純正エアクリーナー

無料で馬力が上がる エアダクト編

無料で馬力が上がる エアダクト編

以前にも書いた通り無料でパワーアップする方法がある。夏場、特に渋滞ではこの方法で絶大な乗りやすさを手に入れるだろう で、それに付随する話で1-4型の前期までのFD3Sへ、5型以降のエアダクトを付けるときのポイントがある 穴が開いてるとインタークーラーの風が・・・・ どう流れるか?考えてみよう 無駄になってるはずだ。 こちろんこの場所への加工も見逃せない それぞれに、耐熱のファイバーテープで3か所を蓋するだけだが、効果は絶大だよ。...

続きを読む
FD3S 1-6型以降のエアダクト 注意点

FD3S 1-6型以降のエアダクト 注意点

ダクトを前期に変えたり。ついていない車両もあるだろうからあとで取り付けることがあるはずだ。 その時にネジに長さを確認してほしい 長すぎると下にあるメインハーネスに傷をつけて、ショートしてしまう事がある これは明らかに長すぎる...

続きを読む
内燃機関はシーソーです

内燃機関はシーソーです

> 中村様 > > 話が噛み合わず、すいません。 > そう言うことだったのですね、理解しました。 > > @@エアインテークは、ブローしたときに付いていたものなので、手元にあります。 > ただ、これを見ても容量が…とかがピンと来ていない辺り、素人丸出しで申し訳ないです。 > > 社外エアクリーナーボックスが空気を取り込む入り口は確かに狭い印象はありました。入り口も狭いし、もしかしたら内部の容量も必要量に満たないので、エンジンに入る空気量が減って、相対的にガソリン濃くなり、馬力が上がってしまっている、と言ったことでしょうか? >...

続きを読む
エアポンプの音、気になる車両がありますよね?

エアポンプの音、気になる車両がありますよね?

例えば、前置きインタークーラーの車両や、社外エアクリーナーの車に見られる、エアポンプのリリーフ音です。 止まってる時にカラフカシをすると・・・  ぶぺぺぺぺ・・・・  ある回転数に達すると   ぷぺぺぺぺ。。。  走ってる間、ずっと聞こえるので上のリンク先にあるようなリスクを承知でめくらフタをしてる人もいるはずです。 今回はEcoCpu-Vで圧縮を基準値に近いところまで取り戻しましたが、やっぱりこの仕様で息子までつなげたいというお願いを、聞き入れました。しかし、そのためには彼は仙台から11時間を超える移動を余儀なくされました...

続きを読む
筑波で、59秒だって!?純正エアクリーナー?

筑波で、59秒だって!?純正エアクリーナー?

そんな訳ないだろう??  だって、どうみたって純正風だ  マフラーは変わってるだろうが。。 あれだけ、皆が必死にチューニングして作った7のタイムを、 ”ノーマルな7で、あとは腕ですよ、” と言わんばかり。 まさしく、今までの常識を覆す結果だといえる  一番下のタイムがそれ。    今までの常識を打ち破ってる  一枚剥けたら、戻りましたーみたいな。 さて問題は、この車のタイムを君たちがどうやって塗り替えるかだ。フルチューンエンジンや、前置きのIC仕様で抜いても意味が無い...

続きを読む
燃費が悪くなってきたーその原因、

燃費が悪くなってきたーその原因、

以前も書いたが古くなってきたRX-7に社外のボックスタイプのエアクリーナーには欠点が露呈する傾向にある。 エアポンプのエアーをACVで調整して残った戻りエアーを直接エアクリーナー内部に戻しているのだ。(純正エアクリーナーボックスは内気循環せず外に出している)  これは、これでACVが新しいうちは問題が出ない。 ところが、15年も経つとそうも言ってられなくなる。 いくつかあるこの穴、が特に黒いのがわかるかな? それぞれ6つの穴につながった作動がある ブローオフという名称の穴はタービンの余った空気を出す(多少のオイルうぃ含む)...

続きを読む
吸気温度の話

吸気温度の話

最もいい考えは密度の高い冷えた空気をタービンで吸わせ、タービンの回転数を抑えたままブーストを規定まで稼ぎ出す事だ。 タービンの前にあるエアクリーナー内部温度が40度とする場合と、80度とする場合だと同じ加給圧0.9㎏/c㎡まで達するためには10%もタービンの回転数を上げなきゃならないのだ。タービンの回転数が上がれば油温、水温、排気温度にも影響が出てきてしまいともに高くなる。タービンの羽根の温度も高くなるので吸気温度が上がり気味にもなり一切の利点すら感じなくなる。...

