インタークーラー

明日10/25日、ARC I/C 受付再開 12/18納期分

明日10/25日、ARC I/C 受付再開 12/18納期分

明日25日お昼12時ごろに『FD3S専用ARCインタークーラー』応募受付いたします。台数は20台と余裕があります。 前回予約いただいたインタークーラーの再販で納期は12月18日ぐらいまでまで待てるという方だけ買ってください もちろん、このインタークーラーはRECHARGEスペシャルで、吸気温度測定用のセンサー穴(1/8PT FD純正用)それぞれ1つずつあります 販売はこちらのサイトで納期は12月18日予定 です。 ARC インタークーラーの詳細はこちらを参考に...

続きを読む
ARC インタークーラー 増産について

ARC インタークーラー 増産について

FD3S専用 ARC インタークーラーの販売は 試作品が上がったばかりで納期が11月末としておきながらも通販の反響があまりに大きく驚いています。 かなり先の納期である11月の末までに予約が多く入ればいいという概念でスタートしたプロジェクトでした。この試作モデルも通常では考えられない程の高額な資金で作り上げられました。数多くの手直しをしてるので売れない(展示品には使えます)けど、原価は定価の2個分以上かかっています。...

続きを読む
ARCの販売情報 公開

ARCの販売情報 公開

ARC製の復刻インタークーラー購入方法はこちら  注文して入金の必要がありますが、発送は11月30日ごろ 税別148000円 外気を効率よく導くインダクションプレートにはステンレス製、ARCのロゴが付きます 勿論ボルトオン。 吸気温度を測定する為のセンサー穴2ヶ所(純正センサー用と8/1PT) インレット側は昔でいうタイプ2型 ARCだけの機能としてこのテーパー加工は入ってきた圧縮空気はここで圧損を下げつつインナーフィンに導かれます...

続きを読む
ARCインタークーラー再販 10/16予約開始

ARCインタークーラー再販 10/16予約開始

インタークーラーと言えばARCだが既に廃盤だ中古の値段も相当に人気がある。 それほどこのインタークーラーの効果は大きいのだ。このたびRECHARGE株式会社では20台ほどの予定でARCと共同で再生産へとこぎつけた 定価148000円(税別) ガレージスターフィールドでも10台直接販売されます RECHARGE株式会社からでは、通販サイトで購入できます しかし以前の通常モデルではいくつかの改善ポイントもあった ARCインタークーラーの取り付け改善ポイントあ...

続きを読む
ARCインタークーラー再販 10/16予約開始

ARC FD3Sインタークーラー再販

今取り組んでいることの中にはFD3Sのパーツの再販がある。 インタークーラーと言えばARCだが既に廃盤だ中古の値段も相当に人気がある、それほどこのインタークーラーの効果は大きいのだ。このたびRECHARGE株式会社では20台ほどの予定でARCと共同で再生産へとむけ努力している しかし以前のモデルではいくつかの改善ポイントもあった ARCインタークーラーの取り付け改善ポイントあ 隙間が大きかったのだ ここでこのまま作ってもダメだ。そこで、、更に冷えが良くなる新型のARCコアを使い、CADで一次案を作成...

続きを読む
無料で馬力が上がる エアダクト編

無料で馬力が上がる エアダクト編

以前にも書いた通り無料でパワーアップする方法がある。夏場、特に渋滞ではこの方法で絶大な乗りやすさを手に入れるだろう で、それに付随する話で1-4型の前期までのFD3Sへ、5型以降のエアダクトを付けるときのポイントがある 穴が開いてるとインタークーラーの風が・・・・ どう流れるか?考えてみよう 無駄になってるはずだ。 こちろんこの場所への加工も見逃せない それぞれに、耐熱のファイバーテープで3か所を蓋するだけだが、効果は絶大だよ。...

続きを読む
FC3SのARCインタークーラー取り付けのポイント

FC3SのARCインタークーラー取り付けのポイント

入手困難なインタークーラーです。この取り付けには2つのポイントがありますので詳細はこちらに書いています オークションでユーザーが落札したARCのインタークーラーには取り付けのステーが無かった為に5㎜の肉厚を持つアルミを切って作り上げました。 このおかげで、ARCのステーより強度があるおかげであれだけ不安定なARCの純正交換インタークーラーが全くグラグラしなくなります。 [video width="960" height="540"...

