温度補正MAP

フェルセーフ、吸気温度センサーの場合

フェルセーフ、吸気温度センサーの場合

16bit車両はソレノイドがユニット一体構造なので温度がキツイ  前期はコントロールソレノイドが単体でエンジンの上に並んでいますが  後期はケースの中にソレノイドが入っており、風の抜け、熱気の抜けが悪く、熱のたまり場になり  みなさんがよく知るところの、ダイアグコードが出やすいコトが広く知られています その、熱が抜けにくい形状の為  センサーやコイルが前期に比べ痛みやすい  4型以降で特に多いのが、コイルの近くにある ”吸気温度センサー” 断線    この記述に書いてあることに対して質問が来た...

温度補正が実際に行われている例

温度補正が実際に行われている例

FD3SのCPUは前期後期にかかわらず エンジンの使用温度等にエンジンを適正にコントロールします  ここに、温度補正のMAPの詳しい説明があります で、早速この前から使用しているエミュレターでアクセスさせて見ましょう で、いじわるをして・・・吸気温度センサーのカプラを抜いてみました おや、こんな位置に読み込む補正値がずれましたね。 数字が大きいと、増量します。下げれば下げるほど増量するのは、冷えると燃焼温度差のストロークが増えるので内燃機としてのパワーが上がる為に増量するのです。...

ガソリン温度と制御

ガソリン温度と制御

FD3Sから燃料の温度によっても燃料の増減をするようになっている マップも存在して自由自在だ。これは燃料温度センサーがついてる為だ。  燃料の温度によって馬力が変わることは古く(日産L型)時代から知られている  なぜ?L型といわれれば答えは簡単、ターンフローのL型はタコアシの真上が   キャブなのだ。キャブになるとタコアシの温度でガソリンが沸く   沸いてしまうと。。。。エマルジョンを通って空気と混ざる比率が変わるのだ  同じくREもタコアシの上にダウンドラフトキャブがつく。...

More Post

かようびから現場は

エンジン交換に入りました。 なぜか、3羽ガラスのように。。。 一台の仕事を3人で。 だから、、、2日目にはもう乗っていて その場にあるはずのおろしたエンジンも片づけられている...

お便りインプレ

6/23 YouTube開始まで

日(s)

:

時間(s)

:

分)

:

(S)

最近のコメント

カテゴリー(スクロール可)

EcoCPU

FD3S不調 新たなる要因

FD3Sのアイドル不調において最近起こり始めた新たな現象を解決できたのでここに記載しておく。...

予約カレンダー

FD3S FC3S

FD3S不調 新たなる要因

FD3Sのアイドル不調において最近起こり始めた新たな現象を解決できたのでここに記載しておく。  FD3Sアイドリング不調は前期や後期に限らずスロットルセンサー不調やダイアグコードで拾うことが多いが56番を発することでレモンバルブやACV等の交換を行う事で改善できた。...

インタークーラーを交換したら

馬力が上がりませんでした..  内容は長編で、十分見ごたえのある内容です。  業界を震撼させる内容です。  また、RECHARGEの超高速吸気温度センサーしか、選択肢が無いと言える内容です  センサー開発にはロボット工学や電子工学で有名な〇田製作所の機材で十分テストして作りこまれており、最速の測定時間を誇るエレメントを使用しています。...

実際の吸気温度

データーを見返すと、 `とても興味深いデーターも取れた。(この画面では3つも打ったからややこしくなりすぎるので表示してないけどね) サージタンクの中で起こる乱流は時速数百キロを超える高温、高圧なのだ。  見たいでしょー  そこで、今後、それらデーターのログも表示させることにしよう。  もちろん、純正吸気温度センサーとの比較も行ってゆこう。 ただ、ここで一つ言い訳して謝っておくべきことがある。...

ARCインタークーラー

カーボンインテークで馬力が上がるのか?シャーシダイナモで検証してみました。一番難しいポイントはパーツ変更によるブーストの変化です . 予告編ですが、シャシダイナモでの注意点もあります。3分ほどですので気軽に見てください。  本編を見逃さないように、チャンネル登録と   高い評価よろしくお願いいしまーーーす。   、動画を作るモチベーション維持の為に   、よろしくお願いします。 。応援してねー...

ARC インタークーラー

取り付け動画です 吸気温度の低下は馬力の向上だけではなく、エンジンやタービンの寿命にも影響します。言い換えればそんなにアクセル開けて走らない人でも、交換する理由になります。...

FD3S不調 新たなる要因

FD3Sのアイドル不調において最近起こり始めた新たな現象を解決できたのでここに記載しておく。...