電装部品

超高速吸気温度センサー インプレ

超高速吸気温度センサー インプレ

お世話になっております。 鹿児島ナンバーセブンです。 購入しておりましたFD用高精度吸気温センサーをようやく取り付ける事が出来ました。 取り付けに関しては、中村さん達の作業を間近で拝見させて頂いたおかげでかなりスムーズに作業出来ました。 ついでにエアフィルターの状態確認まで欲が出て確認する事に、こちらも作業手順を拝見せていたので、かなり早く取り外し確認出来ました。 作業を間近で拝見することが出来るってほんとありがたいです。そこで高精度吸気温センサー取り付け後の感想です!...

続きを読む
新品ダイナモ(オルタネーター)は長持ちする

新品ダイナモ(オルタネーター)は長持ちする

新車から20年、15万㎞を走り、一度も交換していないのでダイナモを変えました まだ壊れたわけではありませんが、安く手に入るうちに新品交換です。(表記上はリビルトと書いていますが大人の事情で実際には新品です) 新車からの新品ダイナモは長く使えますが、安いリビルトだと寿命が短く、内部のコアや電気部品を再利用するので再発までに期間が短くなります。そこそこの金額でサードパーティーのダイナモも選択肢の一つですが15万kmも使えた純正も捨てがたい、、、等。  実績を考えるとならば実績のある新品交換という選択肢を選ぶ方が多くなります。...

続きを読む
マツダの前期改良型スロットルセンサー留意点

マツダの前期改良型スロットルセンサー留意点

もちろん、作ってくれたからこれはこれで歓迎すべき。定価は44000円 しかし前期モデル後期モデル両方に留意事項があることも知っておいてほしい 特に前期モデルはポイントがある。  この話は、書いたら作ってくれたメーカーに失礼だということを十分理解して書いています、しかしメーカー製品を買った後に困るのはユーザーなのでユーザー立場で書いています。 前期モデルでコイルに当たるという理由で改良品が作られたということですが、以下の文章は購入する前にユーザーは知っておくべきポイントです。...

続きを読む
吸気温度センサーのレスポンス

吸気温度センサーのレスポンス

ほぼ目で追える範囲だけど速いわータービンやインタークーラーの前にコレ変えるべきだね アクセルをON(開ける)と気流が流れ込んで一気に下げる。アクセルOFF(閉める)とインマニ内部の温度になる  オン 39度ー33度へ変化  オフ 33ー38度 同じく、またシャーシでじっくり撮れる日が来ることをまとう 次は、停車時の変化、スタートすると一瞬で変化する。RX-7の車速が乗ってないのでさっきほどは下がらないが、ゼロスタートでも変化する 1速 スタート 40ー36 シフトアップのアクセルオフで 40 2速 踏み込んで 40ー36...

続きを読む
超高速FD3S吸気温度センサーES品(FC3Sも)

超高速FD3S吸気温度センサーES品(FC3Sも)

既に応募が始まってる超高速吸気温度センサーES品の応募ですが性能は確保されています もちろん、このセンサーは今どきのエコカーにも使われる最速、最新型 国産ベースです。 そして忘れてはならないのが吸気菅内部を通過する空気の温度を測るセンサーのケースです。試作モデルはちょっとまだ重たかったのですが・・・ これが製品版の外観です、試作モデルから更に軽量化と温度変化に俊足に対応すべくセンサーチップの小型軽量化も行いました。質量や重さは温度変化に比例するからです...

続きを読む
なんと、そろそろ発売の予感

なんと、そろそろ発売の予感

ハイスピード過ぎる、吸気温度センサーのES品のご案内の準備中です。 エンジニアサンプル(評価版)を12月3日には発送できそうですがES品です買う人は整備に自信のある方でフィードバックを頂ける方のみ。。その分安く放出します。...

