワーケーブル、各種センサー類の交換等を行った結果、圧縮がフロント8.4、8.3、8.5、リア8.6、8.6、8.6まで回復いたしました。 中村屋様の皆様の点検や作業、アドバイスのお陰で自身のFDも調子が良くなっているのを実感し、大変嬉しく思います。...

続きを読む

さあ、マツダ特有のロータリーとディーゼルエンジンを守ろう

マツダはロータリーエンジンやディーゼルエンジンという他のメーカーがやらない事に挑戦している。そして我々現場は保証が切れた後のマツダ車を保有するユーザーを支える為、整備士の技能を生かしユーザーが求め続ける限り再生へと挑戦し続けなければならない。 マツダのディーゼルやロータリーエンジンにおいて排気ガス装置は燃費やトルク、寿命に大きく関与している。 排気ガスの効率は負荷と回転数で変わる。 その中でも、窒素酸化物『NOx』は燃費やトルク、しいては寿命と大きく関係している。  EGRは低域に浄化性能を発揮するタイプだ。...

続きを読む
とにかく、サイクロンアースは買うべし! FC3S ハイフロー 128000円(T3系)

アーカイブ

カテゴリー