確かに高回転ではキャピテーションを起こすことを防ぎます。  自転車の5段変速と一緒で  駆動されるプーリーは大きくなると回転がおちます。 ただし、アイドリングや3000回転とかのキャピテーション(冷却水の泡立ち)と無縁の回転領域は水流量が減ることになります。  渋滞や、まちのりでは水温が上がります。 あれ?  なんだ?これは?...

続きを読む