続きを読む
DTS レビュー

DTS レビュー

昨日お伺いさせていただきました愛媛の@@です。 昨日はお忙しい中ありがとうございました☆DTS取り付け後、帰りの道中での愛車の激変ぶりに驚きました! 中村社長のおっしゃられた通り、今まで通りのアクセル開閉だと グングン車速が伸び、大げさではなく別の車に乗っているような 感覚になりました! なんと言うか、発進時のクラッチミート&アクセルワークが楽になったり 低速のトルク感が増したような感じで、明らかに今までの踏みしろより少なく...

続きを読む
とにかく、サイクロンアースは買うべし!

とにかく、サイクロンアースは買うべし!

サイクロンアースじゃないとまずいんじゃないか? というほど、リンク先の測定DATAが物語っていますね  サイクロンサイクロンの、サージアースって30Aも流れてるのを知っていましたか? エンジンの回転の低いアイドリングでですから、これが4000回転とか雨が降ってエアコン入れて更にワイパーが動き始めたら、、そりゃ夜間の60A~70Aぐらいまでは軽く増えるでしょう このケーブルだから70Aは許せるけれど、33年前の純正のケーブルじゃまずいでしょ?ライトが暗くなってくるのも理解できるよね。...

続きを読む
サイクロンアース 

サイクロンアース 

10万㎞を超えて走っていると、アースケーブルは必ず劣化します 左の劣化がひどいです そこで、今までとは違うスタンスで実際の電流がどう変化するか実測してみました サイクロンアースは今まで3か所を重点に取りまわしていましたが、それだけでは足りないかもしれません。 そこで、どこがどれだけ足りていないのかを確実に根拠を集める為に各場所、それぞれのアースポイントと、電流値、電気負荷を測り表を作りました。 FD3Sに限らず、FC3S,アテンザ、CX-5 MAZDA6に至るまでRECHARGEで測定できるすべての車両です...

続きを読む
新型吸気温度センサー ES品

新型吸気温度センサー ES品

エンジニアサンプル第一弾が上がってきました。センサー部は信頼性が高い自動車部品用、国産です。 もちろん、このセンサーは今どきのエコカーにも使われる最速、最新型 です。 そして忘れてはならないのが吸気菅内部を通過する空気の温度を測るセンサーのケースです。温度を拾うピックアップ部の長さ(吸気菅内部においての測定位置が変わる)や形状がが大事です。 この奥にセンサーがあります...

続きを読む
なんと、そろそろ発売の予感

吸気温度センサー(高レスポンス)

吸気温度センサーは、反応速度が早ければ早い方がいいのです。 しかしアナログモデルでは反応速度が遅く純正の吸気温度センサーに至っては20sec という実験値を出すほど遅く、せっかくのDTSでデジタル化しレスポンスを上げてもここがボトルネックになります。 RECHARGE株式会社ではデジタルスロットルセンサー(DTS)の開発を行っている時から吸気温度センサーにデジタル化出来ないかという手法を探っていました。...

続きを読む
油圧計と吸気温度計取り付け

油圧計と吸気温度計取り付け

油温を見るときに取り付けるためには、オイルエレメントの下に、サンドイッチブロックを使う人は多いです。私はこれがどうも苦手で、にじみのリスクが伴います。 オイルフィルターの下についているオイルホースのバンジョーボルトに直接穴をあけて取り付けします。 こうすると、オイルエレメントの交換の邪魔にもならず、エレメントの上のサーモによるファーストアイドルで回転を上げ下げするボルトにもあたりません、穴をあけてオイルの油圧センサーのネジ山を切って取り付けします 吸気温度計は、インタークーラーに取り付けしました...

続きを読む
FD3S DTS 取り付け

FD3S DTS 取り付け

デジスロの感想としては、アクセルに対する反応がリニアに敏感になった感じです。低速でのもっさり感がかなり無くなった感じです。帰りは豪雨+渋滞に巻き込まれましたが1.2.3速を使っても非常に楽に運転ができました。いつものエンストの兆候すらなかったです(笑)。 中村さん、店長さん、スギちゃん、受付のおねえさん今日は本当にありがとうございました。...

続きを読む

アーカイブ

カテゴリー