続きを読む
中古のACVは有効ではない理由

中古のACVは有効ではない理由

中古でも、なかには既に廃棄される状態ですから使えないものもある。ぱっとみ、洗浄したら使えそうでも機能性を失って役にも立たない中古ACVが高騰するのを防ぐために記述しておく必要があります。 これを理解したうえで、入手してほしい。 もともとACVは、REの2次エア制御に使われるもので、三元触媒と組み合わせることによってCOやHCを激減させます...

続きを読む
社外エアクリーナーの現状、現実

社外エアクリーナーの現状、現実

現物合わせで来店されたんだが、タービンから多量のオイル漏れがあった FD3Sの社外のエアクリーナーに変えると多くの場合 いや、、 必ずと言っていいほど3.4万kmでターボがダメになる ちょっとのぞいてみてごらん タービンの吸入側がオイルまみれだ こうなるのには、ブーストが上がりすぎるという症状と、エアクリーナーについてる排気ガス装置のリターンパイプの不具合によって決定的な間違いがあるんだよ。 デメリットとメリットを知って装着しよう。 いや、 デメリットが多いので純正に戻そう。...

続きを読む
エアポンプのホースが折れた!

エアポンプのホースが折れた!

エアクリーナーを外した時に折ってしまう人もいる 中古で探してるけど、なかなか良品が無い場合にはこんなジャンク品を買うのも手だよ  この場合の、対処法を紹介しよう  このホースが抜けなくて  力任せに抜くと折れる  こんな状態  このホースの中にオリフィスが入ったまま使うと、ACVバルブが破損するから気を付けよう  車検も通らなくなる。  で、ここで使うのは  ラジエターに向かう、ヒーターホース ちょうど、エアポンプのホースにはまる という事になる。 あとは、エアクリーナーに、無理やり差し込むだけ もっと、ぎゅーっと。 完成品...

続きを読む
ACVバルブ分解3 あ、!!こいつが本丸だ!

ACVバルブ分解3 あ、!!こいつが本丸だ!

エアポンプリリーフ側を分解してこそ初めて発覚したのは、エアポンプリリーフ側の動きが悪く固かった事と、パーツクリーナーをかけたらその汚れの量に驚いた 洗っても、洗ってもきりがない 落としたカーボンの量に驚く と、常時に、、動いてきたぁ~~ 背面にも調圧エアポートがあるがこの中も洗う。ダイヤフラムまではがすのは年式を考えると危険だ 20年経っても破れはない、よくできた製品だ もう、ここまでくるとスコスコ動くようになってきた バルブのシャフトにカーボンが溜まったことが固着につながったようだが、、...

続きを読む
そもそも、ACVバルブが不良になると・・・エアクリーナーが!

そもそも、ACVバルブが不良になると・・・エアクリーナーが!

ACVバルブが欠品中だがそもそも、 このバルブが壊れた時に、排気ガスがエアクリーナーに還流する事は以前書いた 壊れる理由は、社外のエアクリーナーにかませるオリフィスであることも書いた かの有名なエアクリーナーでさえ、このオリフィスが邪魔をしてエアポンプで送風し冷却されるべきAVCへの風量を制限することが原因なんだが、、これでエアポンプの性能が長期的に見た時に下がってしまう(無理やり送ろうとするために機械的摩耗が促進される) 他のむき出しエアクリーナーや社外品のエアクリーナーではこんなパーツを見たことがあるだろう?...

続きを読む
エアクリーナー

エアクリーナー

外品のエアクリーナーでスポンジ製が、、長期使用では溶けることが確認されてる 1年以上スポンジ製のエアクリーナーを装着して、ケースを開けてない人は確認すべし、 また・・現実や事例を知っていれば避けることができた故障が起こってる 6型でさえ、走行距離が短くても起こる年式だから大事に乗ろう! これらの商品装着車両、5型以降ではエアポンプが壊れやすくもなってる件数も多くなってる その理由は??、中村がタブーに切り込んでみよう  この手のエアクリーナーには消音目的で穴が小さくなってる ところが、この穴が小さいとリリーフされるべき風量が不足し...

続きを読む

アーカイブ

カテゴリー