純正タービンを外せ”!

FD3S タービン取り外し、4つの鬼門 No2

FD3S タービン取り外し、4つの鬼門 No2

丸裸になったところで、前回の3番、Fパイプのねじが外せない、もしくはナメテしまうという問題がここでかなりリスクが下がった状態に見えるはずだ。 フロントパイプのカバーを外して、上の14㎜のナットを外し、おっとここでO2センサーのカプラを抜くのを忘れずに。 ついでに、ターボコントロール系のスチールパイプ&ステーを外しておくことを忘れないで。当然整備士ならここで、水のホースIN&OUT,邪魔なヒーターホースを抜くだろう。 、...

続きを読む
FD3S タービン取り外し、4つの鬼門 No1

FD3S タービン取り外し、4つの鬼門 No1

前回の記事の続き、、(←正しく仕上げたいなら、よんでおくようにー)1番のリヤ側のターボの吸い込み口、すなわち。。。これだ。 これを何としても外したいわけだが、これがクラッチマスターに当たってナットを外してもボルトが当たり抜けないはず。ならばこのスタッドボルトを専用工具、なければダブルナットで抜いてしまえばいいのだ。下にもぐって抜いてしまえ、そうするとかなり自由な空間が出来上がる。 そしてその自由な空間を使って、...

続きを読む
FD3S タービン取り外し、4つの鬼門 序章

FD3S タービン取り外し、4つの鬼門 序章

そろそろFD3Sのターボチャージャーの交換時期が近づいてるRX-7も多いだろう、新品タービンの在庫もあるうちに交換を考えてる人もきっと少なくないはずだ。 となると、頼りはディーラーしかない  おそらくこの話はディーラーのメカニックが読むはずだ。  まず簡単にいうと4か所の鬼門をくぐれば簡単だ。 初めてFD3Sのターボを外すときに鬼門と呼ばれる作業がある 1 リヤ側のターボ入口が外れない  (クラッチマスターに当たって抜けない) 2 2-1集合部が外せない  (前に抜きたいが、ボルトが当たって抜けない 3 フロントパイプが外せない...

続きを読む

アーカイブ

カテゴリー