続きを読む
純正インタークーラーの話 8

純正インタークーラーの話 8

前回のお話は、FD3S前期は低域に強く少ない走行風でも冷える効率特性 後期は、280psに対応した大風量にも適した構造だけれど、前期モデルよりも多くの走行風の確保が必要であると書きました でもその前に前期FD3Sの外気導入の構造を知る必要があります この中で、大事なポイントはこの部分になります なんと、この構造を見る限りFD3Sの初期モデルの外気導入の使い道は3つあることがわかりました。  インタークーラー  エアクリーナーへの吸気  エアコンリキッドタンク冷却と、バッテリーの冷却&ガス掃気...

続きを読む
純正インタークーラーの話 7

純正インタークーラーの話 7

前回、純正インタークーラーのレイアウトは外気がどのように入ってどのように出るか?が重要になるというポイントを書きました。  FD3Sのインタークーラーには前期と後期で2つのモデルがありボルトオンで交換が可能です。...

続きを読む
純正インタークーラーの話 6

純正インタークーラーの話 6

前回話したのは、インタークーラーは外気がフィンを通過してこそ性能を発揮するという事。  いくら大きくても風邪が当たらない、もしくは当たっても裏側まで通過しなければ熱を奪えないという話だった。  FD3Sでも、FC3Sでも話は一緒  で、  んじゃFD3Sの場合外見の構造によって外気が熱を奪う効率が変わりそうだとも気が付いた人もいるだろう?  もちろん。 FDの前期モデルの場合車両速度が低い場合でも外気が通過しずらくてもたくさんのフィンに接触するから熱を奪いやすいのだ。ただし、。。...

続きを読む
純正インタークーラーの話 4

純正インタークーラーの話 4

もうすこし、解りやすい写真が撮れたので見せましょう こっちが前期 拡大すると、 前期は荒い目だから、入ってきた空気が隣の列に流れ込んだりして一気空気が抜けない。つまり車両前からインタークーラーを通過してエンジンルームへと通過する空気の流れが悪い。という事は滞留する時間が長いから前から入ってきた空気でインタークーラーの熱を奪いやすい。ね、前期でも十分な性能を持ってるわけです。...

続きを読む
純正インタークーラーの話3

純正インタークーラーの話3

お待たせしましたー前回のインタークーラーの話の続きです  FC3Sのように小さめのタービンであった場合大き過ぎるインタークーラーはターボチャージャーの効率を外すことがあることを書きました。 では、FD3Sの場合はどうなのでしょう?  FD3Sの前期後期のインタークーラーには、完全に互換性があります 見た目に差は見えないようだと感じるかもしれません。 ところが、、前期と後期モデルを比較してみると・・・  いろんなことがわかりますね。  さて、どっちがどっちでしょうか?...

続きを読む
純正インタークーラーの話2

純正インタークーラーの話2

前回はFC3SやFD3Sのマイナーチェンジに伴ったインタークーラーの話だったと思う。  FCは少々(整備士にとって)のステー加工で取り付けが可能です。  FC3S前期のI/Cは、僕の記憶の中では220PSが上限だと考えています  また、FC3Sの後期純正I/Cになると260PSが最大です   意外と出るでしょ?   それはまあ、吸気の温度を無視してエンジンの効率外で使うならですから、めちゃくちゃな加給を掛ければ一瞬ですが出ます。純正タービンでも280PSってのも出ました...

続きを読む
中古車点検は無料!

中古車点検は無料!

限定車のRSRが無料点検で入庫した 美しいラインだ 前はMSのバンパーが付いてるんだ ところが、、、前から見ると インタークーラーの吸入ガイドが見えない・・・ これだと、FD3Sの冷却風の流れが悪くインタークーラーが走行風で冷えない事になる で、マツダスピードのバンカーをカットすることにした こうやって切り取られたバンパー...

続きを読む

アーカイブ

カテゴリー