空気の流れ

内燃機関はシーソーです

内燃機関はシーソーです

> 中村様 > > 話が噛み合わず、すいません。 > そう言うことだったのですね、理解しました。 > > @@エアインテークは、ブローしたときに付いていたものなので、手元にあります。 > ただ、これを見ても容量が…とかがピンと来ていない辺り、素人丸出しで申し訳ないです。 > > 社外エアクリーナーボックスが空気を取り込む入り口は確かに狭い印象はありました。入り口も狭いし、もしかしたら内部の容量も必要量に満たないので、エンジンに入る空気量が減って、相対的にガソリン濃くなり、馬力が上がってしまっている、と言ったことでしょうか? >...

続きを読む
中古車点検は無料!

中古車点検は無料!

限定車のRSRが無料点検で入庫した 美しいラインだ 前はMSのバンパーが付いてるんだ ところが、、、前から見ると インタークーラーの吸入ガイドが見えない・・・ これだと、FD3Sの冷却風の流れが悪くインタークーラーが走行風で冷えない事になる で、マツダスピードのバンカーをカットすることにした こうやって切り取られたバンパー...

続きを読む
アクセルを踏んでも、車が反応しないポイント

アクセルを踏んでも、車が反応しないポイント

RX-7はスポーツカーでアクセルの反応がそのスポーツカーゆえんの性格を与えてくれるものですが、製造後17年、8万km走った5型FD3Sでは、アクセルを踏んでも車が反応しないポイントがありました。 反応というのは、アクセルを少し踏み込んだ(1cmほど)一定アクセル開度からジワッと踏んだ時の反応。、車両状態としては 5速 時速40km~50kmぐらいの領域。。ここの反応が薄い原因の一つとして、インタークーラーのダクトの不良もあったので修理後、改善しました...

続きを読む
アンダーカバーのヒント

アンダーカバーのヒント

こんなところにヒントが。 壊れたアンダーカバーを、補修。  アンダーカバーは、風を味方にする重要なパーツだ   穴が開いて、も、、放置しっぱなし 割れっぱなしじゃ、、なあ。。 ホームセンターで補修に使える樹脂がある ま、柔らかい下敷きのようなものだ  仕上げは・・...

続きを読む
開口部が大きい=冷えるではない 1

開口部が大きい=冷えるではない 1

と、そのまえにまず、、開口部に関して  ”大きいほうが冷える=かっこいい”  が、先行してるんだけど、いろいろあるよね  今回はこの劇猛暑に乗じて、開口部の話を進めてみよう   各社、いろんなイメージがあるんだけどね      好き嫌いがはっきりするトヨタ、、ちなみに僕は好きになれない    デザイナーにバンパーには、ナンバーがつく事を    伝えておくべきだった。。マツダ@=@    なぜだ?こんなに開口部がおおきいのに    ぶさいくじゃない    上に似てるけど洗練されたスバル ・ ・・ ・・・...

続きを読む
現物あわせ?、そう、これが中村屋の現物あわせなんだ。

現物あわせ?、そう、これが中村屋の現物あわせなんだ。

名古屋から来た7は、ちょっと違った  なんせ、、熱い。  なんせ、熱いんだ。。。   なんか、、遅い・。・   重い・・・   数点、センサーも変えてある。。となると。。   こういう場合、データーの書き換えじゃない。   本質を見極めると・・・・   こうなって。。。   例の作業をして   そう、、、    これだ。  何でもかんでもデーターを書き換えるわけじゃない  調子がいいなら書き換えないのがBESTという選択肢もある。   30年の枯れた整備士の勘が働く。    結果・・・当然。。。        直った。...

続きを読む
アンダーカバーってついてる?3

アンダーカバーってついてる?3

そうだ、そこで僕が用意したのはこれだ。前期にはもともと2重構造でついてる部品を切り取って加工し、空気の流れを改善できるのだ。 今回の話は前期に限られてはいるが  このパーツ見覚えがあるだろうか?  もともとは前期の冷却不足を解消するためにアンダーカバーは2重構造になってるんだが  リストラされて、後期はスポンジになってるんだ。  で、前期で加工してあまった分を切っちゃう  何に使うか?  現在、  理想  そうだ、これだけで  たったこれだけでエンジンルームの掃気が理想的になるんだ...

続きを読む
アンダーカバーってついてる?2(インタークーラーの冷却)

アンダーカバーってついてる?2(インタークーラーの冷却)

昨日の記述のように今の時代はアンダーフロアまでを考えて作ってる いや、当然考えて作られてるべきなんだよね。  当然、RX-7もそれを意識して作られてる   前から入った風は、どこに行くか?   当然、クロスメンバーやミッションハウジングトンネル等を伝って   下に排出されるわけだ。    排出と言うか、負圧、圧力差によってフロアの下に引き出されるんだ。   前から入った空気は。。。。当然、、   タジエターの角度にあわせて向きを上方向に変えてあげなきゃならない。 仮に・・・   アンダーカバーが無いと、、、どうなるか?...

続きを読む
チューニングの落とし穴、アナあきボンネット

チューニングの落とし穴、アナあきボンネット

過去の記述より再掲載。。。 ”チューニングの落とし穴、アナあきボンネット”です 今をさかのぼる事、30年前の1977年、F1では非常に大きなサイドステップを持ったユニークな形のF1マシンが優勝しました。他をまったく寄せ付けない軽快なフットワークを持ったロータス78です...

続きを読む
アンダーカバーってついてる?

アンダーカバーってついてる?

ついてるはず、無いとこまる。  空力的にも、冷却的にも。  。。。。。。。。。 今日ははるか、1200km彼方、青森から点検にこられた。     が!!!   到着時に エンジンルームの熱気で気が付くことがあった。  アンダーカバーが無い車に近い症状だ。 みてみると、カバーは付いてる。   しかし、ついてるだけの状態。 スポンジが無くて、後ろ側まで、空気が抜けちゃってる。w 裏が丸見えなんだ、、、、 アンダーカバーをはずすと、、、スポンジが無く。 のっぺらぼうーー 。 わずかに、スポンジが張ってあった形跡がのこるのみなんだ...

続きを読む

アーカイブ

最近のコメント

カテゴリー