カーオーディオ

なんとこれは?

なんとこれは?

新しいギミックが届いた。 「ロックフォード・フォズゲート」から新機軸DSP『DSR1』  もう、こんなの大好き  小さいくせに有能なやつなんだ。 サウンドナビのMZ-200Premiを、ネイティブに3Way化するにはこれが絶対になのだ。...

続きを読む

FD3S ナビ取り付け ツライチ

FD3Sのナビゲーション取り付けは至難の業で、飛び出しが気になるはずです。下手をするとシフトレバーにあたってしまいますよね? こちらのリンクをクリックして、どうやったら奥に入るか?ここに、答えがあります。 ハイエンドAVナビの新作 AVIC-CZ902XSも、奥に入ります。...

続きを読む
ナビゲーションを付けるときに、飛び出すよね?

ナビゲーションを付けるときに、飛び出すよね?

約 1.5㎝も、指定より奥にへこませることで、きれいに見えます。 https://youtu.be/B4H-DHazFio たくさんの動画登録ありがとうございます、これからも、RX-7に乗る皆さんの役に立つ動画を作る励みになると、動画スタッフが言っています。中村流のプラグ交換や、スロットルの分解も動画にあげ、解説を加える事で、みんなが参考に出来るチャンネルを作ってゆくと動画スタッフが言ってました。 ステーを指定位置よりも、一つ奥のねじにいれると、こんなに、スッキリ高さが合うのです。...

続きを読む
RX-7に、AppleCarPlay(アップルカープレイ)メモリーナビ

RX-7に、AppleCarPlay(アップルカープレイ)メモリーナビ

今日は激闘でした。 さいばーHDDナビを外して取り付けを行ったのでまる一日、、掛かったんだけど、  歳を取ると午後からは5分作業しては10分休むという繰り返しになっちゃう 車の中でiPhoneを使うための、より優れた、より安全な方法。それがCarPlayです。 現在一部の車種に搭載されています。CarPlayは運転中にあなたがiPhoneでしたいことを、車載ディスプレイで直接操作できるようにします。行き方を調べる。電話をかける。 メッセージを送受信する。音楽を聴く。運転に集中したまま、すべてをこなしましょう。...

続きを読む
今日はデッドニング

今日はデッドニング

FD3Sのデッドニングの方法、ショップに出すのもよし。自分でやりたい人も多いでしょう。 そこで、ワンポイントアドバイスを。 DAYで出来る安くて最大の効果を上げるためにはいくつかのキーがあります写真の白いプラスチックは純正SPからはぎ取ったものです。。...

続きを読む
あれ??

あれ??

箱が2つに増えましたw  卵を産んで2匹になったようです。  今回入れたのはツイーター側  これで内蔵アンプをすべて使っていない状態   mosconi pico2x2個で4chドライブになりました   この大きさで2個入ってもアルパインKTP-445UJ一個分と同じ大きさ     ツイーターの音がうるさくなくなった。  めっちゃGAIN上げれるじゃありませんか。。  アルパインじゃ出せないわ、この音。  年齢に見合ったアンプも必要なんだな。  若いときはアンプなんて何を使っても一緒と思ってたけど。...

続きを読む
mosconi pico2

mosconi pico2

mosconi pico2 は熱い。3分であっちっちでパワー感が激減する で、こうなるとすることは一つ モスコニをパソコン用のヒートシンクで冷やすのだ~~ こんなに小さいんだから半端ない発熱。 こんだけ張れば、どうよ?と、、 でも発熱の本体は、、ここにある なやんだあげく、、、設置の環境で、、こうなった 冷やさなきゃならない部分と、真逆になってしまったんだが・・・ それでも効果は十分、デッキの裏のファンの風でかなり温度が下がる事が確認された で、効果は。。。。後日! Leistung 4 Ohm (x2) (x4/x2) 75...

続きを読む
mosconi pico2 モスコニ

mosconi pico2 モスコニ

 MOSCONIはイタリアのパワーアンプブランドで、stegの元技術者が自らの名前をブランドネームに冠して立ち上げている。PICO2はGLADEN PICO Line の中でももっともコンパクトなパワーアンプで、このボディから80W×2(4Ω)、100W×2(2Ω)、そしてブリッジ接続させて200W×1(4Ω)という定格出力をギャランティしている。ハイとローの入力切替えや、ハイパス/ローパスの設定(スロープは12dB/oct.@80Hz) 小さいのが売りだ しゃれたはこ あけて更におどろく この大きさで大丈夫か?と思わせる...

続きを読む
nakamichi って知ってる?

nakamichi って知ってる?

今から14年も前の2004年画期的なCDプレーヤーが発売された  今でこそ、ハイレゾ音源とかいってるが  nakamichiから発売されたCD-500は一味違っていた   DACは24bit/96kHzをサポートしMP3を再生できる高級機 画期的なCDプレーヤーも作っていた Nakamichi MD-95Z なんと本体に6連CDチェンジャーを内蔵していた  ドラゴン や  カセットデッキに24万もする  TD-1200 NAACが1983年に発売されていた  もう一度復活していただきたいな・・・...

続きを読む
ウーハーの修理

ウーハーの修理

デッキで調整してると、、音が割れてきていた。  みると、、亀裂が、  いや、、すでに  割れてるじゃんかー  仕方ない・・・秘蔵のウーハーを。・・・  壁からおろして・・入れ替えた。  このウーハーボックスを作ったのはたしか15年ほど前だったな  今は次の新しいユーザーが使ってる 秘蔵のウーハーは、大昔に僕が使ってたもの 10年以上前、に作って、乗せてた。 いまも、マッキントッシュのデッキを愛用してるけど むかしはマッキントッシュのアンプも使ってた  当時の仕様 MX4000 Audio Control Center...

続きを読む
アルパインアンプ  KTP-445UJ 分解のレビュー 3

アルパインアンプ  KTP-445UJ 分解のレビュー 3

第三弾、いくぜーー  パワーアンプと言えば”熱い”、、だが  このアンプは少々鳴らしても大丈夫、手で触れるぐらいだ   とはいっても、冷やせばそれなりに熱ダレも起こしにくくなる      アンプの諸元表を見ればわかるが   どんなアンプにも原動機のようにちょうどいい温度がある   どんなアンプも熱が上がると、出力を勝手に下げて焼損を防いでるのだ    KTP-445UJの、場合はここ アルミボディーのヒートシンクの切込みがある側に偏ってる...

続きを読む

アーカイブ

カテゴリー