純正水温計をまともに動かせ!

純正水温計をそれなりに動かそう!

純正水温計をそれなりに動かそう!

もともと水温計はRX-7に当然ついています ところが、ユーザー心理に影響が出る事を懸念して、いつみても針は真ん中です。   冬場で走行を始めて2㎞程で動き出し明らかにまだ水温が80度も上がってないだろうという状態でも真ん中、真夏でサーキットを走っていて社外の後つけ水温メーターで100度ぐらいあがっていても純正は真ん中。   FC後期やFD3Sの水温計は60度から110度まで全く同じ位置にあり、サーキット走行等でうっかり純正メーターだけを信用してしまうと気が付いた時には手遅れの120度を超える事もあります。...

続きを読む
リニア水温計の配線、加工方法

リニア水温計の配線、加工方法

水温計をダッシュボードの上に両面テープで貼り付けるのを卒業したい人向け そろそろダッシュボードに追加メーターを3つ並べるのに抵抗が出てきた人もいるはず。 抵抗を一本、ダイオードに並列に付けるだけで純正メーターが、社外品までとは言わなくともリアルに動くようになります。針の位置はこちらに上がってる通りいままで全く動かなかった純正水温計の針が、渋滞ではそこそこ上がり電動ファンが回れば当然、針も下がります。 配線図は下記の通り  900Ω が基準ですが  2000Ω の二通りもあれば十分でしょうが  3000Ωはもっと下に下がります...

続きを読む
水温計できた

水温計できた

900Ωを赤丸矢印に一か所ダイオードに並列につなぐ メーターパネルから本体を外した状態で半田が可能  ここならギリで加工できる  針を抜く必要はない 現在900Ω(0.9kΩ)での値 これが高いと感じるなら2000Ω(2kΩ)を並列にすれば3㎜全体に下がります 80度 90度 100度...

続きを読む
全国の整備士、有志の皆さんありがとうございます。

全国の整備士、有志の皆さんありがとうございます。

水温センサーのデーターが一気に集まりました。  もしかしたら、、少なくとも  100度になっても動かない水温計が ぴこーんと、動く!!  早速、注文して検証に入ります  理論上は動くんだ、 ノーマルのFDに取り付けした時に、電動ファンが回る100度を超える領域では、目に見える量(3、4㎜)上がって、ファンが回り始めると水温計がいつもの位置に下がってくる!!  はず。。...

続きを読む
昼から、水温センサーの係数を見る為にマツダにいってきたんだけどね、

昼から、水温センサーの係数を見る為にマツダにいってきたんだけどね、

もう、近くのマツダに水温センサーの係数を書いた整備書がない。  どこをどう探しても。。   ない・・  仕方がないのでミレーニアのセンサーや、BF5P のセンサーの注文をしてきた。   スターフィールドの星野さんは夜になってからわざわざ電話までくれてLA43Sを教えてくださったので書き留めました 下は、友人が送ってくれた他社の水温センサー係数 ここを見るせいびしのみんな、新しい情報があったらメールしてねー  100度まででで25Ω以下であればFDに流用できるのだが。   なんとなく、マツダには無いような気がしてきた。...

続きを読む
整備士のみんなぁ~~方向性はいくつかあるんだが、、

整備士のみんなぁ~~方向性はいくつかあるんだが、、

一般的に純正水温計は非常時以外、動かないという認識で間違いはない。  ・・そこで・・ せめて100度ぐらいに上がったら動かそうという案 社外メーター風にアクティブにフルスケール 簡素なほうがいいという案 そして大事なことは、それを確実にするためには作業が簡単であることだ。メーターを分解するリスクよりも、センサーを変えてしまった方が安心でほぼ同じ結果が得られるし、近くのディーラーでも交換をしてもらえるという点も重要になる。...

続きを読む
エンジンセンサーと、接続カプラのの間に挟みアースするだけ!

エンジンセンサーと、接続カプラのの間に挟みアースするだけ!

の、装置を作ればいい。 メーター周りを分解する必要はない  しかも装置も簡単に作れるはずだ。 もっと、簡単にいうなら、センサーと40Ωの抵抗を並列につなぐ。 これで、図の通りにアースを落とすと合成抵抗が変わり 純正のメーター、いままで105度まで動かなかった針が、下記の表のとおり軽く水温が上がり気味に表示されるのだ。 ということはだな、今まで105度ではピクリとも動かなかった針が、メーターの加工を一切せずとも、この位置を105度で刺すことになるのだ。 おおお!!!!すんげえ! おっと、でもしかし待てよ?...

続きを読む
出来たが、困ったことに。。。なった

出来たが、困ったことに。。。なった

配線を結局2か所変更  赤の波線にあるダイオードを直結に変えて  (ヒステリシス解除)  130Ωから80オームに変更  (針の位置を下げる)  おお、なんとなくスケールが書けそうなほど針が動くね。  でも、問題はここから・・・ 電動ファンが回ると、、、一気に純正水温計の針は落ちるのに、社外メーターは落ちない現象があります。 90度で電動ファンが回った直後 で、ファンの回転でラジエターが冷えるとさらに下がって どんどんさがって。。...

続きを読む
もしや、これはヒステリシスを生む?

もしや、これはヒステリシスを生む?

いろんな実験で、わかったことがある この黄色は中立の幅を持たせる為のアナログ回路ではないかと・・  となると、話は・・・  130Ω分の回帰といえば、もはや偶然ではなくなってくる。  他の回路はクソだ、ここを疑うべきだった。   よーし~!!   あ、仕事だ、、   続きは、Webで、、、@ー@...

続きを読む
リニアに動く配線図はこうだ!

リニアに動く配線図はこうだ!

ひとまず、リニアに動き、ある程度までは下がった。 現在の状態でのセンサーとの相関 50度 200Ωで動き始め 70度 110Ωでやや低め 80度 90Ωで針真ん中 90度 60Ωでやや高め 抵抗は40Ω。 コンデンサーをショートして合成抵抗を下げ、コールド側の145Ωをより活性化させて下げるという物。 元の配線図は、これ...

続きを読む
水温計がリニアに動いた2

水温計がリニアに動いた2

もう少し下がれば!追加メーターが無くても安心と確認ができる、  純正風で、しかも無駄がない。  こうなってくるとしめたもの ほうら、あがってくるぞー そしてこのように上がってー まだ、、もう少し下げたい。 そしてこの陰には、、誰かの苦労が・・ そして、もう一息下げたい。...

続きを読む

アーカイブ

カテゴリー